2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
お知らせ
営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)

定休日

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜

5月のお休み

6(日)・7(月)・14(月)・20(日)・21(月)・22(火)
・28(月)



5月の予定

毎週土曜日 Pm0:30
“されど⋅⋅⋅でお買い物” 
移動販売車 終了!

5月2日(土) 
Pm2:00~Pm4:00
“ギターの時間” GW.スぺシャル  
定員5名程度 参加自由 ワンドリンク 制

5月10日(木) 
Pm1:00~4:00 
“今さら聞けないスマホ・パソコン教室
定員5名程度 参加自由 飲み物付き¥1000- 

5月17日(木)・31日(木)Pm1:00~3:00・
”翻訳家 乾真由美の"日常英会話”     
参加費¥1000+ドリンク代
定員5名程度

5月19日(土)
Pm1:00~2:30
“ブックトーク"
参加自由 ワンドリンク制
お薦め本1冊持参 定員10名まで

5月26日(土) 
Pm2:00~Pm4:00
“ギターの時間”   
定員5名程度 参加自由 ワンドリンク 制


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ

★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo



されど・・・ホームページへ
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
お気に入りのショップ
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

以前の記事
2019年 05月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2017年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

スコーンお試し中!

定休日の昨日、トコトコちゃんが
スコーンの試作品を届けてくれました。

a0111166_13174406.jpg


思いつきでお願いした新メニューでしたが、
さっそくトライしてくれました。

・ざっくりぼろぼろ丸型スコーン
・お豆腐15%スコーン
・お豆腐30%スコーン
・天然酵母スコーン

a0111166_13175266.jpg

どれもお砂糖入りで、若干甘め。
トコトコちゃんが作るからには、バターなしの
“ からだに優しいスコーン”です。

原材料は、国産小麦、米油、キビ砂糖、天塩、牛乳豆乳
+天然酵母や豆腐


バターなしでもこんなに美味しいんだ053.gif

“スコーンセット”
さっそくメニューに加えないと003.gif

乞うご期待!





*






by bookcafe-saredo | 2017-01-31 06:21 | お知らせ

“こはる先生だいすき ”

a0111166_08132627.jpg
森 はな・作
梅田俊作・絵
ポプラ社
a0111166_08133347.jpg
加古川出身の児童作家、森はなさんの本です。

偶然見つけて、即買いしました。
はなさん、亡くなる2年前の作品です。


本書帯より

はとちゃんは、二年生になってもいちどもしゃべらない。こはる先生が、「 山下はとちゃん」とよんでも、いつもだんまりさん。やさしい、かなしそうな目で、先生をみつめるだけ。なにかわけがある。こはる先生はある日、はとちゃんの家をたづねた。とちゅう、花ニラをつんでいる女の子がいた。かわいい声でうたっている。

a0111166_06125913.jpg
その子は はとちゃんだった

a0111166_05174721.jpg
「先生 、はとのおとうちゃんな、はとが一年生になるときに、死んでしもうたんやで。」

a0111166_05175487.jpg
ときどきはとちゃんが、かなしそうなかおになるのをおもいだして、むねがぎゅーっとくるしくなった。

a0111166_05180071.jpg
はとは赤いかわのランドセルと、かわいいぞうりぶくろを、たのしみにまい日まっとった。

a0111166_05180678.jpg
「 はとちゃんが、せんせ、かいらしいっていうてくれた。」
「 おにんぎょうさんみたいか。」

「 おたやんみたい。」

a0111166_06154736.jpg
わたしは、おたふくの面をふたつ買うた。
紙のはりこのおたふくさんや。
「 はとちゃん、おたふくさんいうたらな、むかし、むかしの日本一のべっぴんさんなんやって。こはるせんせい、おたふくやもんな。」

はとちゃんは、にっこりわらってうなずいた。
「 ひとつは はとちゃんに。
ひとつは こはる先生に。」

span>
a0111166_05181259.jpg

それが、わたしのへやのふるい鏡台の上にかけてある、このおたふくの面や。

わたしは、いま七十八歳。
五十年、いや、六十年ちかくも、まい日ながめて生きる手本にして、いっしょにくらしてきた。


a0111166_09510216.jpg

ちなみに、他にも森はなさんの本、あります。









📓📕📚


by bookcafe-saredo | 2017-01-29 23:56 | 本の紹介

ギターの弦 張り替えました。


本日の“ギターの時間”は、
ギターの 弦の張り替えにトライしました。

a0111166_23284888.jpg


古い弦を外して、ボディを綺麗に磨きます。

a0111166_23285846.jpg

一番太い6弦から、順番に張ります。

誰もが簡単そうに張り替えるのに、
結構難しいです008.gif
a0111166_23290691.jpg
弦の“ 通し始め”が特に難しいです。
グルグル巻き直していて さっそく、
第3弦、グリーンを切ってしまいました。
3セット買っておいて良かったです003.gif

あとは回数を重ね、慣れるしかないんでしょうね002.gif
a0111166_23291273.jpg

ほとんど、手伝ってもらいましたが、
なんとか張り上がりました。

丁寧にご指導いただき、感謝です053.gif

ヒエ〜ッw
とにかく 大変でした!

こうして手をかけて自分のギターに愛着を持つようになるんですね♪。.:*・゜








by bookcafe-saredo | 2017-01-28 23:04 | イベント

“ あたまをつかった小さなおばあさん”

a0111166_14445175.jpg


ホープ・ニューウェル作
松岡亨子 訳
山脇百合子 画
福音館書店

a0111166_14445947.jpg

東京こども図書館の理事長さんで
児童文学者、翻訳家の松岡亨子さんが
訳された児童書です。

a0111166_22475878.jpg

“ つるとはな ”の記事より

“ あたまをつかった小さなおばあさん”
心楽しく、ご機嫌に、
自己肯定100パーセントで切り抜ける



“つるとはな ” で書評を読み、
大好きな“ マローンおばさん”や、
“ だってだってのおばあさん” の世界観を感じ、
更に “ ぐりとぐら”の 山脇百合子さんの絵に釘付けになり、ソッコー 買いました。

a0111166_05221779.jpg
可愛い目次です。


“小さなおばあさんのこと”より

むかしむかし、あるところに、ひとりの小さなおばあさんがいました。


小さなおばあさんは、たいへんびんぼうでした。

おばあさんは、いつも「 つかわないんなら、あたまなんてもってたって、なんのやくにたつね?」と、言っていました。

a0111166_07431515.jpg
がちょうを買って、はねぶとんをつくるなんて、わたしは、なんてかしこいんだろうねえ。

a0111166_00330504.jpg

ところで、おばあさんがあたまをつか
うつかいかたというのは、こうでした。


まず、ぬれたタオルで、あたまをしっかりしばります。そして、いすにすわり、ひとさしゆびをはなのよこにあてて目をつぶるのです。
おばあさんは、そのようにして、いっしょうけんめいあたまをつかいました。

a0111166_22480514.jpg

ある朝のこと、おばあさんがマッチばこをのぞいてみると、まっちが、たった一ぽんしかのこっていませんでした。

a0111166_22481213.jpg
まいにち、小さなおばあさんは、まどのうえきばちに、ちいさなあかいじょうろで水をやりました。

a0111166_22482066.jpg
そんなこんなお話がいっぱいです・・・


「 火のそばにすわって、わたしたちがみんなどんなにみちたりて、しあわせかってことをかんがえよう。それはきっとずいぶんたのしいことだろうよ。そして、これも、もとはといえば、みんな、わたしがあたまをつかったからこそ、できたことさね。」

a0111166_22482706.jpg








📚


by bookcafe-saredo | 2017-01-26 23:45 | 本の紹介

28日は“ギターの時間”です♪

第4土曜日の今週
1月28日(土) Pm2:00~4:00は
“ギターの時間 ”です060.gif


a0111166_06482609.jpg


ギターを弾けない人も、聞いてみたい人も
みんなWELCOME!

よろしかったら、どうぞ037.gif





📓📕📚


by bookcafe-saredo | 2017-01-25 23:05 | お知らせ

ブックバインディングと三宮

a0111166_05545416.jpg
チラチラ小雪が舞う第4火曜日、
ブックバインディングに行ってきました。

a0111166_05551629.jpg
越年の芳名帳です。
a0111166_05553916.jpg
“ 麻の葉綴じ”の復習と確認のつもりでしたが、
綴じる順番をすっかり忘れていました。


a0111166_10254741.jpg
中は こんな感じです。





a0111166_05554394.jpg

帰り道、今回のお楽しみは
最終日の“ さんちか古書大即売会”でした。

a0111166_05560207.jpg
マザームーン カフェで小腹を満たし、

a0111166_05562074.jpg
いざ、さんちかへ!!

a0111166_05564250.jpg
最終日はPm6時まででしたが、
a0111166_05570526.jpg
ギリギリセーフ037.gif

a0111166_06381305.jpg
トンカさんにも会えてよかったです053.gif





帰りの電車は、ラッシュアワーと雪の影響で、
遅れるし、大混雑やし、身動きできないし、荷物が重いし、で もう大変💢

反省!
優雅にお茶してないでもっと早く帰るべきでした008.gif

a0111166_09150883.jpg
ちなみに本日の収穫。
私が“髭のウィスキー ”を修復していたのを知っておられ、
「ウィスキーはお好き? 」
と 持ってきて下さった文庫本“美酒一代 ”と、
トンカさんで見つけた私のオススメ本たちです。








📓📕📚

by bookcafe-saredo | 2017-01-24 23:36 | 行ってきました

本日24日(火)はお休みです!

本日1月24日は第4火曜日で
ブックバインディングのため、
お休みさせていただきます040.gif



a0111166_08043802.jpg

東播jazz倶楽部からこんな案内が届いています。
チケット御入り用の方は是非お知らせ下さい。


今日も寒い一日になりそうですが、
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいませ003.gif







📓📕📚



by bookcafe-saredo | 2017-01-24 06:43 | お知らせ

“つるとはな ”

a0111166_07091099.jpg


人生の先輩に聞く
つるとはな
株式会社 つるとはな

a0111166_16483749.jpg

なんてったて、表紙の

私から年齢を
奪わないでください
働いてようやく
手に入れたのですから


の一文にやられ、ずっと気になっていました。

a0111166_16484600.jpg
見つけられますか?!

偶然見つけたCasa BRUTS の記事、
“1003 ” の写真の隅っこに“つるとはな ”が写っていました。
絶対“1003 ”で買おう!
と決めました。

前回行ったときは、お休みだったのですが、今回はちゃんと買うことができました。
“つるとはな”の取り次ぎをされていて、全4巻 バックナンバーも揃っていました。

雑誌と言えども
しっかり書き込まれた素晴らしい本です。


詩人 メイ・サートンの肖像   孤独こそわが領土
a0111166_16485344.jpg


詳しく特集されていました。

a0111166_19212428.jpg

『独り居の日記』1991年に初訳された彼女の『独り居の日記』(原題"Jounal of a Solitude")は、待ち望まれた一冊だった。


心をとらえたのは独り居と言うこと言葉。

中略

日本語の孤独の語感には寂しさが先立つが、独り居にはどこか清々しい意志が感じられる。


a0111166_16491249.jpg

自分のもろさに自覚的な彼女は、独り居の生活にきびしい規律を課してきた。さまよう魂を救うのは、秩序であり、「枠組み」であることをよっく知っていたのである。


a0111166_16491904.jpg



他にも、
a0111166_19322021.jpg


大好きな須賀敦子さんの肉筆の手紙も特集されています。

a0111166_16492673.jpg


美しいです。
須賀さんの人と なりが感じられ、素敵です053.gif






📓📕📚


 
by bookcafe-saredo | 2017-01-22 06:53 | 本の紹介

“ & Premium” カルチャーのあるカフェ。

雑誌は追っかければキリがないので、
極力 見ないようにしているのですが、
“ & Premium 10 ”やっぱり買っちゃいました。

a0111166_11392303.jpg


“ カルチャーのあるカフェ。” です!

ちょっと気になるものの、リアルタイムに買わなかったので、スルーしていました。

a0111166_07573936.jpg




ところがところが、
先日 “MY ROOM ”さんで、
大好きな“1988 CAFE SHOUZO ” さんの話をすると・・・、
「それってもしかして、この店ですか。」
と この “ & Premium” を見せて下さったんです。

a0111166_07574646.jpg


30年近く前
一件の古びたアパートの2階で始めたカフェSHOUZOが、
次々に好みのショップを展開され、
今ではあたり一帯がオサレにSHOUZO化しています。
a0111166_07575326.jpg

「加古川もそんな風になったらいいのに 」
と話したところ、
a0111166_07575936.jpg

MY ROOM さんも、同じビルの2階にバーと、お友達がヤマトヤシキの北側に洋服のヴィンテージショップを開いて頑張っておられるとか!
知らなかったです。

MY ROOMで
目指せ!おしゃれな街、加古川053.gif

されと・・・
去年の夏発行の雑誌を、今さら定価より高く買ってはマガリナリニモ
“ 古本屋の沽券にか関わる ”と拘わる私ですが、これはもう買うしかないです。

フムフム、なるほど・・・034.gif

a0111166_07580626.jpg


鎌倉、堀口さんの“カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ ” や
a0111166_07581322.jpg


奈良の“くるみの木 ” も載っていました。

a0111166_07582122.jpg


いつまでも そこにあり続けるって大切!
素敵ですよね053.gif

a0111166_15212150.jpg

おまけは
今どき “ 神戸のJazz Toun ” 記事も
載っていました。

知らない店もあったので、嬉しいです。
近いうちに要チェックです060.gif







📓


by bookcafe-saredo | 2017-01-21 14:28 | 本の紹介

“えんとつ町のプペル”

a0111166_06531669.jpg


『えんとつの町プペル』
にしのあきひろ 絵・文 ・監督
参加イラストレーター・クリエーター総勢33名!
株式会社 幻冬舎

a0111166_06532576.jpg


POUPELLE OF CHlMNEY TOWN

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても 」

a0111166_06533019.jpg


どうです?!
キングコングの西野くん、カッコイイですね!!
とにかく絵のクオリティが凄いです。
総勢33名で4年半かけて作られた絵本だそうです。


a0111166_21543465.jpg

4000メートルの崖に囲まれ、そとの世界を知らない町がありました。
町はえんとつだらけ。

a0111166_21544219.jpg


いろんなバケモノたちがゴミ人間のところにあつまってきました。

a0111166_21545030.jpg

「 ハロウィン・プペル、キミはこんなところでなにしてるんだい?」
「 だれもあそんでくれないんだよ」

a0111166_21545708.jpg


「・・・・・・ごめん、プペル。ぼくも気づくのがおそかったよ。そうか、・・・・・・。
ハロウィンは死んだひとの魂がかえってくる日だったね 」

そして最後に、感動の結末が待っています。
a0111166_21550584.jpg

ブログー【世界初】キンコン西野の絵本「えんとつ町のプぺル」の爆発的人気とその軌跡ー
より


黒い煙に包まれた『えんとつ町』というのは、つまり『現代社会』で、夢を見て、夢を語る人間を執拗に叩きます。


ゴミ人間『ハロウィン・プぺル』というのは、
夢を見て、夢を語り、その夢を実現しようと行動して、花で笑われ、叩かれ、あげ足を取られている『あなた』。

そして、主人公達は言います。

「信じぬくんだ。たとえ一人になっても。」

『えんとつの町プぺル』は、『あなた』の物語。


『あなた』へ向けた応援歌です。



タモリさんが描くように進めたとか、
クラウドファンディングで資金を4637万円集めたりとか、
業界の常識を覆す完全分業制によるオールカラー絵本だったりとか、
色々話題に事欠きません。
更にびっくりです。
前代未聞「絵本を無料で公開します」ですって!










📓📕📚




by bookcafe-saredo | 2017-01-19 22:42 | 本の紹介