2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★蚊帳文庫 神戸
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 08月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

<   2015年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

#121 小磯良平回顧展

神戸市立小磯記念美術館開館10周年 
読売新聞大阪発刊50周年
小磯良平回顧展
編集・発行 神戸市立小磯記念美術館
読売新聞大阪本社


a0111166_737504.jpg

大好きな小磯良平さんの回顧展図録です。

a0111166_7381831.jpg

一番好きな作品は「斉唱」です。

2002年に
神戸市立小磯記念美術館が
ポートアイランドに出来、
始めて訪ねた時の感動が 今も思い出されます。

a0111166_7384514.jpg

特に、生前の使いっぱなしのままで移築されている、
アトリエに ときめきます053.gif

これは開館10周年の時の図録です。






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-31 22:46 | 一日一冊

#120 二十歳のエチュード

二十歳のエチュード
原口統三
角川文庫


a0111166_7392648.jpg


またしても 難しい本を手にしてしまいました。
「二十歳のエチュード」です!

一高3回生の10月、
原口統三(とうぞう)は湘南の海で入水自殺をします。

友に
「自己の思想を表現してみることは、所詮弁解にすぎない。」
のことばと 3冊のノートを遺して・・・

解読できても できなくても、
読んでみるのが、
われわれの青春時代の読書のあり方でした。

20歳になるときには この本と
高野悦子さんの「二十歳の原点」が必須でした!







040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-30 07:38 | 一日一冊

あと少し!!

a0111166_1232112.jpg

地味~に テントが張れました!

a0111166_1203326.jpg

黒のペンキでトリミングしてみました!

a0111166_20311593.jpg



いよいよ、もう少しです003.gif




040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-30 06:16 | こんなことがありました

#119 川の三部作

泥の河 蛍川 道頓堀川
宮本輝
ちくま文庫

a0111166_22395969.jpg

一時、輝さんに はまり
大好きな「錦繍」を始め、
「ドナウの旅人」や「青が散る」「優駿」「花の降る午後」等々、
貪るように読んだ時期がありました。

そしてその頃、
大阪難波の近鉄百貨店のサイン会に
出かけて行ったことが思い出されます。

a0111166_2240161.jpg

泥の河 蛍川 道頓堀川
ドロドロとした、底辺の人間世界を描いた
この三部作中の「泥の河」がデビュー作。

太宰賞・芥川賞や吉川英二・司馬遼などの、
名だたる賞を総なめにし、
ザッツ 純文学!
って、感じでした。

最近、神戸新聞朝刊に
「草花たちの静かな誓い」
の 掲載が始まりました。

久しぶりに いま
宮本輝さんの世界に浸っています053.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-29 22:20 | 一日一冊

#118 コレステロール高めの人が読む本

健康診断で
コレステロール値高めの人が読む本

昭和大学医学部第一内科教授 平野勉
幻冬舎


a0111166_5572384.jpg

立派な隠れ肥満な私の
これもまた 座右の書です037.gif

食生活の乱れと運動不足による肥満、
ストレスによる血糖値の上昇が原因の中性脂肪 、
男性は40歳代、女性なら更年期の加齢。

食事を変えて正常値に戻す!
「量」と「バランス」でコレステロール値 は改善
大豆 はコレステロールを下げる成分を豊富に含 んでいる
青魚 に多く含まれるDHAやEPAがコレステロー ル値の上昇を抑える

健康に暮らすための ちょっとした意識の問題です070.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-29 05:51 | 一日一冊

#117 いのちの初夜

いのちの初夜
北条民生
角川文庫

a0111166_0311558.jpg


「わたしが棄てた女」を引っ張り出したら、
どうしても「いのちの初夜」を語らなければなりません!

北條は1914年生まれ。
19歳のときにハンセン病を病み、東京の療養所に入院 した。
「いのちの初夜」は、自ら
「生涯忘れることのできない恐ろしい記憶」
と記す、入院初日を描いた作。
川端康成の支援を得て同題の短編集が公刊され、
ベスト セラーとなった。 腸結核のため37年23歳で死去。
 (ノンフィクション作家、高山文彦の朝日新 聞'99.9.17の記事から)

当時はまだ不治の病だった、ハンセン病の隔離病棟内での
想像を絶する,死を越えた闘病患者の日常や出来事、
会話に涙し、悲しいを通り越して、ただ辛く、苦しかったです。
その深い本文の中から、一部紹介したいと思います。

俺たちは死ぬ前にすでに息を引き取ってるんだ。
体が腐 るんだからな

壮健は人間が人間の形態、人間の形式の上で生きられるんだ。
俺たちは死ぬまでに、すでに人間をやめなきゃあならん のだ

まだ47、8歳くらいの、一言でいえば首と胴体だけしかない
Y氏が驚くべきことに、 こういう姿になりながら
彼は実に明るい気持ちを持って いる。

出来るだけ迷惑をかけないように我慢し、
「ありがとう さん」の礼をのべ、 俳句などを読んで聴かせると、
時にはびっくりするくら い正しい批評をしてみせる。

現実というものの最悪の場合のみにぶつかってきた
ひとりの人間が、 必死になっていのちを守り続けている姿である。

これを貴いと見るも、浅猿ましいと見るも、それは人々 の勝手だ。
しかしいのちを守って戦い続ける人間が生きているという
現実だけは、 誰が何をいおうと断じて動かし難いのである。

普段忘れている壮健のありがたさに感謝し、
大切に生きなければ! と、改めて思い知らされ
生きる勇気をもらった一冊で した。

     (2010年1月19日のされど・・・ブログより)

ハンセン病を生きなければならないのです007.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-27 23:05 | 一日一冊

#116 わたしが棄てた女  

わたしが棄てた女
遠藤周作
講談社文庫

a0111166_6165795.jpg


今や伝説の人、狐狸庵先生
ダバダ~ 060.gif
のコーヒーCMであまりにも有名です。

作家先生がテレビCMに出演!
当時はとても センセイショナルでした001.gif

まだ高校生だった頃、
敬虔なクリスチャンだった狐狸庵先生の
この 「私が棄てた女 」に出逢いショックを受けました。

ハンセン病患者というだけで、親類縁者からも離れ、
病院に隔離されなければならない。
そんな現実を知ったのもこの本でした。

「苦しいのは……誰からももう愛されぬことに
耐えることなのよ」
とハンセン病患者の一人が言っています。

愛されることの少なかった 主人公ミツは
初めて好きになった人に
裏切られ、ボロギレのように棄てられ
悲しみのどん底に追いやられます。

病院に入ることで、
みんなから愛されることになり、
そこでミツは幸福だったのでは、という気がします。

ミツのけなげさがあまりにも悲しいです007.gif


現代医学でハンセン病(ライ病)は治る病気で
隔離されることもありませんが、
北条民生の「命の初夜」と共に
若い人に 一度は読んでもらいたい一冊です。






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-26 19:29 | 一日一冊

#115 本屋さんの仕事

本屋さんの仕事
太陽レクチャー・ブック 005
平凡社

a0111166_6212579.jpg

人気の書店は、どのように誕生し、お客さんの支持を集めているのか。
独自のノウハウ、哲学を徹底的に語った「本屋さんの仕事」講座。
ビジネスを成功させる秘訣、仕事と人生を楽しむヒントが見つかります。

2005年 
すでにこんな本が出ていたんです!

a0111166_6215344.jpg


代官山の hacknet
10年あまり前、初めて東京で書店巡りをしたとき、
訪れたショップです。
スタイリッシュでおしゃれで、
目から鱗でした。
本を高さ順に ウェーブのように並べた書棚は、
衝撃でした016.gif

a0111166_6221543.jpg


当時代官山のマンションの1階にあったユトレヒト
あまりにもフツーのマンション一室だったので
おのぼりさんの私には なかなか見つけられず、
ようやく辿り着いたと思ったら、
定休日だったのを 思い出します007.gif

a0111166_624030.jpg


恵文社一乗寺店
あの頃から、本好きの誰もが掲げる
好きな書店ナンバーワンです!

されど・・・を開店したのち、
常連さんと一緒に
糺の森古本市・ガケ書房を一日でまわりました!

強行スケジュールの中、
初めて食べた つけ麺が美味しかったです011.gif

そんな私が 古本の世界に手を染めることになるとは・・・
つけ麺だけに「つゆ知らず」038.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-25 22:39 | 一日一冊

はな金の夜にブックトーク!

次回ブックトークは、今週末
3月27日(金) Pm7:00~Pm9:00
金曜日の夜にQquite Holidayで
開催されます。

今まで出来なかった「本好きの夜会」です!

詳細はQuiet Holiday の Facebookで
是非、一度覗いてみてください003.gif




040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-25 07:23 | お知らせ

#114 表紙とカバー

world Paperback Desigh
表紙とカバー
著者 江口宏志
発行元 ピエ・ブックス

a0111166_625252.jpg


ユトレヒト江口宏志さんの本です!
ペーパーバッグのブルーナとの出逢い、よくわかりました。

見ているだけで幸せです053.gif

a0111166_651542.jpg

ペーパーバッグとは?!
1935年にイギリスで創刊された
「ペンギンブックス」が元祖だと言われている。

1840年初頭のニューヨークで
週間文芸新聞の連載小説をまとめて読みたいという、
読者のリウエストに応えて、1冊にまとめた廉価版冊子。

販売は新聞卸売店・通信販売に限られ、
新聞の郵便割引適用の為、
新聞と同一サイズで、表紙はなかった。
                   (本書より)

a0111166_65344.jpg

そう言えば、新聞紙のような紙と重量感ですよね!
どうしてペーパーバッグって呼ぶのか、
不思議でした。

すっきり~037.gif

a0111166_655431.jpg

一日一冊、手にすることで
毎回、知らなかった出逢いがあります。

a0111166_643356.jpg


新鮮です003.gif
これからも ぼちぼち続けたいと思います。






040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-03-24 21:50 | 一日一冊