2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO
おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2015年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

#304 本の声を聴け

本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事
高瀬 毅
文藝春秋


a0111166_08193892.jpg


確か、2年ぐらい前になりますか・・・?
出版された頃から気になっていた本です。

a0111166_08194533.jpg

ようやく読みました。
正直、もっと早く読みたかったです。
a0111166_14233224.jpg

ユーチューブで 情熱大陸 幅充孝 見ました。
感動しました!
凄いです。

好きを仕事にしてしまう。
無かったら、作ってしまう!
で、出来た
「ブックディレクター」という仕事!
素敵です053.gif
a0111166_08195808.jpg

若干26歳で六本木ヒルズTSUTAYA をプロデュースし、
一気に世間に名を広めました。
今ではあちこちにあるおしゃれTSUTAYAのはしりです!!

a0111166_08200574.jpg

地方に住む私にとっては
この世のものとは思えない居空間で、
ただただショックでした003.gif

2005年、30歳で戦車集団「BACH]設立。
a0111166_08201168.jpg

ホント雑貨が一緒に並んでいる景色は新鮮でした072.gif
a0111166_08201835.jpg

子どもの頃から、活字に親しんでいた幅が大学を選んだのは
慶応大学の法学部、法律にはきゅみを示さず、
興味を持ったのはアートの世界。

慶応で美学美術史を教えた近藤さんに寄ると
「幅の仕事は美術館のキュシューションに似ていると思う。キュシュレーションとは、ある視点で、情報を集めて分析し、それらをつなぎ合わせて、一つの価値を持つものとして共有することをいう。」

a0111166_08202597.jpg

幅のアートな棚の原点はここにあったのですね!
深いです001.gif

a0111166_08224761.jpg

本文にあった詩が素敵だったので調べてみました。

散歩
                         長田 弘

 ただ歩く。
 手に何ももたない。
 急がない。
 気に入った曲り角がきたら、
 すっと曲がる。
 曲り角を曲がると、
 道のさきの風景がくるりと変わる。
 くねくねとつづいてゆく細い道もあれば
 おもいがけない下り坂で膝がわらいだすこともある。

 広い道にでると、
 空が遠くからゆっくりとこちらにひろがってくる。
 どの道も、
 一つ一つの道が、
 それぞれにちがう。

 街にかくされた、
 みえないあみだクジの折り目を
 するするとひろげてゆくように、
 曲り角をいくつも曲がって、
 どこかえゆくためでなく、
 歩くことをたのしむために街を歩く。

 とても簡単なことだ。
 とても簡単なようなのだが、
 そうだろうか。

 どこかえ何かをしにゆくことはできても
 歩くことをたのしむために歩くこと。
 それがなかなかにできない。

 この世でいちばん難しいのは
 いちばん簡単なこと。

長田弘詩集『深呼吸の必要』より







040.gif




by bookcafe-saredo | 2015-09-30 22:39 | 一日一冊

ブックバインディング行ってきました。

a0111166_06340179.jpg

先生の作品です。

9月29日(火)のお休みに、
ブックバインディングに行ってきました。
手製本のことです034.gif
英語で ブックバインディングbookbinding,
フランス語で ルリユールreliure
と いうようです。

a0111166_06340644.jpg


今回は角背製本!
次回の出来上がりが楽しみです053.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-09-30 06:27 | 行ってきました

#303 本のつくり方

本のつくり方 和本■洋本■帙■函
池上幸二郎・倉田文夫
主婦と生活社


a0111166_08172246.jpg


今日はブックバンディングの教室だったので、こんなに本を手にしてみました。

a0111166_08172814.jpg


「本のつくり方」です。

a0111166_08173558.jpg


本のすべてが 詳しく書かれています。

a0111166_08174354.jpg


今日習ったのが「角背中製本のつくり方」だったので
とてもよくわかり、復讐することが出来ました003.gif


a0111166_08175090.jpg

古い本ですが、丁寧なつくりの親切な本なので、
これからもずっと 大切にしたい一冊です053.gif





*
by bookcafe-saredo | 2015-09-29 22:41 | 一日一冊

#302 自休自足

自休自足 slow and natural life magazine
2007 vol.16 築100年の家を探して
㈱第一プログレス


a0111166_06381724.jpg


2003年創刊依頼、誌名をTARNS に改め、
今も続いています。

a0111166_06382453.jpg


世間では、
オーガニックやスローライフが叫ばれ、
美味しいものだけを食べていてはいけません!
と気づきはじめました。
a0111166_06383265.jpg


都会暮らしの人々に
田舎暮らしや農業に目を向けさせてくれた本です。

a0111166_06384095.jpg


私個人としては、
軽井沢の別荘に移り住んで、週末ブックカフェを始められていた
「麦小屋」さんに出逢いました053.gif
a0111166_06384863.jpg




この頃はまだ、週末企業とか、Wワークが
考えられない時代でした。

a0111166_06385683.jpg


「人はパンのみにい生くるにあらず」

しっかり働いて自分のしたい事をしましょう!

a0111166_06390495.jpg


いっそのこと、
したい事をして生きてみましょう!!

と、私に勇気をくれた本です037.gif



040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-09-28 23:23 | 一日一冊

#301 マイルス・デイビス自叙伝

マイルス・デイビス自叙伝①②
マイルス・デイビスー/クインシー・トループ著 中山康樹訳
JICC 出版局


a0111166_08534552.jpg

今年に入って、
「ジャズタモリ」「ジャズ小説」とようやく、ちょっとジャズ本を読む機会に恵まれ、
今回、とうとうこの
「マイルス・デイビス自叙伝」を読了しました、


a0111166_08535353.jpg

なんとなく心地よいスイングやボサノバにはまり、
Jazzをされど・・・のBGMに決めて、もうすぐ10年060.gif
a0111166_08540031.jpg

いつかは、勉強しなければと思いながら、ついつい聞くだけの毎日でした。

a0111166_14521191.jpg

このたび、縁あってJazz好き、本好きのお客様に出会い、
一押しのこの本をお借りしたのをきっかけに、
本格的なJazz本デビューしてしまいました。
借りたのは宝島文庫、買ったのはJICCの古い本(ちょっと詳しいかも?!)です。

想像以上のジャンキーな世界でした。
マイルズがあげている知り合いのミュージシャンは凄いです。

ディズ(デイジー・ガレスピー)とバード(チャーリーパーカー)の演奏を聴いた人世で最高の瞬間から、
マックス・ローチ、ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーン、バード、ディズ、ジャック・ディジョネット、
フィリー・ジョー・ジョーンズや、懐かしい
モンク、ミンガス、フレディ・ウェブスター・ファッツ・ナバロ等々です。

a0111166_08540712.jpg

本を読み、マイルスを通して、
アメリカの地理、歴史、そして音楽を学習し始めました。
こんなに深くアメリカを意識したことがなかったので、新鮮でした。
そして何より、あまりに自分の無知さに驚きました007.gif

Jazzのことを語るのは、まだまだ先のことにして、この本を小説として
感動した部分を抜粋しておきます。
a0111166_15021071.jpg

人世は変化であり、挑戦だ。人々がオレの所に来て<マイ・ファニー・バレンタイン>みたいな古い曲を演奏してくれと頼む気持ちは、よくわかる。昔、彼らが素敵な娘といちゃついている時に、オレの演奏が、二人を良い気分に7させたかもしれないしな、だがオレは、古いやつが聴きたかったらレコードを聴いてくれと答える。オレ自身は、もうそこにはいないし、彼らのためじゃなく、自分に一番良いように生きなきゃならないからだ。

今のオレの、演奏し音楽を想像したいという切迫感は、演奏し始めた頃よりものすごいまのだ。はるかに激しい、呪いみたいなものだ。忘れてしまった音楽を思い出そうと気が狂いそうだ。考えながらベッドに入り、考えながら起きてといった具合に、おかしくなりそうなくらいだ。もっとも頭から消えかかっていた音楽がまだ残っていると感じていることには、大いに感謝し、幸せだと感じもしている。

今はとても創造的に活発で、力強くなっていると感じている。
酒は飲まないし、タバコも吸わないし、医者が糖尿病のために処方してくれる物以外はクスリもやらない。
今までにこんなにも創造的に感じたことはないし、最高に良い気分だ。まだまだ、もっとすばらしいことが起こりそうな気がする。
a0111166_14521949.jpg


あれだけ無茶な生き方をしてきたマイルスが、晩年に落ち着いた境地です。
偉大なミュージシャンが若くして亡くなっていく中で、
マイルズはかろうじて65歳まで生きられたんですね。

マイルズにひかれ、一歩ずつJazzの足跡を辿っていきたいと思いました。
マイルズとタモリの対談をユーチューブでみました。
村上春樹の世界がよくわかるようになりました。
久しぶりに読み応えのある、重い本でした037.gif

a0111166_14522602.jpg








040.gif

by bookcafe-saredo | 2015-09-27 22:05 | 一日一冊

「生さだ」見ました。

NHK 総合テレビ
「今夜も生でさだまさし」見ました001.gif

a0111166_15591512.jpg


見たい見たいと思いながら、二、三度しか見たことがなかったのですが、
最近、DVD予約が使えるようになり、
今回は見ることができました037.gif

昨日は偶然、
岐阜市立図書館からの中継でした。

a0111166_08081407.jpg


館内は武雄市の図書館を彷彿とさせられました。
実はまだ行っていませんが・・・008.gif

a0111166_08082174.jpg


檜の香る図書館、
もっと見たかったです。

a0111166_08082966.jpg


久々の「生さだ 」
いつもの 手作り感満載のセットに、
投稿はがきを読む、ライブならではのMC !
なんだかホットします。
a0111166_06532765.jpg


中身もなかなか濃かったです!
なかでも気になったのは、少し前に話題になっていた、鎌倉図書館のツイッターの話です。

「もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。
2015年8月26日 09:11 」

番組で さださんも言っておられましたが、
「死ぬほどしんどいなら学校に行かなくても
いいです。共同生活を学ぶ上で学校へ行かなくてはなりませんが。図書館に行きましょう。そこには悩みの答えを教えてくれる本があります。一生掛かっても読み切れな沢山のい本があります。ぼーっとしているだけでも図書館の人は何も言いません。
死ぬほどしんどいなら、図書館へ行く選択肢もありますよ。」

私も、全く同感です!
何があっても、人は生きなければなりません。
何かと物議を醸す世の中に、
鎌倉図書館のつぶやきは素晴らしいと思いま
した。
せっかくこんなに素晴らしい施設があるのに
世の中には知らない人がいっぱいいます。
残念です。もったいないです。
まだ図書館に行ったことのない人は、
とりあえず一度、近くの図書館に行ってみましょう034.gif
思いがけず、あらたな居場所が見つかるかもしれませんよ!!






040.gif

by bookcafe-saredo | 2015-09-27 15:53 | テレビで

#300 田舎暮らしの本

田舎暮らしの本 2007.10 特集 創刊20周年記念!田舎暮らし入門
特集 北海道に住みたい
宝島社


a0111166_07145428.jpg

今から十数年前、50歳を前に
漠然とセカンドステージを考えていた頃、
出会った本です。

a0111166_07150431.jpg

テレビでは「人生の楽園」が始まっていました。

a0111166_07151329.jpg

あのころ、「田舎暮らし」という言葉が新鮮でした!

a0111166_07561980.jpg

忙しい毎日からのの現実逃避!
a0111166_07182767.jpg

こんな本を見ることが、つかの間の癒し時間でした。



a0111166_07152152.jpg

沖縄、北海道は夢の楽園でした。

a0111166_07183619.jpg

あれから十年、
既に移住、田舎暮らしをされている方も
たくさんおられます!

a0111166_07153078.jpg

されど···を始めた頃、
「ここも楽園ですね。」
と言っていただいたことがありました。

a0111166_07153990.jpg

癒やしを求めるか、便利さを選ぶのか、いつになっても悩ましい問題です
a0111166_07155076.jpg

いつでも夢を見るのは素敵です053.gif






040.gif

by bookcafe-saredo | 2015-09-26 22:56 | 一日一冊

#299 小説 TRIPPER

小説TRIPPER 1995夏季号 週刊朝日別冊
作家がよく行く書店 パリ古本探しの旅
朝日新聞社


a0111166_16055516.jpg

小説 TRIPPETR 週刊朝日の別冊です!
a0111166_16060386.jpg

1995年に「作家がよく行く書店」 の記事が掲載されています。
a0111166_16061282.jpg

おしゃれな、荻野アンナさんのパリの古本探しの旅の特集も載っています。
a0111166_16062006.jpg

まだまだ、色んな本があります。
すべては、ブログで「一日一冊」をアップしたことから、始まりました037.gif
a0111166_16062989.jpg

若干2000冊ぐらいの蔵書ですが、今まで手にしたことのない本がたくさんあります。
a0111166_16063895.jpg

今は、一冊一冊に目を通し、十進分類法で置き場所を決める作業が
愉しっくてしかたありません053.gif
a0111166_16064507.jpg

蔵書登録ただ今522冊、
一日一冊は明日で#300です!!
a0111166_16065436.jpg

ささやかなことですが、ちょっと嬉しいです016.gif

小説TRIPPER 全13冊







*
by bookcafe-saredo | 2015-09-25 16:48 | 一日一冊

#298 古民家スタイル

古民家スタイル No.2 古民家いうモダン
ワード・ムック474
㈱ワールドフォトプレス


a0111166_21464090.jpg

住み継ぐ力をはぐくむ新しい古民家のかたち!
a0111166_21465129.jpg

築100年の家をもっと快適に暮らす。!
a0111166_21465936.jpg

職人さんの道具はカッコイイです053.gif
a0111166_21470961.jpg

どうしても書棚に目が奪われます。
a0111166_21471906.jpg

古民家と洋風が素敵にマッチしていますね?!
a0111166_21472807.jpg

古い建具は和モダンの必需品です。
美しいです。
あるだけで落ち着きます。






040.gif


by bookcafe-saredo | 2015-09-24 21:13 | 一日一冊

#297 和骨董のあるインテリア

季節を楽しむ和骨董のあるインテリア
食卓を彩るもてなしの器◆季節と親しむ十二月
成美堂ムック


a0111166_08003658.jpg


少し上級の和です!
a0111166_08004528.jpg

骨董って、高価で壊したらどうしょうと、
大切に しまっておきがちですが・・・、
a0111166_08005337.jpg

思い切って、普段使いすることにより、
一層 愛着がわきます053.gif
a0111166_08010044.jpg

古き日本の良さを再発見、繋いでいかなければなりません001.gif
a0111166_08010997.jpg

温故知新!






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-09-23 23:17 | 一日一冊