2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
お知らせ
されど・・・ホームページへ


営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)

定休日

毎週月曜 &
第1・3日曜、第4火曜

10月のお休み

1(月)・7(日)・8(月)
15(月)・21(日)・22(月)
・23(火)・29(月)


10月の予定

10月4日(木)・18(木)
Pm1:00~2:30
”翻訳家 乾真由美の"日常英会話”     
参加費¥1000+ドリンク代 定員5名程度

10月11日(木) 
Pm1:00~4:00 
“今さら聞けないスマホ・パソコン教室
定員5名程度 参加自由
飲み物付き¥1000- 

10月20日(土)
Pm1:00~2:30
“ブックトーク"
参加自由 ワンドリンク制
お薦め本1冊持参
定員10名まで

10月27日(土) 
Pm2:00~Pm4:00
“ギターの時間”   
定員5名程度 参加自由
ワンドリンク 制


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ

★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
*お気に入りのお店
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

以前の記事
2019年 10月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

今度は「ある小さなスズメの記録」です!

M氏本の紹介 その4

今回は早々と、引き続き梨木香歩さんの翻訳本のご紹介です!
a0111166_1851483.jpg

4.梨木香歩訳『ある小さなスズメの記録』(クレア・キップス著 文芸春秋 2010.10)

大津波と原子力発電所のトラブルで、TVや新聞を見るのが辛く憂鬱になっていますが、関わりある人びとに心からお見舞い申します。
そんな折、梨木香歩訳の元気付けてくれる本をご紹介します。

作者はイギリス人の普通の高齢夫人で、目も開いていない雛スズメを偶然に世話をするようになって、彼との12年余りの生活の記録である。この記録は、ザックリと言ってしまえば、そのまま童話に書き換えられるような物語である。

巻末の「原書解説」(ジュリアン・ハクスレー生物学者?)と、「訳者あとがき」を先に読んでおくと、読み進むワクワク感が倍増すること必定。
作者が彼(「ぼうや」と呼んでいたのが、後に近所の人たちから「クレランス」と命名される)の様子行動反応を克明に客観的に、時にはウィットに富んだ表現で書き記した文章が、しっかりしている。事実の記録が驚きと喜びの言葉でちりばめられているのが、素晴らしい。更に愛鳥家の梨木香歩が、この記録を愛惜しむが如くのいい訳文にしている。

本を手に取ると、近頃では珍しくケース入りである。また、ケース表面と見開きの絵が小憎らしい程可愛い。更に本体の表紙の装丁が深い藍色で、OXFORD BLUEを思い起こさせる。
副題名は「人を慰め、愛した、叱った、誇り高きクラレンスの生涯」、帯には「あの幻の名作が、よみがえる」 
震災で煤を被った心を洗い流しましょう。


電子書籍にはない、本好きにはたまらない一冊です053.gif
Mさん、素敵なこの本!
今回もされど・・・に置いて下さっています。

こんな時だからこそ、
ぜひ一度、手にとってご覧ください001.gif
by bookcafe-saredo | 2011-03-23 17:43 | 本の紹介