2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
お知らせ
されど・・・ホームページFacebookされど•••お気に入りショップ一覧

営業時間

Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)
定休日

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜

12月のお休み

2(日)・3(月)・10(月)・16(日)・17(月)・24(月)・25(火)・年末年始休業は29(土)~1/4(木)です。

12月の予定

12月6日(木)・20(木)Pm1:00~2:30
”翻訳家 乾真由美の"日常英会話”

定員5名程度 参加自由参加費¥1000+ドリンク代

12月8日(土) Pm1:30~Pm4:00
“第3回ギターの時間発表会”

定員20名程度 参加要予約ワンドリンク 制

12月13日(木) Pm1:00~4:00 
“今さら聞けないスマホ・パソコン教室”
定員5名程度 参加自由 飲み物付き¥1000- 

12月14日(金) 
“古文書に親しむ”
定員5名程度 参加自由 ワンドリンク 制

★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
*お気に入りのお店
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

以前の記事
2019年 12月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2018年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

神戸からの便り


a0111166_20481170.jpg

月に一度、“ブックトーク”に来てくださる神戸にお務めのFさんが、今月は日曜日に寄ってくださいました。

神戸の便りを持って!


a0111166_21531348.jpg

これは、11/3〜/12の
神戸文化祭に上村亮太さんの展示で参加される、トンカさんのフライヤーです。

a0111166_10332471.jpg

パン好きの私にと、
パン特集の“Free Magazine fd”も
持ってきて下さいました。

a0111166_20493589.jpg

阪神間の知らないパン屋さんがいっぱい!
しっかりチェックしなければ👍

新鮮な神戸の香りを、ありがとうございます040.gif





by bookcafe-saredo | 2018-10-30 22:25 | こんなことがありました

映画人の岡本さんの幕引き


a0111166_06294311.jpg

“余命-ある映画人の生と死 (1)神戸新聞2018/10/03より



昨日の神戸新聞で元映画センター社長の岡本健一郎さんの訃報をみました。


a0111166_06302737.jpg

かつて仕事で、毎年夏休みの終戦記念日に、小中学生むけの、映画会を開くのが恒例でした。

反戦テーマの地味な企画に、相応しい作品が無く、担当者としていつも首をひねっていました。

毎年毎年、“火垂るの墓”や“はだしのゲン”、“対馬丸”といった定番アニメに新作を組み合わせる、2本上映というベタな企画をしていました。

そんな中、岡本さんが
「今年はこんな映画ができたんですよ」
と、嬉しそうな顔で来られ、熱い映画のお話を聞かせていただくのが楽しみでした。


a0111166_10444894.jpg



加古川でされど•••を開いていた時、映画を語れる場所になれたらいいなと思い、お電話したことがありました。
岡本さん、お忙しい中快く来ていただき、この時も色んな映画の話を聞かせて下さいました。

実は岡本さん、こんなに沢山の著名な映画人の方と繋がっておられたんですね。
いつも飄々と、無知な私にもさり気なく映画の良さを語って下さいましたが、、、


「生きていることは素晴らしい。全てに勝る」

最期に皆んなとお別れを告げ、立派に旅立たれた岡本さんの言葉です。

確かに岡本さんの心は繋がっていますよ!
素晴らしい映画人生に感動!
ありがとうございました。

それにしても、少し早過ぎますよね💧
合掌







by bookcafe-saredo | 2018-10-29 10:39 | こんなことがありました

本好きのための関西本屋案内


a0111166_07311145.jpg

本好きのための関西本屋案内 SAVVY 12
大阪神戸京都の今行きたい本屋 70
京阪神エルマガジン社

a0111166_10561807.jpg

元 恵文社一乗寺店店長の堀部さんが、満を
持して独立開業された誠光社さん、今や押しも押されもしない京都を代表する書店になりましたね💕

a0111166_11014694.jpg

元町の書庫バーさんの前の事務所が
アート関係うぃ扱うブックカフェになってるんですね✨✨
知らなかったです。

a0111166_11330495.jpg

誠光社の堀部さん、神出鬼没!
最近はすっかりライターさんですね(笑)


a0111166_11341656.jpg

わが街加古川TUTAYAのイケメン君も丁寧に載せて下さっていました。
こんなかっこいい人、いたかな??


a0111166_11350238.jpg

1003さんもきっちり取材されてます。

a0111166_11354633.jpg

勿論、わられが“トンカ書店”も、、、

a0111166_11363198.jpg

珍しく?六甲の“口笛文庫”さんも大きく乗っていました。ちょっと、繁華街から離れていますが、知る人ぞ知る有名店なんですもんね。

a0111166_11371903.jpg

元町浜側の小さな紙屋さんも、取り上げられてて、嬉しいです💕

a0111166_11380146.jpg

本と乙仲あたり、一軒一軒巡ってたらきりが無いのですが、いいお店がいっぱいです。

a0111166_11385847.jpg
万年筆やボールペンもこだわりたいですよね。

a0111166_11393601.jpg

こんな万年筆でしたためられた文書を見ると、ときめきますねぇ💕


a0111166_11403810.jpg

極めつけは、
“すずめや”さんの和綴じです✨
常々若い人に、和綴じのよさを知ってもらえるといいな、、、と思っている私にとっては最高!!
和綴じ、地道に広まって欲しいです。

a0111166_11411010.jpg

おばさんには使いこなせない、付箋のレクチャーも、、、。
お勉強になりました💦


大好きがぎゅっと詰め込まれたSAVVY 12月号、
何処のページを開いてもステキ!!

されど•••の大切なお宝本になりました💖





by bookcafe-saredo | 2018-10-28 07:13 | 本の紹介

明日は“ギターの時間...


明日は第4土曜日!
“ギターの時間”の日です。

a0111166_18010453.jpg

10月27日(土) Pm2:00~Pm4:00
 “ギターの時間”   
  定員5~6名 参加自由    
  ワンドリンク制


よろしかったらどうぞ✌

a0111166_07310435.jpg
ヤマボウシに赤い実が!
















by bookcafe-saredo | 2018-10-26 06:31 | お知らせ

“小沼丹生誕百年祭”縮刷版


完成!!

a0111166_07350873.jpg


九濃文庫さんの“小沼丹生誕百年祭”でいただいた、貴重な冊子を製本してみました✨


先日のブックバインディング教室で作った本の、縮刷版です。

a0111166_07540751.jpg


私用は小さくしてみました。

オリジナルは教室でできあがったものの、自分のはいつ出来るのか、自身がなかったですが、、、


a0111166_07502533.jpg

お試しで参加した彼女の、嬉しそうな笑顔が私にパワーをくれました。

一気に仕上げましたよ✌


a0111166_07441873.jpg

ハードカバーを準備し、

a0111166_07520913.jpg


本誌をのせます。
オリジナルと同じ工程です。


a0111166_07590015.jpg


ガチャで留めた冊子よりは随分マシです。
大雑把な仕上がりですが、完成して嬉しいです💕

難しいことは抜き!
これからも身近な製本目指して、頑張りたいと思います✌








by bookcafe-saredo | 2018-10-25 07:28 | 本の紹介

ブックバインディングと元町


a0111166_07451852.jpg


本日のブックバインディングは、お試しの友人を伴っての参加でした。

何をどう間違えたのか、予定していた電車に乗れず、待ち合わせ時刻に遅刻。
先に一人で行っていただくという失態💦

ネットできちんと検索して、6分前には駅に着いていたのに、、、摩訶不思議?!
それでも何とか、10分前に教室に到着。

ヤレヤレです。
老化現象?勘違い?
少々落ち込んでしまいました。


気を取り直して、
知人の冊子のハードカバー化に仕上げました!

a0111166_07563055.jpg

出来ましたよ✌
ガッチャンと閉じただけの冊子が、
こんな風に仕上がりました✨

a0111166_06572519.jpg

和綴じをして、裏紙を付け、布を貼った表紙をつけました。

さあて、Yさんは喜んでくれるでしょうか♫



a0111166_06583050.jpg

そしてこちらが、先輩諸氏の力作たち。

背守り貼、私なんか背守り一枚刺すだけでも大変なのに、事も無げに3冊も仕上げておられました。
ビックリ😄

泥大島の、ぷっくりした表紙の御朱印帳も素敵です💕

a0111166_07431364.jpg

秘密の日記帳のようなを作っている方も、、、
もう素敵すぎです!!


a0111166_08072367.jpg

帰りは、共通の友人ハニカムブックさんに寄りました。

a0111166_08083075.jpg

“ブッカートカフェ”でお茶して、ちょっとゆっくりしました。

勿論、イスズベーカリーのパンも忘れず買ってきましたよ✌

月の1度に贅沢だけど〜♪

ちょっと疲れました💦








by bookcafe-saredo | 2018-10-23 11:54 | 行ってきました

CDプレーヤー、入りました♪



a0111166_20504937.jpg

最近、されど••• のBGMが最悪でした!

ガードプレイヤーが壊れ、iPodがイカレ、
2台あるラジカセも全てCDだけ壊れていたので、ブルーレイで流していました。

そんな時、救世主あらわる!!
東播ジャズ倶楽部のしろくまさんです。

急きょ、11/3のジャズリオバトルに備え、
CDプレーヤーを買うことに。。。


a0111166_17402721.jpg

そして、本日設置です。

しろくまさん、
薀蓄もなかなかですが、
腕の方も確かです😄👍 感謝!
頼りにさせていただいています。

a0111166_17402699.jpg

今日は、ラックを用意できてなかったので、とりあえず、仮置きです。


a0111166_17595323.jpg

狭いですが、思い切ってスピーカーを横に並べて置きました。

断然、音のバランスが良くなりました💕
今さらですが、
JAZZの聴ける環境が整い、嬉しいです✌
あくまで それなりに、、、ですが(笑)


a0111166_17402761.jpg

緊急時、パソコンでも聴けるように、レクチャーしていただきました。

これでなんとか、ジャズリオバトルに向けて準備OKです。


a0111166_17420905.jpg

11 月3日(土) Pm1:00〜Pm3:00
於:されど•••
ジャズリオバトル

よろしかったらどうぞ040.gif040.gif






by bookcafe-saredo | 2018-10-22 20:52 | こんなことがありました

日・月・火、3連休です。


明日は第3日曜でお休み、
火曜日はブックバインディングでお休みです。
なので来週は
11/21(日)・22(月)・23(火)と3連休になります。

a0111166_00024244.jpg

大変ご迷惑をおかけしますが
何とぞよろしく、お願い致します040.gif040.gif






by bookcafe-saredo | 2018-10-20 19:32 | お知らせ

明日は“ブックトーク”です。



明日は第3土曜日、
“ブックトーク”の日です。

10月20日(土) Pm1:00~2:30
 “ブックトーク"
  参加自由 ワンドリンク制
  お薦め本1冊持参 定員10名程度


a0111166_07480653.jpg
2018.10.18 ニュースKOBE発で
“ビブリオバトル”が紹介されていました。



読書の秋です!
本について
皆んなで、語りましょう😄



本好きさん、そうでない人も、
よろしかったらどうぞ✌













は“ブックトーク”の日です。
by bookcafe-saredo | 2018-10-19 07:40 | お知らせ

“夜想曲集”



a0111166_14010960.jpg


“夜想曲集”
音楽と夕暮れをめぐる五つの物語
カズオ・イシグロ
土屋政雄 訳
早川書房

a0111166_14014624.jpg

ベネチアの広場から、ロンドンのフラットへ。モンブランの丘陵から、ハリウッドの高級ホテル 秘密階ヘ。
切なくロマンチックな 調べを 奏でるイシグロの物語たちはめぐり続ける。
本書帯より


カズオ・イシグロはノーベル賞受賞後、ベタな入り方で読んできました。

日の名残り
遠い山なみの光
浮世の画家
私を離さないで
私たちが孤児だったころ

この本はカズオ・イシグロ 作品の7冊目です。

a0111166_14022876.jpg

今回の作品は5作の作品を集めた初の短編集です。

a0111166_14031092.jpg


彼特有の人生のたそがれ時が丁寧に描かれていて、失ったもの、取り戻せないものを強く意識してしまいます。


作品同士が上手くリンクしています。
終始もの憂い印象が漂う中、クスリと笑わせるユーモアやドタバタ劇的な要素もあります。


カズオ・イシグロの錬れた文章で一気に読ませる、統一感のとれた短編集になっていました。


当たり前ですが、日本人イシグロさんの顔を思い浮かべながら、海外の作家の翻訳本を読むという感じが、不思議な感覚でした。


さてあと一作、
長編の“忘れられた巨人”は読むことがあるのでしょうか?!





by bookcafe-saredo | 2018-10-19 07:08 | 本の紹介