2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
 スケジュール表示

カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
HPがないので勝手にPR
紹介していただきました
されど…ができるまで
MEMO
 スケジュール表示

おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦

 スケジュール表示

以前の記事
2018年 03月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
 スケジュール表示

ファン
 スケジュール表示

記事ランキング
 スケジュール表示

ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
 スケジュール表示

画像一覧

<   2015年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

しめ飾りとお節

a0111166_22420118.jpg


この立派な〆飾りは
布ぞうりの先生が作って下さいました。
凄いです!

a0111166_22544104.jpg


こちらのメガネもいいですemoticon-0152-heart.gif
なんだか来年はいい年になりそうです。

a0111166_22420746.jpg



恒例のお節もちょっぴり作ってみました。
今年初めて、人参の型抜きを買いました。
こんなに綺麗に切れて便利なのに
どうし今まで使ってこなかったんでしょう?!
包丁で、周りに溝を5箇所入れ輪切りにするのって、結構 技がいるんですemoticon-0107-sweating.gif


a0111166_22421417.jpg


そしてもう一つ、ナマス作りに、
初めて人参しりしり器を使ってみました。

サクサク シュッシュッ
ものの5分もかからずに出来てしまいました。
恐るべし しりしり器!
きんぴらごぼうにもチョー便利ですemoticon-0136-giggle.gif

今年も残すところあと1時間半!
それでは皆さま良いお年をemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif


PS.
本日の縄跳び
初回10回、次36回、25回・・・
50回までいけました。
但し、ヒーヒー ハーハー
止まる度に休憩が必要ですが、
跳ぶ感覚を少し 思い出してきました。





emoticon-0157-sun.gif
by bookcafe-saredo | 2015-12-31 20:16 | こんなことがありました

縄跳び

a0111166_09522388.jpg


縄跳びしました!

いや、跳べませんでした。
一回目、5回でストップ!
2回目、またも5回!

3回4回、ようやく15回。

くるんくるんとはいきません。
ズッシズッシ、ドシンドシン?
でしょうかemoticon-0106-crying.gif

10分の道はなかなかハードなようですがemoticon-0169-dance.gif
とりあえず着手できて満足です。

来年は
めざせ毎日縄跳び10分!
頑張るぞ~emoticon-0165-muscle.gif






emoticon-0139-bow.gif
by bookcafe-saredo | 2015-12-30 23:31 | こんなことがありました

布団干し

鬱陶しい昨日とは うって代わり
快晴の本日emoticon-0157-sun.gif
まずは、来客用の布団干しから。

a0111166_06193712.jpg


あったかいんだから~emoticon-0159-music.gif

干すこと6時間、
ファブリーズも忘れずに、
ふっかふかに干し上がった布団は最高!
何とも気持ちいいですemoticon-0152-heart.gif

フツーのことができる今に感謝です。

掃除は仕出したらきりがありません。
一日中 家に居れる今は、
毎朝の掃除が日課になっているので、
今回の大掃除は楽勝でした。

テーブルの下や、サンの上にホコリがないのって、人生初かも?!
感動ですemoticon-0152-heart.gif

丁寧に生きる!
って、こういうことなんだと、
この歳になってようやくガッテンしました。






emoticon-0139-bow.gif



by bookcafe-saredo | 2015-12-29 21:50 | こんなことがありました

大仕事の前にモーニング!

年末休業第一日目。
何から手をつけようかと思い、
とりあえずは
母とモーニングに行ってきました。

いつもより少し遅く9時半も過ぎてたので、
OKONOMIYAKI COCOYA さんに行ったのですが NG emoticon-0107-sweating.gif
前日に電話予約しておけばOK
と言われていましたしたが、
残念 !

そうなるともうあったか~い、
水屋珈琲さんしかありません。

a0111166_16082362.jpg


ねっ!
レンズが、メガネが曇るんですよ。
パリッパリのサラダに
ホワイトアスパラがちらっと入ってて、
酸っぱいドレッシング、
なんとも昭和な感じです。
a0111166_06134383.jpg


ミックスサンドに付いているゆで卵、
ご親切に皮が剥いてありました。

私たちがいる間、満席になるぐらい、
沢山の人が出入りしていました。
人ごとながら、ちょっと嬉しかったです。

ちなみに代金は、
モーニングセット¥570-
ミックスサンド ¥800-
珈琲 ¥490-

ちょっと満腹過ぎる、
本日のモーニングでした。
ごちそうさま emoticon-0110-tongueout.gif





emoticon-0139-bow.gif
by bookcafe-saredo | 2015-12-28 15:47 | 行ってきました

弦を張り替えていただきました。

a0111166_11560493.jpg


最終日の昨日、
ギターの先生が来てくださいました。

そして遠慮がちに
弦の張替えをしてくださいました。

a0111166_08044398.jpg



だいぶ前から
気にしていただいていたみたいです。

よくわかりませんが、いい音がしますemoticon-0159-music.gif

思えば、
今は亡き秀樹さんのお通夜で
合わせて頂いたご縁です。

秀樹さんに感謝です。
ありがとう ^ ^ございますemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif




📕✨
by bookcafe-saredo | 2015-12-28 07:57 | こんなことがありました

年内の営業は終了しました。


2015年も残すところあとわずか、、、
されど・・・年内の営業は
本日を持ちまして終了させていただきました。

a0111166_05501686.jpg

これが本当の"されど···mini "です (笑)


年末年始の休業日は
12月28日(月)~1月4日(月)迄です。


4月21日再オープン以来、
大変お世話になりました。
待っていてくださる人がいる
その思いでなんとかこの度も
されど···をオープンさせることが出来ました。
ただただ 感謝の一年でした。
ありがとう ございますemoticon-0152-heart.gif

新年は1月5日(火)にお目にかかります。
それでは皆さま、
お元気で 良いお年をお迎えくださいemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif





📕✨
by bookcafe-saredo | 2015-12-27 23:13 | お知らせ

縄跳びダイエット

a0111166_08065633.jpg


今日の「僕らの時代」で
作家の湊かなえさんが
縄跳びダイエットを勧められていました。

ビンゴ!です。

実は私も、
ある日突然、縄跳びがいいのでは?!
と 思いつき最近私の中で
ずっと気になっていました。

すると何と言うことでしょう?!

湊さん、
縄跳びで なんと7キロのダイエットされたんですって!
二日に1回、一回10分、
最初の7分は自由に ラスト3分はロッキー風に全力で跳ぶのがだそうです。

これなら出来そう。
もう、やるっきゃないでしょうemoticon-0169-dance.gifemoticon-0169-dance.gif

今日の「僕らの時代」は湊かなえさんと、
女優永作博美さん、刺繍の写真家 清川あさみさんの三人で、新年に放映されるドラマの番宣でした。

目指せ。湊かなえ!

レッツ、スタート 縄跳びemoticon-0136-giggle.gif





emoticon-0139-bow.gif



by bookcafe-saredo | 2015-12-27 07:39 | こんなことがありました

繕う。

a0111166_12090500.jpg


近ごろの楽しみのひとつに
「繕う」
という作業があります。

無心に靴下を繕っている
何気ない時間が好きですemoticon-0152-heart.gif

縫い目が完全に目立たなく修復できた時、
快感を覚えます。

若い頃は、
穴の開いた靴下やズボンなんか
しみったれてて、恥ずかしかったのに・・・。

今は ひと手間掛けた靴下が愛おしいです。
パッチワークもちょっぴり自慢です。

あえて、目立つ色の糸で繕ったり、
左右違うソックスを履いたりして、
一人密かに楽しんでいます。

自画自賛!

母が見つけては、
「ちょっとおかしいんと違う?!」
と 鬼の首をとったように 指摘してくれます(笑)

なんとも穏やかな
ありがたい母との日常ですemoticon-0100-smile.gif





emoticon-0139-bow.gif

by bookcafe-saredo | 2015-12-27 06:39 | こんなことがありました

ハンガリーの絵本。

a0111166_05411460.jpg


和歌山でのワークショップに行ってきたKくんが
「ゆめのサーカス」というハンガリーの絵本を持ってきてくださいました。
旅先で出会った
ハンガリー雑貨のネットショップ
コツマチカさんで買われた本です。

a0111166_05412354.jpg


優しいうさぎの絵が素敵です。
たくさん増えたうさぎの家族に
ほっこりしました。

いつも素敵な本をありがとう ^ ^
おかげさまで、
されど・・・はこうして
皆さまに育てていただいています。

先日はこの近くおばあちゃんちに
来られていた母娘さんがお寄り下さり、
本を借りて帰られました。
窓から中の様子を覗いてみられ、
どうも気になり 勇気を出して
お声をかけて下さいました。
まだまだ知られていないされど···ですが、
散歩途中にぶらりと寄れる
そんな場所になれたら、嬉しいですemoticon-0152-heart.gif

本の貸出しや販売、
体にやさしいおやつカリカリちゃんは勿論、
雑貨や天然酵母のパンもおけるといいですねemoticon-0115-inlove.gif

そんなされど・・・をめざして、
来年はちょっと頑張ります!






emoticon-0139-bow.gif
by bookcafe-saredo | 2015-12-26 22:04 | 本の紹介

サンタクロースの起源って?!

MaryChristmas!!

a0111166_06590261.jpg


イブの昨日、夕暮れ時に
ギャラリー集さんが来て下さいました。

JRの駅を挟んで北と南
近くに帰ってきていながら、
一度も伺えていません。

もう少し自転車を自由に乗れるようになったら、
行きますよぉ🚲💨
もうしばらくは、ごめんなさいemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif

久しぶりの集さんは
建築家としてのプロのお話や、
アート作品や芸術家さん等、
興味深い話題でいっぱいでした。

そして帰り際に、
サンタクロースの起源について聞かれました。
知ってるつもりなのに、
咄嗟に答えたれない自分がつらかったです。

その昔、セントニコラウスが貧しい人々にプレゼントを送ったのが始まり、でしたよね?!
ではどうして ??!
調べてみました。

a0111166_06591181.jpg


キリスト教豆知識より
サンタクロースの起源
サンタクロースは、4世紀ごろ、小アジア(現在のトルコ)のミュラの司教であった、聖ニコラスだと言われています。
聖ニコラス(271~343年ごろ)は、現在のトルコのデムレ、かつてのギリシアの町ミュラの司教でした。彼は、日ごろから、困っている人や貧しい人を助け、自分の持ち物を惜しまず与えていた心のやさしい人でした。
あるとき、ニコラスの近所に3人の娘のいる家族が住んでいました。たいへん貧しくて、娘を売らなければならないほど、お金に困っていました。そのことを知ったニコラスは、その夜、その家の煙突から金貨を投げ入れました。ちょうどその金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入って、そのお金で娘は救われ、後に結婚することができたのです。聖ニコラスは、同じことを下の2人の娘のときも繰り返し、その家庭を救ったと言われています。
クリスマスに靴下を下げておくと、サンタクロースが煙突から入って贈り物を入れてくれるという習慣は、ここから生まれたようです。

ニコラスにまつわる伝説や奇跡は、この他にたくさん残ってます。船乗りを嵐から救ったり、殺された子どもを生き返らせたという話も伝えられています。彼は、つねに子どもたちや貧しい人、弱い立場にある人と共に生きていたので、「子どもの守護の聖人」とされています。

彼は亡くなった後、聖人とされ、ヨーロッパでは彼の命日の12月6日に、聖ニコラス祭がはじまりました。この日、オランダやベルギーなどでは、子どもたちへのプレゼントを贈るようになりました。
聖ニコラスの伝説は、18世紀に北米に移住したオランダ人に伝えられ、子どもたちへのプレゼントの習慣が、オランダと同じ12月6日に引き継がれていきました。やがて、生まれたばかりのキリストに三賢者が贈り物をもって、ベトレヘムを訪れたという出来事と結びつき、アメリカ全土で「クリスマスにサンタクロースがプレゼントを贈る」という習慣が広がったと言われています。

a0111166_06591927.jpg


聖ニコラスはオランダ語で、「ジンタークラース」と言い、それがなまって「サンタクロース」になったと言われています。
サンタクロースの着ている赤い服は、聖ニコラスが生きたころの、司教の儀式のときの服がもとになったと言われています。司教の赤い色は、自分の命をかけても、他の人を助けることを意味していて、血を流しても人々のために尽くすしるしでした。

しかし、今のサンタクロースの赤い衣装を考え出し有名にしたのは、1931年、アメリカのコカ・コーラ社が冬のキャンペーン広告のキャラクターとして、サンタクロースを起用したことから、サンタクロースの名前が急に、世界中に知られるようになりました
この広告のモデルは、1800年代後半に活躍した、アメリカの風刺漫画家トマス・ナスト(1842年~1902年)によって描かれたサンタクロースです。子どもたちのために、たくさんのおもちゃをかかえた、やさしそうなサンタクロース。白いふさふさしたひげをはやし、太った体形というアイデアは、彼によって生み出されました。

それまでの絵本や絵画の中に、サンタクロースは青い服を着たり、さまざまな色の衣装を着ていたそうです。今とはずいぶんイメージが違います。

日本では、いつごろサンタクロースが登場したのでしょうか。それは、1870年代です。日本でサンタクロースは、キャラクターとして、商業ペースに利用され、コマーシャル化され、歯磨き粉や醤油の広告などにも使われることになってしまいました。
商品の絵柄の広告には、恵比寿や大黒天、七福神のサンタクロースも表れ、親しまれたと伝えられています。

その後、だんだんと都会の中流家庭に広がって、おもちゃをもってやってくるサンタクロースとして描かれるようになりました。1951年ごろからは、デパートが一斉にサンタクロースを採用し、街はサンタクロースであふれるようになりました。
呼び方も、「サンタ」とか「サンタさん」などと親しみを込めて、呼ばれるようになり、サンタクロースは、すっかり日本の文化の中で、クリスマスにはなくてはならない存在となっていきました。


a0111166_14453167.jpg

ちょっと素敵なこんな
コカ・コーラサンタのアニメ
はいかがですかemoticon-0152-heart.gif

☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆







📕✨
by bookcafe-saredo | 2015-12-25 14:15 | MEMO