2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
10月のお休み
1(日)・2(月)・9(月)・4(土)・15(日)・23(月)・24(火)・30(月)


気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★蚊帳文庫 神戸
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★児玉久美子菓子製作 高砂 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 10月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:本の紹介( 249 )

“シンプルライフ シンドローム ”

a0111166_07523722.jpg

荒木スミシ
ノンカフェ ブック

a0111166_23154602.jpg


Rさんがスミシさんの
“シンプルライフ シンドローム ”を借りにこられました。
な なんとRさん、スミシさんと飲み友達なんだそうです。
絶妙のタイミングだったので、私も読んでみることにしました。

a0111166_23155321.jpg


今回 私が手にしたのは

“今日の悲しみはおしまい。とポリー・マグーは言った。”
返品になった本の再生紙で作った
自費出版、全1000ページ程の555冊限定本です。

“ 荒木スミシ選択集” となっているからには
他にもオススメ作品が3編、入っています。

a0111166_23160011.jpg


“シンプルライフ シンドローム ”は、神戸の小学生連続殺人事件の犯人が読んでいたことで話題を呼び、阪神間でベストセラーとなった作品です。

単行本がなかったので、この分厚い本で読みましたが、MUJIプロデュースのような分厚い本はとってもかっこいいのですが、実はとても読みにくかったです。
実質は280ページ程なんですが•••。

a0111166_07302388.jpg


三つのストーリーが交互に展開されます。
村上春樹のように、
好きな音楽が流れ、パスタを食べます。
コーヒーを飲み、本を読みます。

透明でシンプルな生活を送ります。
ちょっとグレーで危険な香りがします。

春樹と世界観が同じです。

ヤマトヤシキの紀伊國屋書店に、
加古川市在住の作家 ということで、
スミシさんのコーナーがあったらしいのですが、今はいかがなものでしょうか?!

加古川在住の“ 荒木スミシ”さんのご活躍に期待し、応援したいと思います。









📓📕📚

by bookcafe-saredo | 2017-04-07 21:51 | 本の紹介

こんな本も入荷シテイマス!

a0111166_08003175.jpg

金 美玲さんの “82歳明日は今日より幸せ

“私小説 ”水村美苗さんの “日本語が亡びるとき ”や、
新書が若干あります。


a0111166_08003733.jpg




定番の“ティファニー のテーブルマナー"ですが、
残念ながら カバーが ティファニーブルーではなく白です( ・ᴗ・̥̥̥ )

“discover Japan ” のワクワクする本特集etc.
もちよっと気になりますよね?!

よろしかったらどうぞ (o^-^)b♪








📕

by bookcafe-saredo | 2017-04-05 07:53 | 本の紹介

“しんせかい ” 入荷しました!

a0111166_08205463.jpg


芥川賞受賞作、山下澄人さんの“ しんせかい”
買いました。
神戸市出身という事で受賞時から、ちょっと気になっていました。

a0111166_08210288.jpg


“書店員が 本当に売りたかった本”
いつか私も、されど・・・にある本の一冊一冊に丁寧なポップを付けたいと思っています。


“ 手で作る本 ”は題名通り、
山崎 曜さんの手製本の分かりやすい本です。


気になる本や読みたい本が一冊ずつ増えていくのが
ちょっぴり嬉しい今日この頃です ^^







📓📕📚


by bookcafe-saredo | 2017-04-04 23:02 | 本の紹介

“金沢金魚館 ”シュガードーナツと少女歌劇

a0111166_18033977.jpg


金沢金魚館“シュガードーナツ と少女歌劇”
みゆ
集英社オレンジ文庫

a0111166_23005068.jpg


“金沢金魚館 ”の 第2作目です!

裏表紙の文章がすべて!
あまりにも美しく素敵に書かれています。

金沢のしっとり古い街並みや名物に絡め、
ほっこりストーリーが展開します。
金沢好きにはたまりませんね!

a0111166_23281554.jpg


イケメン主人公 薄荷くんが成長していました。
オーディションを受けた薄荷くん、いよいよ声優の夢に向け動き出すのでしょうか?!
そして、まさかの双子?!
しかも、入れ替わっていてもわからないぐらい似てる?!

a0111166_23282103.jpg


間違いなく何やら事件の予感。
金魚館のオーナーの大人な存在感がいいです。
九谷焼の職人さんが出てきて、これぞ金沢034.gif







📖📕







by bookcafe-saredo | 2017-03-22 23:01 | 本の紹介

“ 夜を乗り越える ”

a0111166_06522376.jpg


夜を乗り越える
又吉直樹
よしもと新書 小学館

a0111166_12031582.jpg


はしがき より
「なぜ本を読むのか?」と聞かれたら「おもしろいから」 と答えるのが、自分にとってはもっともしっくりきます。


お笑い芸人・芥川賞作家、又吉直樹
年齢的には長女と同い年なので、親子です。
そんな彼の読む本が、私の読書体験と重なります。ちょっと驚き、嬉しいです。

a0111166_12032270.jpg

初版限定のカバー、ちょっとカッコいいです037.gif


本文P.37より
武者小路実篤の「友情」をよ読んだ時は続きが気になりすぎて、帰宅途中、駐輪場の灯で最後まで読み続けました。

いい本は、不滅なんですね053.gif

読み易いくて、分かり易いエッセイでした。
本の紹介は勿論のこと、
彼の文章の綴り方や原点にまで触れています。

“ 火花 ” はどうして生まれたか?!
これからもお笑い芸人と作家を続けるのか?!等々、
又吉直樹の頭の中が知れ、唯の本好きでない事を思い知らされた一冊でした。

a0111166_07053834.jpg


文章を縮める。
難しい本や小さな活字が 「おお、読めるぞ。」と興奮した話。
いつ読んでも違う味がする!再読の面白さ。

当たり前ですが、文章を良く勉強されています。
書き手目線で的確に纏めてあり、
書き手になったり、読み手になったり
まるごと又吉直樹が、包み隠さず描かれてあります。

母親目線で、
「そこまでバラさんでも!!」
と、ハラハラしてしまいます。
そこが 愚直なまでに真摯に自分と向き合う
又吉直樹の魅力なのでしょうが・・・。


“ 東京百景” には、
百冊の本の紹介と百の物語が描かれていました。
あの本を読んだ時、
又吉直樹の小説を読みたいと思いました。
どの風景にも物語があり、人間又吉直樹の真実があります。
あの時代がある以上、
百冊の小説を書くことも不可能ではないはずです。

これからも、作家 又吉直樹に目がはなせません034.gif






📓📕📚





by bookcafe-saredo | 2017-03-15 05:43 | 本の紹介

荒木スミシ さんの本あります!

a0111166_19132575.jpg

先日ご来店下さった“荒木スミシ ”さん、みなさんはご存じでしょうか?!
たくさんの本を出されている作家さんです。
その加古川出身、加古川在住の “荒木スミシ ”さんの本が ちょっと揃いました。

以前は確か3~4冊あったのですが、残念ながら今はありませんでした。
そこで、とり急ぎ入手しやすいのから3冊購入したのですが、スミシさんの知人のKくんが
貴重な限定5500冊の “ 再生本 ”をはじめ 計4冊、持ってきてくださいました。


a0111166_19133217.jpg
加古川出身の作家さんは、森 はなさん や玉岡かおるさんだけではありません。
まずはしっかり読んで、皆さんにも知ってもらわなくてはなりません。034.gif

よろしかったら、あなたもいかがですか040.gif







📖📕

by bookcafe-saredo | 2017-03-11 22:26 | 本の紹介

又吉直樹 “劇場

a0111166_19395779.jpg



新潮 2017.4
劇場
又吉直樹
編集兼発行者 矢野 優
株式会社 新潮社

a0111166_19401403.jpg



又吉直樹の第二作、“ 劇場” 読みました034.gif


a0111166_19402446.jpg


これが又吉直樹の恋愛小説なのか?!

そう言えば、全盛期の大黒摩季が

“ 恋愛ってもうっと
楽しいものと思ってた”

と 歌っていました。

a0111166_19402874.jpg



本書目次より
上京して演劇を志す永田と恋人の紗稀。未来の見えないまま、嘘のない心で結ばれた二人の生を圧倒的な純度で描くデビュー第二作!


あまりにもリアルな
東京暮らしの若者の日常が新鮮でした。

しっかり選んだ言葉で、じれったいぐらい何気ない二人が描かれ、最後にちょっぴり胸キュンが用意されていました。
キラキラの結末でないのが 彼らしいのでしょうか?!

サクッと読めて、じんわり又吉ワールド、
よろしかったら読んでみてください040.gif



a0111166_07150936.jpg


PS.
NHKスペシャル
“ 又吉直樹 第二作への苦闘” 見ました。

いい番組でした。
よく撮れられていました。
“ オイコノミア”で5年間お付き合いのあるディレクターだから、作れた番組なのでしょう。
又吉直樹のことを “ 恐ろしいほど確固たる自分をもっている人”
と表現されていました。

新潮の編集長、矢野さんは又吉君に締切を決めずに、100年後に残る文章を書くように言われていました。なんだかいいですね053.gif


なるほど・・・

睡眠時間と魂を削っても、なおこだわり執筆する姿に、誰もが応援したくなるのかも知れません。感動です。
芸人と作家、どちらも手を抜かず自分を表現しようする又吉直樹。どこまでいくのか、母親目線でちょっと心配です。

今回の“ NHKスペシャル”
“ 劇場” の世界感そのままです。
読み終えた瞬間、
映画“劇場”が頭の中に出来上がっていました。

かっこいい永久保存版の“ NHKスペシャル” たまにありますよね053.gif
又吉くんの次作に、
更なる高みの“ NHKスペシャル” に
いやがおうにも期待が高まりました。






📖📕
by bookcafe-saredo | 2017-03-11 07:46 | 本の紹介

入荷しました!

a0111166_22291028.jpg
毎日を丁寧に生きたいあなたに
こんな本たち はいかがですか?!
さっくり読めて、為になるかも ?です034.gif

Oct ” は先日の “ エクリ メディウム展”の際、
購入した同人誌です。
詩の世界に興味のある方 必見です。

よろしかったら、ご覧下さい040.gif







📖📕
by bookcafe-saredo | 2017-03-07 22:25 | 本の紹介

“羊と鋼の森 ”

a0111166_08053392.jpg
羊と鋼の森
宮下奈都
文藝春秋

a0111166_08053965.jpg
史上初!堂々の三冠授賞
2016年 本屋大賞
キノベス!2016第1位
2015年 ブランチブックアワード大賞

全国書店員が選んだいちばん売りたい本

a0111166_08054317.jpg
ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として成長する姿を暖かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説!

帯に かくありましたが、恥ずかしながら私、この本を手にするまで
“ キノベス” って何?!
“ ブランチブックアワード”って何なんですか?!
の世界でした008.gif

渦中にある時、読みそびれていた本でしたが、最近も頻繁に良い評判を耳にし読もうと思っていたところに、
Kさんが持ってきてくださいました。 感激です!


一瞬にして、
静かで穏やかな文章に引き込まれました。
a0111166_08172687.jpg

本文より
秋野さんは言った。
もちろん、言葉で調律のすべてを書き表すことなどできない。百分の一も、千分の一もできない。わかっているから言葉には頼らない。だけど、調律の技術を言葉に換える作業は、流れていってしまう音楽をつなぎとめておくことだ。自分の身につけようとしている技術を、虫ピンで体にひとつひとつ刺していくことだと思う。


凄くないですか?!
わが家のポンコツピアノを何度も調理してもらった経験はあるのに、あんな風に思ったことなかったです。
そう言えば、調律師さんの無駄の無い美しい動きが、音を甦らせることに目を見張った覚えはありましたが・・・。
さすが、捉えどころが違いますねぇ034.gif


本文より
そのままの音を、
運び、走らせ、飛ばせばいい、──頭の中でイメージする。ぼんやりしていた言葉が、形になる。照らす。高く上げて、照らし出せばいい。



“ 静謐” と言う日本語 ぴったりです。
とてもいいです。
きちんと音と向き合う姿に感動しました。
あんなにも打ち込める何かと出会える人生って素敵ですね。
眩しかったです053.gif
出てくる人物一人ひとりが優しく描かれいました。


留まる事なく一気に読め、久々に 清々しい読後感を覚えた一冊 でした。





📕✨
by bookcafe-saredo | 2017-02-28 06:32 | 本の紹介

今週は月・火連休です!

28日は第4火曜日でお休みなので、
27日 (月)・28日(火)は 連休となります。

a0111166_22420953.jpg

少し前の“ 霧に煙る高御位山”です。

悪しからずお気をつけください。
ではまた、
水曜日にお待ちしております040.gif040.gif





📕✨
by bookcafe-saredo | 2017-02-26 22:29 | 本の紹介