2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
HPがないので勝手にPR
紹介していただきました
されど…ができるまで
MEMO
おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 05月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2015年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

#243 東京百景

東京百景
又吉直樹
ヨシモトブックス

a0111166_14201237.jpg

2013年のエッセイ 100編!
太宰治 「東京八景」のオマージュです。

a0111166_14222893.jpg


劇場中心の生活を続ける中で、文章を書く仕事をいただくようになった。稚拙な素人
が格好つけても仕方が無いので取り繕わず正直に書くと決めた。


 「東京百景」を書き終えた時、僕は32歳の中年になっていた。青春と云うには老
け込んだ。だが大人というには頼りない。誇れる事は一通りの恥をかいたということのみ。
 あくまでま自分の生活に附随した風景だから場所が随分偏った。観光の供にはならな
いだろう。しかし、これが僕の東京なのだ。東京は果てしなく残酷で時折楽しく稀に優
しい。ただその気まぐれな優しさが途方もなく深いから嫌いになれない。
                                 2013年 又吉直樹 はじめに より

a0111166_14204179.jpg



八十二 * ルミネ the よしもと

初めてルミネで先輩にご飯に誘っていただいた時のことは今でも鮮明に覚えている。

中略

驚いたのは、居酒屋に行く前に大地さんが消費者金融に立ち寄ったことだった。居
酒屋に行くと、大地さんは「なんでも食べたいもの頼んで」と優しい言葉をかけてくれ
たが、消費者金融に入っていく大地の残像が頭にちらついて中々頼みにくかった。
借金をしてでも後輩に飯を食わせる。これが芸人かと思った。

山本さんに「ご馳走様です」というと、いつも山本さんは「全然、全然」とこちらを見ず
に言った。

中略

僕は数年前から 「あいつゲイじゃねえか?」 と囁かれるほど後輩たちに焼肉を奢る
ようになった。

そうなったのは、この時期の山本さんを見ているからだ。そして、後輩に「ご馳走様

です」 と言われたら、いつも僕は「全然、全然」 と後輩を見ずに言う。

    「火花」にリンクしているんですね?!切ないです007.gif


九十九  * 昔のノート

 死にたくなるほど苦しい夜には、これは次に楽しいことがある時までのフリなのだ
と信じるようにしている。喉が渇いているときの方が、水は美味しい。忙しい時の方が、
休日が嬉しい。苦しい人生の方が、たとえ一瞬だとしても、誰よりも重みの有る幸福
を甘受できると信じている。その瞬間がくるのあ明日かもしれないし、死ぬ間際かも
しれない。その瞬間を逃さないために生きようと思う。得体のしれない化け物に殺され
たまるかと思う。反対に、街角で待ち伏せして、追ってきた化け物を「ばぁ」と驚か
せてやるのだ。そして、化け物の背後にまわり、こちょこちょと脇をくすぐってやるのだ。



地味だけれど、誠実な又吉くんがリアルに感じられる いい本です053.gif






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-31 15:18 | 一日一冊

芥川賞「火花」

書きそびれていましたが、又吉直樹さんの
芥川賞受賞のこと、遅ればせながら
少しだけ触れておきたいと思います。

a0111166_712227.jpg


正直、取ると思っていました。
いや、取って欲しいと思っていました。

又吉効果で、普段小説を読まない
おっちゃん、おばちゃんや、
若者が、本を手にしてくれるのが嬉しいです。

本が売れないこの時代に、一気に140万部突破?!!
凄いです003.gif


テレビやマスコミ、
あちこち出すぎで、失速しないかちょっと心配しています。

さっそく次作が心配されていますが、本人が
「恥をかいても書きます。」
と言ってるし、
「書きたいことがあります」
とも言ってたので、
とりあえず大丈夫でしょう!

a0111166_1525270.jpg

                 引用元:http://cuttaloca-media.sakura.ne.jp/



テレビ「情熱大陸」見ました!
見応えがあってよかったです。
私の原点のブックカフェ
三鷹のフォスフォレッセンスでも取材されていました053.gif

お笑いと書くこと、又吉くんにとっては
表現するという点では同じ!と言い、
今のところ書くことが楽しいとも言っていました。

レポーターの質問に、本人曰く
「ちょっと邪魔くさいですけど いいですか?」
と、語り出し、
確かに理詰めで 面倒くさい性格のようですが、
「死神」と呼ばれる、はかなげな風貌からは想像できない
時代遅れの骨太さを感じます。

又吉くんが 引き合いに出してくる
太宰の「キリギリス」や芥川の「トロッコ」のような
決してメジャーでない作品を
私もまた、読み返しています。

今では古典と呼ばれる作家もの
若い人たちが、手を出すきっかけになってくれたらいいな!と、、
ちょっと期待しています034.gif

a0111166_11573418.jpg

              2015.7.30 神戸新聞朝刊より


又吉先生、テレビの露出度もさることながら、
エッセイや書評など、沢山の原稿依頼が来ているみたいなので、
母の立場として、体が心配です。

昨晩の夜中、NHK Eテレの「オイコノミア」も頑張って見ました。
この歳で追っ掛けは大変!
もう、くたくた!疲れてます 008.gif






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-31 11:51 | 本の紹介

#242 別冊太陽 本の美

別冊太陽 本の美 日本のこころ
平凡社 53


a0111166_21383427.jpg

別冊太陽には いい本が沢山あります!

a0111166_21392368.jpg

これもその一冊「本の美」!

a0111166_2139472.jpg

装丁美の世界です。

a0111166_2140978.jpg

芸術品の本です!

a0111166_21404419.jpg

ブックバインディングの作家が紹介されています。

a0111166_2141485.jpg

栃折久美子さんと、

a0111166_21423226.jpg

ティニ・ミウラさんです。

a0111166_21425889.jpg

今や、本もデジタルの時代ですが、
だからこそ今、こんな素敵な本を遺したいものです034.gif

a0111166_21431913.jpg






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-30 22:00 | 一日一冊

和綴じ 習いました。

7月27日(火)にお休みをいただいて、
前々から習いたかった
製本の講座に参加して来ました。

「ブックバインディング」~手製本入門の講座です!

a0111166_1445174.jpg


東京や京都、大阪、芦屋に講座があるのは知っていましたが、
まさかの神戸で受講できるとは、、、
感激です001.gif
早速、参加させてもらってきました。

初トライは、和綴じです。

a0111166_19215674.jpg


美濃紙の中本(あかほん・黒本・黄表紙)で、
四つ目綴じ・康煕綴じ・麻の葉綴じが選べて、
私はあつかましく、大好きな「麻の葉綴じ」です。

表紙がみは 印伝(鹿皮に漆で模様を付けた伝統工芸品)
をチョイス!

a0111166_14175358.jpg

遊び紙も角紙も黄色なので、綴じ糸も黄色にしてみました。

ちょっと、こだわりすぎでしたか?!


a0111166_14173422.jpg

おぼつかない手つきでしたが、
先生や 熟練した先輩方のアドバイスで 何とか仕上がりました!

如何ですか?

私としては大満足ですが・・・053.gif



と言うことで、今後は製本講座のため、
毎月、第4火曜日も定休日
とさせていただきます。

あしからずご了承下さいませ040.gif040.gif







040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-30 14:28 | こんなことがありました

#241 手製本を楽しむ

手製本を楽しむ
栃折久美子
大月書店


a0111166_8311957.jpg

栃折久美子さんの貴重な製本の本です。

a0111166_831459.jpg

わかりやすくて丁寧に描かれています。

a0111166_8303082.jpg

まさしく「手製本を楽しむ」ための必読書です053.gif

a0111166_13391131.jpg

装丁がうつくしいです。

a0111166_13392963.jpg





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-29 23:26 | 一日一冊

秀樹さんが亡くなられました♪

かねてよりより闘病中だった

松森秀樹さんが7月27日に亡くなられました。

我らが誇るギターリスト
クラシックからロック、フォーク、映画音楽まで、
気軽に何でも弾いてくださいました。

a0111166_22544224.jpg

       されど・・・in ツリーハウスのオープニング
          にも駆けつけていただきました。


どんな初歩的なことを聞いても
優しく丁寧に教えて下さいました。

a0111166_2254044.jpg


島田部長とふたりで ギター倶楽部を支えてくだいました。
あの優しい笑顔と 優しい演奏にもう会えないなんて
信じられません007.gif


辛いです!残念です!

秀樹さん、
長い間お世話になり、ありがとうございました。

ゆっくりお休み下さい。合掌





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-29 20:10 | お知らせ

#240 自分で仕立てる本

自分で仕立てる本 手づくりの暮らし
文化出版局編集部編
文化編集部発行



a0111166_721387.jpg


製本関係のコレクション本です!
a0111166_7223065.jpg


基本の基本、
本各所の名前も、
a0111166_7232375.jpg


和本や
a0111166_724449.jpg


本日の講座テーマ
「和綴じ」もこんなに丁寧に載っています。

a0111166_72429100.jpg


これを見ながら、しっかり復習が出来そうです037.gif






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-28 23:17 | 一日一冊

#239 太陽 本の宇宙誌

太陽 THE SUN 6 1989 no.334 [特集]本の宇宙誌 ウィリアム・モリスの本
㈱平凡社


a0111166_10373851.jpg

新聞小説「リーチ先生」にも度々出てきた
ウィリアム・モリスの名前、
製本の世界にもありました053.gif

a0111166_10383049.jpg

本というより芸術品です!

a0111166_10381566.jpg

ただただうっとり、

a0111166_10401386.jpg

こんな本の森に埋もれてみたいです。

a0111166_10403045.jpg

明日はいよいよ 念願の
製本手始め!!

a0111166_10404829.jpg

楽しみです037.gif

a0111166_104111100.jpg






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-27 22:32 | 一日一冊

#238 ジャズ小説

ジャズ小説  
筒井康隆
文春文庫


a0111166_11382641.jpg

ずいぶん前から
「筒井康隆、いいよ」
って言われてて、何冊か集めていたのですが、
読んでいませんでした。

a0111166_113848100.jpg

「時をかける少女」の筒井康隆!
時々、着物でテレビに出てくるおじなどさん!
というイメージしか持っていませんでした。


Jazzを知っているものは より深いにやにやが得られる に違いない。 「Jazz=おしゃれ音楽」ではないことを知っている「正しいJazz 関係者」のための小説だと思う。
                  HP Jazzの部屋より

Jazzを知っている人の語りって、
オシャレで気がきいていますね053.gif

ショートショートの作品の中に、
Jazzのエッセンスとオシャレなフレーズが入っていて、
終わり方が絶妙019.gif

こんな大人な本、探してました。

遅まきながら ようやく今、
筒井康隆とJazzにはまりそうです060.gif

a0111166_10442476.jpg






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-07-26 22:58 | 一日一冊

月・火曜連休です!

誠に勝手ながら、
今週 27日(月)・28日(火)は
連休とさせていただきます。


a0111166_18501132.jpg



暑い日が続きます。
しっかり水分補給をして、お元気にお過ごし下さい。

水曜日よりのご来店、
お待ちしております040.gif040.gif





*
by bookcafe-saredo | 2015-07-26 17:25 | お知らせ