2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧

“白秋”

a0111166_07291234.jpg


白秋
伊集院 静
講談社文庫

読みました。


a0111166_07292150.jpg


今、神戸新聞の朝刊で連載されている
“東京クルージング” にはまっていて、
伊集院静さんがマイブームです。

先日いただいた本の中に伊集院さんの本を見つけ、
しかもその舞台が鎌倉とあれば、
もう、読む他ありません。


私の知っている鎌倉は、
中里恒子さんの“時雨の記”や
村松友視“鎌倉のおばさん”ではまり、
最近では“ビブリア古書堂の事件手帖”や
テレビドラマ“最後から二番目の恋”
ですっかり鎌倉好きになってしまいました。
鎌倉には京都と異なる
こじんまりとしたちょっと大人な風情を感じます。


そんな鎌倉の
風情と花と着物が丁寧に描かれ、
隅々まで気くばりの行き届いた文章に感動し、
映画を見ているようで、
あっという間に読んでしまいました。

a0111166_08150297.jpg


鶴岡八幡宮の寒椿が開花する二月の初旬、段葛の桜の蕾か顔を出し、一の鳥居から若宮大路に吹く風も、春のぬくもりを乗せて流れはじめた。

a0111166_08150959.jpg


久しぶりに日本の純文学に浸った気がします。
阿木曜子さんの期待通りの“あとがき”が 全てを物語っていました。

川端康成の愛した鎌倉・・・
もっと好きになりました053.gif









040.gif

by bookcafe-saredo | 2016-09-04 07:15 | 本の紹介