2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
お知らせ
営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)

定休日

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜

7月のお休み

1(日)・2(月)・9(月)・
15(日)・16(月)・21(土)・23(月)・24(火)・30(月)


7月の予定

7月5日(木)・19(木)
Pm1:00~2:30
”翻訳家 乾真由美の"日常英会話”     
参加費¥1000+ドリンク代
定員5名程度

7月12日(木) 
Pm1:00~4:00 
“今さら聞けないスマホ・パソコン教室
定員5名程度 参加自由 飲み物付き¥1000- 

7月14日(土)
Pm1:00~2:30
“ブックトーク"
参加自由 ワンドリンク制
お薦め本1冊持参
定員10名まで

7月28日(土) 
Pm2:00~Pm4:00
“ギターの時間”   
定員5名程度 参加自由
ワンドリンク 制


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ

★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo



されど・・・ホームページへ
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
お気に入りのお店
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

以前の記事
2019年 07月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

“種の記憶”


a0111166_13562415.jpg


種の記憶
諸井学
ほおずき書籍

a0111166_13562988.jpg


この本は、縁あって作者の諸井さんからいただきました。

以前から姫路の“播火”にコツコツ書かれているのは知っていましたが、こんな立派な本を出されていたのは知りませんでした。

理工系の人の書かれる文章は、潜在的に堅く読みにくいと思い込んでいるので、ちょっと手が伸ばしづらかったです。

a0111166_14040078.jpg

文系の私には、目次についたこだわりのサブタイトルが、すでに難しそうでした。

自伝的進化回想録と帯に書かれているので、ほぼノンフィクションなのでしょう。

二編目ぐらいから、徐々に読みやすくなりました。
同世代、同郷なので、時代背景や情景が分かりやすく、苦手意識は何だったのか、一気に読んでしまいました。

a0111166_13563627.jpg

おばあちゃんに可愛がられ、初恋を覚え、親にきつく叱られた幼稚園時代。
昭和の香りのする、のどかで無邪気な海辺の少年時代。

下駄箱で手紙を交換するような、いじらしい青春時代。
彼女のことを自制して受験に打ち込む、一途な時代。
大学進学でしか、家を離れられなかったそんな時代。
何れもこれも、いとおしいです💕

社会人になってからの水族館のサンショウウオのくだりで、井伏鱒二を思い出し、
アフリカ赴任時代では、“沈まぬ太陽”が思い浮かびました。
いや、どっちかというと“情熱大陸”の方ですか(笑)

諸井さんが小説を書こうと思われたきっかけ、、、
なんとなくわかった気がします😃✌️

次回作が、楽しみです✨✨✨✨


a0111166_05215906.jpg

実は昨日、諸井さんに聞いたと言って、
カフェロッジ“パルチザン”さんが来てくださいました。
数年前に大病を患われた“パルチザン”さんの御主人、今もお元気に店に立たれているとお聞きし、嬉しかったです👊✨

創業35年ぐらいになられるでしょうか?!
おままごとのようなされど···にとって、老舗の“パルチザン”さんは、喫茶店の神さまです。
いっぱい聞き、いっぱいおしゃべりしました。
あい変わらず、精力的な“パルチザン”さんの奥さまにパワーをいただきました。


そこで、
書きかけにしていた諸井さん“種の起源”の紹介、四の五の言わずにアップすることにしました。
稚拙でお恥ずかしいですが、
兎に角、本を読んでみてください😉✌️


a0111166_20092247.jpg
後日、こんなカッコいい写真が届きました😆👍









📕

by bookcafe-saredo | 2018-01-31 05:23 | 本の紹介

“キミスイ”の図書館

先日、K君が“君の膵臓を食べたい”のDVDを持ってきてくれました。
a0111166_08095971.jpg

昨年末、5年生の孫が読んでいてびっくり😮☀️
5年生、こんな本をもう読むのん···?!

ところがどっこい、漫画版でした。

a0111166_08102561.jpg

そんなことを話してたら、K君がDVDを持ってきてくれました。
私も以前、“膵臓を食べたい”?!というタイトルが気になって読みました。

余命宣告された女子高校生と、そんな彼女に翻弄されながらよりそった、草食系男子同級生の美しい友情物語のライトノベル。
といった感じで片付けていたのですが、映画を見てびっくり。

小説では、仲良し君に
自分死んだあと、親友の恭子と付き合ってほしいと託し、めでたく二人は付き合うことになるのですが、
映画では
28才の母校の先生になった仲良し君の今から始まります。
中身はほぼ同じ?!
クライマックスに、桜良の死後が追加されていて、
一気に恭子の結婚式の場面にタイムスリップします。
桜良が亡くなって後、音信不通になったいた仲良し君と恭子の再会
です。
しかも、恭子の結婚相手は桜良の望んだ仲良し君ではなく、上地雄輔演じる二人のかつての同級生!
全く別物になっていました。

なるほどね?!
それで、ジュニアの恋愛小説に今をときめく小栗旬と北川景子をキャスティングしてあったんですね。
納得!

まんまとおばちゃんもハマりましたよ💦

というか、私がハマったのはロケ地の図書館です。
重厚でレトロで、いい感じの図書館でした。
さっそくググって見ると、
“ロケ地巡礼”なるサイトがきっちりありました。

a0111166_02562785.png

あの学校、素敵な筈です。
ウィリアムズ・メレル・ヴォーリズ氏の作品でした💕

a0111166_03335351.png

こんな素敵な小学校があったなんて、びっくりです😱☀️

a0111166_02555358.jpg

ロケ跡は残され見学でき、カフェまで完備されているらしいです!

a0111166_02551286.jpg

実はこの図書館、この映画の為に作られた仮想図書館だったんです。ショック😱
2万冊持ち込んだって書いてありますが、確かに書庫の中まで映ってて超リアル!すっかり実存する図書館だと思っていました。

a0111166_04080021.png
因みに、
“けいおん”というアニメのロケ地としても有名なんだそうです。

a0111166_03115658.jpg







📕

by bookcafe-saredo | 2018-01-30 23:16 | 本の紹介

保護猫カフェ“Marble”

今日は、
昨年秋、宝殿駅前にopenした
保護猫カフェ“Marble”さんに行ってきました。

a0111166_14394135.jpg

お客さまの間で結構盛り上がってるのに、行ってきた情報が聞かれないので、ならば私がと、内科へ行ったついでに行ってきました。

a0111166_14425664.jpg

ビルの2階にありました。
自転車はこの辺でOK👍
残念ながら駐車場は無しです。


a0111166_14442517.jpg

外部の看板もきっちり綺麗に描かれてれています✨✨

a0111166_21443575.jpg

中は、ストライプが印象的で、可愛いくスッキリした感じです。

a0111166_21465518.jpg

可愛い猫の雑貨が販売されていました。

a0111166_21493504.jpg

猫ちゃんたちは、ガラスの向こうのお部屋にいました。
メニューブックにも猫の刺繍が、、、💕

a0111166_21523549.jpg

大人の“お子さまランチ”を注文しました。

a0111166_21550529.jpg

どこかで見たような?旗が立っていましたが、
ここにもこだわって、
猫ちゃんのマステで作られていました。

a0111166_22174349.jpg

なあに😺って感じで、眠そうにこっちを向いてくれました。

a0111166_22192261.jpg

ちょうど小さな出口から一匹、現れました。

a0111166_22282630.jpg

カップにも、ほら猫ちゃんが!!
目にもお腹にも大満足の¥1000でした。

本日第1回目の“子供食堂”が開催されたようです。

a0111166_23383991.png

猫ちゃんの譲渡会や、里親探しもされています。
この辺にも、ちょっぴり文化の風が吹いてきたようで、嬉しいです😃💕
是非みんなで応援しましょう‼️

母体は JamHomeエステートという建築会社さんなんですって!!
お店のプロデュースもされているプロの仕事でした。
どおりで、
拘りのインテリアが素敵過ぎるのも、うなづけます😆❤️






📕

by bookcafe-saredo | 2018-01-29 23:01 | 行ってきました

明日は“ブックトーク”の日です。

本日、
寒い寒い日の“ギターの時間”
賑やかに終わりました。
皆さんとても熱心で、楽しいひとときになりました。

私も練習しなくっちゃ😆👍❤️

a0111166_04072698.jpg


明日は“ブックトーク”です。
1月28日(日) Pm1:00~2:30
 “ブックトーク"
  参加自由 ワンドリンク制
  お薦め本1冊持参 定員10名程度

最近読みっぱなしになってる本、気になってる本がいっぱいあります。

寒い中、来ていただくの申し訳ないのですが、、、
よろしかったらどうぞ!
お待ちしています😆👍



PS.
本日、せっかくいらしてくださったMさん。
ごめんなさい🙏💦
なにぶん狭い店内、今日は無理でした。
お孫さんと美人のママさん、お話 したかったです。
又いつか、、、お待ちしてます💕





📕

by bookcafe-saredo | 2018-01-27 23:02 | お知らせ

明日は“ギターの時間”です♪

明日は第4土曜日、今年初めての
“ギターの時間”です。

1月27日(土) Pm2:00~4:30
  “ギターの時間”
   定員4~5名 参加自由 ワンドリンク 制

a0111166_20425085.jpg

よろしかったらどうぞ😃✌️





📕

by bookcafe-saredo | 2018-01-26 11:41 | お知らせ

家仕事のこと

小雪が舞う寒い今日は、
Iさんと 家事について 話しました。


a0111166_01293382.jpg


Iさんいわく、
買い物から帰り、野菜を冷蔵庫に入れるのではなく、洗って切って茹でて、冷蔵庫に片づける。
そんな下ごしらえをしていおくと、超便利だと言われます。

そのひと手間が気持ちに余裕をもたらせ、家事をスムーズに捗らせます。
すると不思議、家事が 楽しくなります💕

家事ってちっちゃと片づけてしまうと、気持ちが良いものです。

こんな本をおすすめしました。

a0111166_01293474.jpg

私が最近ハマっている“リンネル”
心地いい暮らしを作る家仕事です。

眺めているだけで、わくわくします。
あたかも、自分がスーパー主婦になったかのような錯覚に陥り、家を片づけたくなります。

私も今朝、スープを煮込んでいる間に、
ほうれん草を茹で、包丁を研ぎました。

よく切れる包丁は、作業効率も良いです✨
a0111166_01294112.jpg
洗い物終わりに、チャチャと研いでおくと気持ちいいですよ♥️






📕



by bookcafe-saredo | 2018-01-25 23:50 | 本の紹介

BookBinding

a0111166_07212376.jpg
今回のBookBindingは
和綴じの“架け橋綴じ”でした。

a0111166_07213240.jpg

確かに橋脚にかかる山は“架け橋”のようです。

a0111166_07213854.jpg
“和綴じ”の世界、まだまだ続きます💕



この日の神戸行きはハーバーランドです。

a0111166_07220265.jpg

目指した“フェリーチェ”はこの日もclose。
そこでお隣の
大好きな長澤文具店をチェックしました。

神戸ブルーのインクや神戸タータンのステーショナリーが、オサレに並んでいました。

a0111166_07220437.jpg

何気ないタータンチェックですが、どことなく神戸らしさが、漂っていますね♥️

あっという間に時が過ぎ、気づけば元町まで行く時間もパワーもなくなっていました。
仕方なくパンの買い出しを諦め、umieでお茶して帰ってきました。

a0111166_07214592.jpg
Morozoffのワッフルバーガーセットです。

お決まりのプリンを買って帰ろうと財布の中を見てビックリ😵💦
お金が足りません!!
あわてて、ATMを探しました。

こんな時用の、名刺入れの諭吉さんもなぜか出払っていて、残念!
どういう訳か、いつものカードもなく焦りました。

仕方なく違うカードで出金をし、事なきを得ました。
やれやれ💦
a0111166_07215202.jpg
あの時点で残金1000円ちょい。
JRの切符を買えば、タクシー代がビミョーだったんです。

ところが、何ということでしょう?!
電車を降りたら、幻のかこバスが待っているではありませんか✨✨✨✨
狙ってもなかなか乗れない、1時間に1本 あるかないかのバスです。

チョーラッキーでした。
おかげで乗車時間5分、料金100円であっという間に帰着しました。

という訳で、
おろしたお金は使わずに済みました。
なんてこった😃💦
ちゃん ちゃん✌️





📕

by bookcafe-saredo | 2018-01-24 22:24 | 行ってきました

今日もお休みです。

3連休最終日、火曜の今日は
ブックバインディングで神戸行きです。

第1・第3日曜を定休日にしていて、
月に2回連休があるのですが、
これがなかなか、ゆっくり休めません。

ところが、たまに3連休になる時があります。
すると、全然違います😆👍

日曜日は天候に恵まれ 掃除、洗濯、布団干しの家事ができたし、
地域行事にも参加し、井戸端会議も出来ました✨✨✨

昨日は気になっていた手仕事も、本も一冊、片付きました。

a0111166_08012081.jpg

なんだか、気分がいいです。

a0111166_07464694.jpg



今日は月に一度のブックバインディング!
あちこちで大雪の便り。
もう、いい加減 止んで欲しいですね。
大変ですが滑りやすいので、お気をつけ下さい💧

この辺りは雪も降っていないし、
行ってきま~す。
楽しみ💕






📖


by bookcafe-saredo | 2018-01-23 07:11 | こんなことがありました

日・月・火、3連休です!

早いもので、
新しい年を迎えてもう21日です。
昨日は暦の上で大寒でした。
今週は本日、1月21日(日)~23日(火)まで、三連休になります。
申しわけありません。
あしからずお気をつけ下さい。

うっかりしていました。
せっかくの三連休なのにノー スケジュールです。
とはいえ、
本日は地域の会議、
火曜日は、ブックバインディング
と、それなりの予定は入っていて、
泣かんと遊べそうです♥️

a0111166_07462416.jpg
もうすぐ咲きそうです🌸


では24日水曜日に、
まったりお待ちしています😉 ✌️






📖


by bookcafe-saredo | 2018-01-21 07:26 | お知らせ

“邂逅”



a0111166_16463626.jpg


邂逅 -珠玉の往復書簡
多田富雄・鶴見和子
藤原書店


a0111166_16472114.jpg

子供の頃、三重苦のヘレン・ケラーを初めて知った時以来の衝撃でした。
凄いです✨

(帯より)
脳出血に倒れ、左片麻痺の進退で驚異の
改正を遂げた社会学者・鶴見和子と、
半身の自由と声を失いながら、
脳梗塞からの生還を果たした、
免疫学者・多田富雄
病前、一度も相見えることのなかった
二人の巨人が、今、病を共にしつつ、
新たな思想の地平へと踏み出す
奇跡的な知的交歓の記録

a0111166_16581160.jpg

(帯より)
私は、倒れてのちの自分の変化を「回生」
という言葉で表現しております。自分が
後へ戻れない、「回復」しない、一生
重度障害者として生きるのだという
ことがはっきり分かりますと、そこで、
あとへ戻れないならば前へ進むよりしよう
がない、つまり新しい人生を拓くと
覚悟を決めました。 鶴見和子

今、私は自分の中に、何か新しい生き物
が生まれているような気がしています。重
度の障害者になった私に希望を与えてい
るのは、獣のように蠢く新しい人間のよう
です。それがはじめのお手紙で問題になっ
た私流の「回生」ないし「転生」の正体です。
多田富雄

a0111166_16483651.jpg

苦悩を与えられた人の、心の底から沸きだした魂の叫びです。
なんて気高く、強いお二人でしょう。

どんな立派な医学書より、当事者ご本人のお言葉が分かりやすく、胸に刺さりました。


本文より
もう死んだと思っていたのに、私は生きていた。それも声を失ない、右半身不随になって。
カフカの「変身」という小説は、一夜のうちに虫になってしまった男の話ですが、私もそんなふうでした。とうてい現実のものとは思えませんでした。



MRIの検査の様子がこのように書いてあります。

本文より
耳のそばで、ポカンポカン、ポヤポヤポヤ、と音がし始め、それがジーコジーコ、ガーガーガー、ビビビビビ·····というような音に変わります。 頭蓋骨の中を透視して、脳の断面図を作る検査です。なんだか非現実の空間に入ってしまった風な気がしました。
後略

なんてリアルな表現でしょう。
検査のようすはテレビ等で見て、大体の想像がつくものの、検索を受けている患者さん側からの体験を目にしたのは初めてでした。
分かりやすく、あたかも自分自身も装置の中をくぐり抜けたかのような気持ちになりました。

困難を生きる!!
お二人の難しい専門分野の話は理解できませんが、大病を患われたお二人の、強く崇高な精神のやり取りに、感動しました。

いつか、誰にでも起こりうる運命。
その日のために、勇気をいただきました。
元気な今を、丁寧に生きなければと 気づかせていただきました。

そして、そんなお二人を支えられたまわりの方のご苦労を思う時、私も覚悟を決めなければ、と身の引き締まる思いをしました👊✨





📖


by bookcafe-saredo | 2018-01-19 23:56 | 本の紹介