2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
お知らせ
営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)

定休日

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜

8月のお休み

5(日)・6(月)・13(月)・
14(火)・15(水)・16(木)・19(日)・20(月)・27(月)・28(火)


8月の予定

8月2日(木)・30(木)
Pm1:00~2:30
”翻訳家 乾真由美の"日常英会話”     
参加費¥1000+ドリンク代
定員5名程度

8月9日(木) 
Pm1:00~4:00 
“今さら聞けないスマホ・パソコン教室
定員5名程度 参加自由 飲み物付き¥1000- 

8月18日(土)
Pm1:00~2:30
“ブックトーク"
参加自由 ワンドリンク制
お薦め本1冊持参
定員10名まで

8月25日(土) 
Pm2:00~Pm4:00
“ギターの時間”   
定員5名程度 参加自由
ワンドリンク 制


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ

★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo



されど・・・ホームページへ
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
お気に入りのお店
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

以前の記事
2019年 08月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:本の紹介( 294 )

立派な全集いただきま...


お盆休みの昨日、
立派な全集を届けていただきました。

a0111166_07432992.jpg


集英社 現代世界美術全集 愛蔵普及版は、
大好きなルオーが、真っ先に目につきました。

a0111166_17235571.jpg

集英社 現代日本美術全集 愛蔵普及版には
佐伯祐三、安井曾太郎、梅原龍三郎もあります。

a0111166_17251951.jpg

全18巻です。

a0111166_17255810.jpg

圧巻は、
増補決定版 現代日本文学全集95巻。
編集発行 筑摩書房、総発売元 ほるぷ です。

a0111166_17264116.jpg

大概の作家が網羅されていますが、
古書あるあるの3段抜きの小さな活字です。
ちょっと年代を感じます。

a0111166_18054824.jpeg

ドキドキです✨✨✨
これまで、文学全集は全て処分してしまって淋しかったので、
とても嬉しいです。
いつどこでも、インターネットで本が読める時代ですが、
やっぱり紙の本はいいです💕

さあて、どこに並べましょうか?!










by bookcafe-saredo | 2018-08-15 07:21 | 本の紹介

君たちはどう生きるか

a0111166_18040565.jpg

君たちはどう生きるか
吉野源三郎 原作
羽賀翔一 漫画
マガジンハウス 出版


a0111166_21325485.jpg

自分の生き方を決定できるのは自分だけだ。
人間としてあるべき姿を求め続ける、コペル君とおじさん。永遠の名作が、80年の時を経て、ついに漫画化!

本書より
作者は、明治生まれの吉野源三郎。
児童文学作家で、雑誌「世界」の初代編集長。
さらに、岩波少年文庫の創設にも尽力。

と、ありますが、全然知りませんでした。
先日、本を持って来てくれた友人が、ベストセラーになっていて凄くブームになっていると、イタク薦めてくれたので、取り急ぎ読んでみました。


本文より
“僕たちは自分で決める力を持っている。
誤りを犯すこともある。
しかし、誤りから立ち直ることもできるのだ” 

気づいたときが、新たなるスタート!
“誤りから立ち直ることもできるのだ”

特にもう、この歳になると、しみじみと
しない後悔はしたくないです。

何度でも何度でも 
何度でも立ち上がり 叫ぶよ♪
なんて、歌もありましたね! (笑)


a0111166_06531243.jpg



だから、自分の人間としての値打ちに本当の自信を持っている人だったら、境遇が ちょっとやそっとどうなっも、ちゃんと落ち着いて生きていられるはずなんだ。

僕たちも、人間であるからには、たとえ貧しくとも そのために自分をつまらない人間と考えたりしないように、ーまた、たとえ豊かな暮らしをしたからといって、それで自分を 何か偉いもののように考えたり しないように、いつでも、自分の人間としての値打ちにしっかりと目をつけて生きてゆかなければいけない。

貧しいことに 引け目を感じるようなうちは、まだまだ人間として ダメなんだ。


人間としての値打ちね?!
まだまだですね💦


輝きは色あせない、今も読み継がれるべき永遠の名作
池上彰氏が心から感動し人生を決めた一冊

200万部のベストセラーですが、
果たして、今の子どもに、
いえいえ大人の心に響くのでしょうか?!







by bookcafe-saredo | 2018-08-11 22:12 | 本の紹介

こんな新刊書いただき...


朋あり遠方より来る

遠くから友達が訪ねて来てくれるのは嬉しいです。
特に本好きの友達が来てくれるのは格別です。

a0111166_21304447.jpg

姫路から、古い友が本を持って来てくれました。

されど•••には無い 新刊書ばかりです。

今や200万部も売れているという
“君たちはどう生きるか”を薦めてもらいましたが、
恥ずかしながら、ノーチェックでした。
そう言えばいつだったか、
新聞の紀伊國屋書店売上ランキングに
上がっていたような、、、?!


a0111166_21310386.jpg

柳澤桂子さんの “永遠のなかに生きる”や、
久々の五木寛之さんの新書や、池上彰さんの本、
さらに大人な文章を学ぶのに最適な本たち、
どれも気になります。

よろしかったらどうぞ🙇






by bookcafe-saredo | 2018-08-10 21:28 | 本の紹介

台風一過と本の整理


皆さま、
今回の東から戻ってやって来た台風、
大丈夫でしたか?!
お見舞い申し上げます。


この度も、この辺りはさほど被害もなく済んだようで、
やれやれです。


a0111166_10493655.jpg

さて台風の最中、されど···では、
先日いただいた550冊の本を家の中に持ち込み、
必死で整理していました。

a0111166_15280412.jpg

デッキの本箱の中、

a0111166_10530148.jpg
マガジンラックの下の棚、

a0111166_10545722.jpg

そして、室内です。

a0111166_10554528.jpg

まさしく我々世代の本たちです。

a0111166_10505451.jpg

昨日も友人とのメールの中で、実存主義や
マルクス・レーニンのことを語ったばかりです。

“意識高すぎ、高杉くん”
という、CMがありましたが、まさにその通り!

私には、なんの事だかちんぷんかんぷんです。
それでも、ニーチェだ、ランボーやハイネなんかも、
一応手にしましたっけ。
吉本隆明の本や丸谷才一の本もあります。

今また読んでいるのは、残念ながら吉本隆明ではなく、娘さんの吉本ばななさんの本です。

そういえば、彼女の“白河夜船”がありました。

a0111166_10570885.jpg

それにしても、
他人の蔵書を覗かせてもらうのって、ワクワクします💕
改めて、下さった方の造詣の深さに敬服します。

世間には隠れ読書家が、沢山いらっしゃるんですね。
本が好きだけで、こんなことを仕事にさせてもらっている自分が、恥ずかしいです😵💦


教育現場に関する本や、マスコミを賑わした犯人の本、

a0111166_10584282.jpg

お料理本や美術系の写真集、図鑑等など、色々あります。


ようやく、背表紙がざっくり読めるようになりました。

気になる本がありましたら、
どうぞゆっくりご覧下さい😃✌️













by bookcafe-saredo | 2018-07-29 10:21 | 本の紹介

砂漠でみつけた一冊の絵本



a0111166_08084364.jpg


砂漠でみつけた一冊の絵本
柳田邦男
岩波書店

a0111166_08091714.jpg



もともと絵本が大好きなされど•••、
常々、大人にこそ絵本が必要と思っています。


前回の“ギターの時間”で、思いがけなくYさんが
絵本講師の活動をされていたことをお聞きしました。

a0111166_07202606.jpg

すっかり絵本談義に花が咲き、そんなYさんから、
“絵本講師の本棚から”をいただきました。
彼女の一文も掲載されています。



a0111166_08102379.jpg


その本で紹介されていた
“砂漠でみつけた一冊の絵本”を読んでみました。


a0111166_08111281.jpg

若干24冊、続編を併せても27冊と紹介されている本の数は少な目ですが、どの本も充実していて良いです。

系統だって纏められていて分かりやすいです。


a0111166_08120794.jpg


1000の風 1000のチェロ・あらしのよるに


a0111166_08125440.jpg

10000回生きたねこ・きりのなかのはりねずみ
・よだかの星


a0111166_08133610.jpg

だいじょうぶだいじょうぶ・木を植えた男・おおきなかぶ


a0111166_08143377.jpg

あの森へ・文字のない絵本


a0111166_08153212.jpg

ずーっとずっとだいすきだよ 等など、
されど•••にある本も何冊かあります。


“砂漠でみつけた一冊の絵本”を指針に
シンプルに真っすぐ心にしみる絵本を、たくさん読んでいきたいと思います。







by bookcafe-saredo | 2018-07-26 07:57 | 本の紹介

こんな本もいかがです...


こんな本も入っています。

a0111166_16542632.jpg
ひょっとして、星座関係の本って、初めてかも、、、?
ちょっと嬉しいです。

絵本講師のYさんに教えてもらった“砂漠でみつけた一冊の絵本”や、鉄ちゃんにはちょっと気になる、能町みね子さんの“うっかり鉄道”なんかが入りました。


a0111166_16542621.jpg

暑い暑い今日この頃、
家でゴロゴロ読むのによさげ です。

よろしかったらどうぞ040.gif040.gif





by bookcafe-saredo | 2018-07-18 16:53 | 本の紹介

雑誌が入荷しました。



a0111166_07110491.jpg


女性誌いろいろと、
Casaの“アンディウォーホル”特集号が入りました。

嬉しくってワクワク!
あまりに暑かったので、家に籠もって一気に目を通しました。


被災者の皆さまには、申し訳ありません。
ボランティアの皆さまご苦労さまです。

a0111166_07303549.png

家にいても募金が出来ますよ⬆

たとえ“ハチドリのひとしずく”でも、、、、




a0111166_06271709.jpg

生活情報誌といえば、
いつも行く内科で“家庭画報”と“週刊朝日”“オレンジページ”、
あかりさんで“リンネル”“ku:nel”“大人のおしゃれ手帖”、
書店で BRUTUS・Pen”ダ・ヴィンチ”Lightning・リターンズ・天然生活
・つるとはな・an an 等をチェックしています。

なんせ、種類の多いこと!!
読みたいもの全部買うにはお高いですし、場所をとります。

基本的に軽い文庫本を1冊必ず持ち歩いていますが、
待ち時間にはそこにあるものを読み、
書店ではお気に入りの本をチェックします。

雑誌なら表紙を、新刊書なら帯を見て、手に取ります。
勿論、ポップも関心事で、書店に行く愉しみの大きな一つです。
いつも、こんな風にポップを書きたいなあ、、、と思っています。

“Casa BRUTUS”のアンディウォーホルの特集号、いいですよ。

よろしかったら、どうぞ✌







by bookcafe-saredo | 2018-07-17 06:14 | 本の紹介

色んな本が入っています。


自分で買ったのや戴いたのや、
色々なジャンルの本が入っています。

a0111166_23523834.jpg

“頭がいい人の文章の書き方”
“東播磨の歴史1・2”や
町田康さん・大仁の乱の本・
絵本講師をされてる知人が文章を寄せらている“絵本講師の本棚から”や
“ブランジェリータケウチ”のホームベーカリー用パンのレシピ、河合隼雄さん中公文庫や、“失権”等です。

a0111166_23524624.jpg

よろしかったら、どうぞ✌


取り急ぎ私は、
“頭のいい人の文章の書き方”を 読みたいと思っています。

但しこれって、
“頭のいい人”でないと読んではいけない本なんですか?💦💦





by bookcafe-saredo | 2018-06-25 23:43 | 本の紹介

“おもかげ”

a0111166_10322944.jpg

おもかげ
浅田次郎
毎日新聞出版

a0111166_10331772.jpg

“おもかげ”は、お貸しした本と一緒に、先輩が送って下さった
浅田次郎さんの新刊書です。
昨年暮れに、出たばかりです。

厚さからすると、377ページの長編です。
この日は何があっても読もうと、
テレビも消して3時間!
あっという間に浅田次郎ワールドにどっぷり、
気がつけば、余すところ100ページまで読んでいました。

若い頃は目が冴えて、終わりまで読んでしまってましたが、そこは残念!
今では睡魔に勝てず、翌日に持ち越してしまいました。

それでも最近では珍しく、延べ2日間で読了です。

主人公の年齢が一緒、
主人公の奥さんの名前が同じ“節子”です。
否が応でも気になりました。

主人公の竹脇正一は65歳。
自らの定年退職祝の送別会の帰り道、花束を抱えたまま、地下鉄の中で倒れます。
物語は救急車で運ばれた病院の、ICU集中治療室で繰り広げられます。

順風満帆、再雇用も含め立派に定年退職まで働きあげた商社のエリート重役の
暗くて深い過去が、徐々に明かされていきます。

現実と霊の客観的観点から65年の人生を振り返り、
これまで気づくことのなかった真実に目覚めます。

心に優しいファンタジーノベルです。

a0111166_10411836.jpg
第一章

旧友

たそがれとともに雪が落ちてきた。
降るでもなく、舞いもしない牡丹雪だった。
ロントガラスに当たって潰れ、たちまちワイパーにかき消されてしまうひとひらが、
はかない命に思えた。
(本文より)


何とも詩的で、物語の先を暗示させてくれる素敵な書き出しでしょう?!
上手いですね。
たちまち、浅田次郎さんの世界に惹き込まれました。

ナビゲーターはマダムネージュ、峰子さん。静。かっちゃん。
第一章 娘婿の出生
第二章 節子と入籍した時のこと
第三章 20年来の電車通勤仲間の児島さん 
第四章 隣のベッドのかっちゃん
第五章 正一さんの出生の秘密

一生懸命生きて、“できすぎ”の人生を歩んできた主人公。
意識不明の三日間で自分探しの旅から帰りついた主人公は
果たして目を覚ますことができるのでしょうか?! 

病院以外に出てくるのが地下鉄。丸ノ内線と銀座線です。
先日乗ってきたばかりなので、
フムフム、なるほど、、、さらに興味がわきます。
新宿三丁目?正に乗り降りに使ってきた駅です。

自宅は荻窪と書かかれていたので、新宿から中央線ですね!
もはや、空想が止まりません。
行く前に、読んで行けばよかったです。

こんな数奇な人生もあるかもしれません。
何せ、事実は小説より奇なり!
ですから。






by bookcafe-saredo | 2018-06-13 14:01 | 本の紹介

“続 青い太陽”

a0111166_16153550.jpg

佐伯千秋 作
藤田ミラノ 絵
集英社コバルトブックス

“続 青い太陽”をお借りしました。

前回行った東京で、国立競技場辺りを散策していて、
ふと この本を思い出しました。

読み返して、棚に並べておくと、同年代の女性にヒット。

「私も昔、読みました。」
と、懐かしそうに借りて帰られました。

すると、次に来られた時、続編をお持ちくださいました。
「あまり懐かしかったので、続きを買いました。」
と、置いて帰られました。

a0111166_07545209.jpg

私が買ったのは文庫本でしたが、私が読んでいたのは
そうそう、間違いなくこの藤田ミラノさんの表紙でした。

東京オリンピックを目指す、高校生男女のスポコン小説です。
ヒヤヒヤ、ドキドキ、青いときめきが懐かしいです💕
あまりに幼い、純粋なひたむきさが眩しいです。

あの頃は、代々木屋内プールや、国立競技場に興味津々でした。
今回は現地へ行ってみて、小説を思い出しました。

主人公は井の頭中学校から泉高校に進学していました。
そして舞台は、オリンピック強化合宿の渋谷のプールへ!
そして、来たるべき1970年の東京オリンピックに向けて、恋あり友情あり、挫折ありの爽やかなライトノベルです。

あれから50年も経ってしまったんですね。
感慨深いです。

a0111166_17123802.jpg

今回も新宿御苑から、
ちょっとだけ、国立競技場の工事現場を見てきました。
工事は大分進んでいました。
何しろ、東京オリンピックまで、あと2年ですもんね✌






by bookcafe-saredo | 2018-06-10 17:37 | 本の紹介