2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★蚊帳文庫 神戸
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 08月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2016年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

姫路文学館 リニューアルオープン!

a0111166_19302797.jpg

2016年7月30日(土)に
姫路文学館が リニューアルオープンしました!

a0111166_19303658.jpg

オープンセレモニーに誘っていただいたので、
急きょ午前中お休みにして、参加させていただいてきました。
オープニング展示は、“精霊の守り人”上橋菜穂子さんです。

a0111166_19304354.jpg

館長の藤原正彦さんも東京から来られていました。

a0111166_19304672.jpg

石見市長も勿論ごあいさつされ、文学館が文化の中心を担う拠点になり、
文化都市姫路を目ざしたいと力説されていました。

a0111166_19305374.jpg

館内には、ななんと加古川の老舗“水屋珈琲”さんが出店されていました。
明るくゆったりとした店内でこんなモーニングセットが¥480でいただけ大満足でした038.gif

a0111166_19310416.jpg

ここからのお城は絶景でした053.gif

開店後に、懐かしいペアが来られ嬉しかったのですが、
留守に来られた方がなかったか、ちょっと心配です。
ご迷惑をおかけしてましたら、あしからずお許しくださいませ。040.gif

a0111166_17572322.jpg


次回の展示は
女性誌“それいゆ” 編集長の
“中原淳一展” です。

ちょっと気になりますね053.gif





📕✨
by bookcafe-saredo | 2016-07-31 22:26 | 行ってきました

今週土曜日は午後からの営業です!

急なお知らせで申し訳ありません040.gif<BR><BR>今週、7月30日(土)は<BR>午後からの営業とさせていただきます!<BR><BR>
a0111166_23273513.jpg
<BR><BR>お気をつけください。<BR>よろしくお願い致します040.gif<BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR><BR>*
by bookcafe-saredo | 2016-07-28 23:26 | お知らせ

“ アンコムチュア”とブックバインディング

a0111166_06002589.jpg

第4火曜日の“ブックバインディングの休日”に
東二見の“アン コム チュア” さんに行ってきました。

a0111166_06003521.jpg

            “私の人生には美味しいものが無いとダメなの” ですって!!

アンコムさんは
先日、されど・・・に来て下さった方で、
加古川のされど・・・も、姫路のツリーハウスにも
来ていただいている リピーターさんでした。
見覚えがあるかも?・・・ぐらいで、申し訳なかったのですが、
今回は帰られる間際にぽつんと
「私も家で小さなカフェをしてるんです」
と、カミングアウトされました。
さっそくグルってみると、
されど・・・なんかより ずっと素敵なカフェをされていてびっくり!005.gif
ブックバインディングの日の昨日、楽しみに伺ってきました。

電車移動の昨日、
JR明石で山陽電車に乗り換え、東二見下車!
しっかりシュミレーションしてたのに、
うっかり電車を乗り過ごしてしまいました。

神戸から明石まで引き返して、10分ロス。
引き返すのに、次の新快速まで、15分待ち。
ようやく降りたJR明石駅で山陽電車に乗り換え、
特急でひと駅とおもいきや・・・、落とし穴!
久々の明石駅前は一面工事中で、訳が分からなくなっていました。
以前あった南側に山電の駅がありません。
な なんとJR改札口東の真ん前に移っていました。
チョー便利になっていましたが、
わかりにくかったです!

やっとの思いでたどり着いた東二見の駅、
しっかり帰りの電車の時刻を確認をして
なんとか到着038.gif

時間がなかったら、お茶だけ!!と決めていたのに
周りでランチされているのを見て、あえなく撃沈!
ポークのランチを頼んでしまいました。

a0111166_06004410.jpg

さらに、
急いでるのに、小説版“あらしの夜に”をきっちり見つけてしまいました。
前々から小説版が気になっていたのですが、こんな時に出逢うとは・・・
好きな場所に好きな本があり、とっても嬉しかったです053.gif

a0111166_06005375.jpg

出されたランチは間違いない、女子の大好きなカフェご飯でした。

丁寧に作られたお惣菜が、ちょこちょこっときれいに並べられ、
大きなお椀のお味噌汁が圧巻の、体に優しいランチです。
メインはチキンとポークから選べ、大満足の ¥900!!
ごちそうさまでした。

オーナーさんの“あらしの夜に”の感動のお話もそこそこに
予定の電車を目ざして、駅まで猛ダッシュ!
ところが、
思ってたより近かったはずの駅がなかなか見つかりません。
信号待ちの自転車の男性に聞いてみると、痛恨のミス。
めざす駅は逆方向!
もう、心が折れそうでした007.gif

a0111166_06010438.jpg

それでもなんとか約5分遅刻で、ブックバインディングの教室に到着!
本日もご一緒に、楽しくお勉強することが来ました。
先生、皆さんありがとうございました040.gif

a0111166_06011244.jpg


そして、とうとう念願の
“されどわららが日々ー”の文庫本
世界にたった一つのハードカバーの愛蔵版が完成しました。
a0111166_17161490.jpg

チョー嬉しいです053.gif
また一つお宝が増えました017.gif


これでもう一日が終わった感じですが、
実はまだまだ!
美容院といつものパンの仕入れに神戸へ出かけましたよ。

a0111166_06014150.jpg

昨日の元町はびっくり!
人、人、人、でこのありさま!

a0111166_06013282.jpg

“元町夜市” だったそうです。

露店も神戸らしく、神戸ビーフの鉄板焼きに焼き餃子なんかがあって、
チョー美味しそうでした011.gif

a0111166_06015225.jpg


あ~しんどかった070.gif
一カ月ぶりの神戸、
こうしてつらつら書き上げてみると、
あいかわらず駆け足でドジばかりでしたが、楽しい人たちとの出会いがあり
嬉しい充実の一日になりました037.gif
感謝!!





📕✨
by bookcafe-saredo | 2016-07-27 13:27 | 行ってきました

青空書房さん閉店。

a0111166_08412977.jpg


2016年7月2日に
93歳現役古書店店主
坂本健一さんが亡くなられました。

a0111166_10013884.jpg

朝日新聞の記事より

「ほんじつ休ませていただきます」
の貼り紙が話題になり、
何度もテレビで取り上げられていました。

されど・・・に来られるお客さまの中にも、
青空書房さんに行かれた人もあります。

坂本健一さんの訃報は今朝、
“古本屋写真集” の野呂さんのHPで知りました。
6月に行かれた時は
まだ営業されてたそうなので、
正しく古本道一筋!
生涯現役を全うされたのですね!
あっぱれな人生に感動しました。

朝日新聞によると、
日めくりカレンダーは7月2日になっており、
ヘルパーさんが
本に囲まれ、ベットに横たわる坂本さんを
目つけられたのが3日の朝とありました。

常々、坂本健一さんが言われていた
「本にうもれて死にたい」
を地で行かれた申し分のない大往生ですね。

謹んでご冥福をお祈りします。

従いまして、
“青空書房” 閉店となってしまいました。




by bookcafe-saredo | 2016-07-26 06:50 | お知らせ

今週は月・火曜お休みです。

明日、明後日
7月25日(月)・26日(火)
されど・・・は連休です。


どうかお気をつけください040.gif

a0111166_21435302.jpg


本日の小さなお客さまです。

それでは又、
水曜日にお待ちしています。






by bookcafe-saredo | 2016-07-24 21:36 | お知らせ

“神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん”

a0111166_11080134.jpg


“神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん”
竹村優希
双葉文庫

読みました。

4月の発売時に新聞の紹介欄で見つけ、
神戸大好き人間の私としては、
気になっていました!
そこにドンピシャ現れたのは
我が師、Mさん。

「神戸栄町とあったし、若い子がどんなん書いてるのか
ちょっと読んでみた。」
と言って、この本を持ってきてくださいました。

私より一回り先輩のM氏、
相変わらず頭は柔軟で、
ストライクゾーン、広いですねえ003.gif

ライトノベル?携帯小説?エブリスタ?
なんだか意味不明な今どきの小説です。
ちょっとついていけてない自分に びっくりです007.gif

中身はと言いますと、
コミックの書籍化ですか?!
ほっこり読みやすかったです。
神戸の地名や関西弁が出てくるので、
親しみやすいです。

大好きな母方の祖父が遺したアンティークショップを継ぐことになった青年の
葛藤と成長がテーマです。

アンティークに全く興味のない主人公が
アンティーク大好きな人達に触れ、
アンティークの意味に目覚め、
自身の過去も修復していく。
そんな感じのストーリーです。


本文より

いつか茉莉は
“軌跡はどうやっても残るし、
所詮、足跡に大差はない”
と言っていた。


アンティーク堂は、午後六時閉店だ。
誰も来ないけど、閉店時刻はいつもきちんと守られる。


a0111166_07132926.jpg

ネットより “耳をすませば”地球屋の地下の場面です。

表紙にはコミックのカバーがついていますが、
私としてはジブリのこの
“耳をすませば”のバロンが出てくるショップを思い浮かべました。
余談ですが・・・
いつか誰かが、
“されど・・・ in ツリーハウス”の
二階で演奏してると「耳をすませば」の
地球屋の場面を思い出すんです”
と言ってくたことがありました。
嬉しかったです053.gif
今となっては懐かしいです!

神戸のアンティーク堂と言えば
北野坂に、二代目姉妹が受け継いだ骨董の店
“白木屋”さんがありましたっけ。
されど・・・を開くとき、
学生時代からの憧れのこの店で買ったアンティークを
どうしても置きたかったのを思い出しました。
長く行ってないけど、今もあるのでしょうか?!

すべての“ガラクタ”には思い出が詰まっています。
真っさらな美しさにはない、その人にしかわからない大切なものです。

そんな思い出の詰まったアンティークな人間になりたいものです。003.gif


PS.
このブログ書きかけのままで、すみませんでした。これでUPです040.gif


📓📕📚








by bookcafe-saredo | 2016-07-23 20:12 | 本の紹介

明日は“ギターの時間”です!


明日 7月23日 は
第4土曜日で “ギターの時間” です060.gif
🕑 Pm:2:00~4:00

ギターを始めたい人、
演奏を聞きたい人、
お気軽に起こしください。

a0111166_19415921.jpg



あなたも ギターをはじめてみませんか?!

ちょっと弾けると楽しいもんですよ037.gif





040.gif

by bookcafe-saredo | 2016-07-22 19:28 | イベント

白井さんの作品たち


小ちゃくて狭いされど・・・ですが、
兼ね兼ね本意外に
好きなものを少~し置きたいと思っています。


a0111166_06252637.jpg


昨日、刺し子作家の白井さんが
“がま口”と“胡桃”の針山を持ってきてくれました。

a0111166_07314763.jpg

針山は
かつて白井さんが昼下がりのされど・・・で
ちくちく刺し子をしていた時、
アンティークなカンカンのお針箱に
入れて使われていたものです。

天然の胡桃と絣が絶妙!!
ミニマムな大きさにキュン。
チョー可愛いです(*´`)

a0111166_07315639.jpg

“がまぐち” は
加古川で採れた白と茶の綿を紡ぎ、
手で織ったもめんを使った
正真正銘 made in加古川 です053.gif

昔の人はひたすら
種を植え、綿の実を収穫し、
糸を紡ぎ、はたを織り、
布を作ったのです。
a0111166_20205923.jpg


そんな先人の生活を白井さんはじみちに
再現しています。

いつでも何処でも何でも買える今だから
忘れてはならない“大切なこと”です。

偉いです040.gif





📓📕📚




by bookcafe-saredo | 2016-07-22 05:29 | お知らせ

早朝の庭仕事。

a0111166_10593300.jpg

アナベルがまた一輪。

梅雨明けの昨日と一昨日、
早朝5時半から庭の草むしりをしました。

麦わら帽子に長袖シャツに長ズボン、
蚊取り線香にゴム手袋
完全武装でトライしました。
ほほを撫でる風が心地よく、
ちゃっちゃと作業がはかどりました070.gif


a0111166_10594795.jpg

地面が見えるようになりました(笑)


この歳になって、ようやく
「朝の涼しいうちに宿題しなさい」
の意味がわかりました003.gif


遅すぎっ?!




040.gif
by bookcafe-saredo | 2016-07-20 07:40 | こんなことがありました

尾崎浩哉♪

a0111166_05335176.jpg


テレビで初めて
今は亡き尾崎豊の一粒種
尾崎浩哉の “ I love you ” の映像を見ました。

a0111166_05335735.jpg


びっくりしました060.gif

a0111166_05340390.jpg


親子って、こんなに似るものかと
驚き、
感動しました。

a0111166_14541333.jpg


2004年の尾崎豊13回忌トレビュートアルバムで
当時15歳の浩哉くんの “十五の夜” を聞き衝撃でした。
正直、あの頃はまだ幼かったです。

a0111166_05341198.jpg


おとうさんの歳を越える今は、
しっとりゆったり歌いこなされていました。
a0111166_14542361.jpg


よくぞ育ってくれました。

尾崎豊の子であることのプレッシャーを感じながら、
声が尾崎豊に似てると自身で感じた時の喜びを
素直に話す浩哉くん、素敵でした。

そんな彼が二十歳の時、
両親に向けて書いた曲
“始まりの街”
応援したくなりました。

a0111166_19445048.jpg


父親の歳を追い越した今、
「父の分もしっかり生きたいと思います」
とはっきり言い切る浩哉くん、立派です!
眩しかったです。

あまりに繊細過ぎた父に、
甘い印象ながら、優しさと強さを感じる息子、
涙が出ました。

尾崎豊 やっぱり良いです053.gif
尾崎浩哉もいいです038.gif

まんまとマスコミの思惑通りにハマってしまっている自分が
ちょっぴり悔しいされど・・・でした037.gif





*

by bookcafe-saredo | 2016-07-18 22:38 | テレビで