2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)
お休み

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜
12月のお休み

3(日)・4(月)・11(月)・17(日)・18(月)・25(月)年末年始休業 12/29(金)~1/4(木)

気になる出版社
★クラフトエヴィング商会★歴史民俗誌サーラ★夏葉社★ミシマ社
本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路★蚊帳文庫 神戸★Quiet Holiday 姫路★ギャラリー工房そら?★子供の本・ジオジオ?★janjan-market?★書肆 風羅堂 閉店 ★トキシラズ 相生★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路★本と。★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林★ウラン堂 苦楽園★エメラルドブックス★口笛文庫★CORENOZ★書庫バー ★書肆スイートヒア・アフター 閉店 ★segodon★1003★トンカ書店★バーンシェルフ 三田★ハニカムブックス★ポレポレ書舗★マルダイ書店★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling ★代官山蔦屋書店★phosphorescence ★森の図書室
番外編
★麦小屋 北軽井沢NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ

★アンコムチュア★El・Liston★おかげさま★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA★お米ギャラリー大手前 姫路★Otogi cafe 神戸★KAゑMON★カフェ&バー アンセム 神戸★Cafe GEEEKカフェ&ギャラリーSA・RA★Caffe nero 姫路★comecome 芦屋★カフェロッシ パルチザン★ガレリア アーツ&ティ たつの★北の椅子と 神戸★ギャラリー&カフェBASS★ギャラリーキッサ三知★Coffee LABO FLANK 神戸★コンコンブル★シダーブックブラザーズ★じょっぴんや★スカーレットの小鳥 閉店 ★慈雨 ★slow cafe toco-toco★空箱 ★dining cafe SECIL★チャッツワース★ダイニングカフェ霑 姫路★鶴池レンガ館★Toukokuu-cafe★n.b.cafe 姫路★ニムカフェ 神戸★パーランド 姫路★バークリー 姫路★ファーマーズキッチン・イヌイット★花そば料理・ゆう 姫路★はま茶★Frogman's Cafe 閉店 ★ビアンコネロ  神戸★眉月★BECAUSE 移転★HOLT COFFEE AND TREATS ★MY ROOM★マクロビオティク ことこと 閉店★まどいせん★ままや 姫路★有機茶房ごえん★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ ★ロージーカフェ ★ドイツワイン ローテローゼ 神戸★りんごの木 福崎★yukashi 姫路 閉店
パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 ★カリカリちゃん 姫路 ★キッチン工房パンダ ★児玉久美子菓子製作 高砂 
雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路★itsumo 宍粟★オルタンシア★ハクトヤ 篠山★フウカ 花+器  姫路★pen and messaji 神戸★moi★ろくやおん★帽子屋LOTUS 姫路
ギャラリー
★ギャラリー集★陶工房希器★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館★歓創居★ギャラリーとーく★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店
その他
★居空間rococo ★遊びの空間 楓★カフェ エクリ★ガハハゲストハウス★観音工房★コワーキングスペースmocco★刺し子・裂き織 白井克明★高御位神宮★谷間の家 さんきら★篆刻・彫々葉★東播Jazz倶楽部★されど・・・salut 閉店★読読★自宅ネイルサロンなおなお
動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo★ね~さんず
憧れのお店
★ショーゾーcafe★森彦
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:本の紹介( 257 )

ランチのアッコちゃん

a0111166_06571602.jpg


ランチのアッコちゃん
柚木麻子
双葉社

a0111166_06572316.jpg



2014年本屋大賞ノミネート作品です。

“森の図書室”へ行った時
“ランチのアッコちゃんの東京ポトフ”
を食べたのを機に、読んでみることにしました。

a0111166_14311875.jpg


森の図書室の東京ポトフです。
確かに心にしみるほっとするお味でした。

思いっきり人参が大きかったです。
インパクトが強烈で、思わず唸ってしまいました。


a0111166_06573038.jpg






saredo
by bookcafe-saredo | 2017-06-30 14:21 | 本の紹介

“味の形”


a0111166_10392456.jpg


味の形
迫川尚子インタビュー
食と人 fetment Vol.1
fetment books

a0111166_10393260.jpg


東京に行く前、Fさんが
さりげなく下さいました。

a0111166_07501962.jpg


帯より
常識で補正しない人
迫川副店長に聞いた
味の形と、食の自由。
6万字インタビュー。

a0111166_07102605.jpg


新宿ベルク副店長 迫川尚子氏のインタビュー本です。
東京行きの新幹線の中で読みました。
ギリギリセーフでした。
a0111166_07594559.jpg


はじめに より
一日の総乗降客数が300万人を越える新宿駅
その東口改札から徒歩30秒の場所にある「ビア&カフェ ベルク」。
十五坪の狭い店内はいつも混んでいて、場所柄か雑多な客層が立席カウンターで肩を触れ合わせている。

高品質なファスト•フード。そう呼んでわかった気になるには、店のすべてがあまりにも独特。似た店は、まったく思いつかない。


a0111166_07103555.jpg


否が応にも期待が高まります。

中略

副店長は、味を、形として記憶できるのだそうだ。
食には著作権がない。だからこそ文化本来の姿をとどめている。そう主張する副店長は、味覚に形を見ている。そのことに、何かとても腑に落ちるものを感じた。

彼女はマクドナルドのハンバーガーの味の形を
「綺麗な四角の枠の中におさまって、バランスよく全体が輪になっているような感じ。」

さすがによくできているけれど、彼女にとっては決していいことではなく、
美しい風景を見てきれいと感じる「きれい」ではないといいます。
「整理整頓されたような、居心地の悪い・・・。
ウソっぽいきれいさ」 とも。

a0111166_07502764.jpg


行く前に読めてよかったです。

a0111166_07503711.jpg


“フィンガードッグ”や“大麦と牛肉の野菜スープ”を
食べれて良かったです。


目からウロコです!

居心地が良いのは空間だけじゃあなかったのですね。
ウソっぽい味はアウト!
わかり易いです。

これからは私も
“心地よいファスト•フード”
を目ざしたいと思います。

a0111166_08022014.jpg




by bookcafe-saredo | 2017-06-28 23:30 | 本の紹介

MUJI BOOKS “柳 宗悦”

a0111166_20313669.jpg

MUJIBOOKS 人と物 1
柳 宗悦
MUJI無印良品

a0111166_20314489.jpg

無印良品からこんな本が出ていました。

“日本民藝館” に行ったその日に
神楽坂の“かもめブックス” で見つけました。

a0111166_07200982.jpg
“MUJI”らしい シンプルな装丁です。
民芸品を買う時に、
ちょっと“柳 宗悦”を、
“民藝運動”を知る
キッカケになる一冊です。
a0111166_07201560.jpg

本文より
“民藝品というのは民衆の手で民衆の為に作られる実用品を意味します
見られるためよりも用いられるために作られる品を指します”
a0111166_07202774.jpg
今、ワンコインでこれを作ってしまう。
無印良品って、素晴らしいです!!
a0111166_07203464.jpg
MUJIに劣らない、“かもめブックス”の
シンプルで可愛いブックカバーとレジ袋も素敵でした162.png






saredo

by bookcafe-saredo | 2017-06-26 22:26 | 本の紹介

こんな本いただきました!

a0111166_23045249.jpg


“つるとはな” 創刊号と
“ダ・ビンチ” 「男を読む」本の特集と
“味の形” です。
a0111166_23045803.jpg


気になる本ばかりです。
中でも、新宿“ベルク”の副店長の本“味の形”が、タイムリーです。

とりあえず、さくっと読んでみますか (o^^o)








📖📕

by bookcafe-saredo | 2017-06-14 22:53 | 本の紹介

&Kyoto 本めぐり



a0111166_07231950.jpg


&PREMIUM 2015.9
マガジンハウス

に、
京都の本屋めぐりの記事が載っていました。

a0111166_07232604.jpg


まだロンドンブックスや、誠光社は載っていません ・_・̥̥̥ )

a0111166_07233673.jpg


恵文社一乗寺店長の堀部さんの文章が
載っていました。

a0111166_07234412.jpg


ひょっとして
堀部さんの“誠光社” って“京都西川誠光堂”から
きてたんですか?!



a0111166_07235219.jpg


ちなみにこちらは、10年前されど•••を始める前の、
“meet”京都書店案内地図です。

a0111166_14060722.jpg


あの頃は片っ端から、尋ね歩きました。

#IMAGE|a0111166_14061595.jpg|201706/01/66/|mid|400|300#]

今となっては懐かしいです。
今も続いているお店って、何軒ぐらいあるのでしょうか?!

a0111166_14062880.jpg


こちらには、神戸の“KORINOZU” さんと
先代の“Tree house book store”
も載っています。

“Tree house”は “Quiet Holyday”になって営業中!
神戸の“KORINOZU” さんは 変わらず今もあります。







📕✨

by bookcafe-saredo | 2017-06-05 05:37 | 本の紹介

“てぶくろ” と “THE MITTEN”

簡単な英語の絵本を集めています。

a0111166_01105222.jpg


最近みつけた“THE MITTEN” です。

a0111166_01110002.jpg


日本でも、昔から人気のある素敵な絵本です。

されど•••にある日本語訳の本と比べてみました。

a0111166_01110854.jpg


おじいさんが落としていった“てぶくろ” に、
動物たちがどんどん入っていきます。

a0111166_01111478.jpg


ネズミやカエルはともかく、きつねやオオカミやいのしし 、はたまたクマまでも!

入る訳がないのですが・・・

a0111166_01112258.jpg

a0111166_01113067.jpg


どんどん入ってしまいます。

a0111166_01113701.jpg


凄いです。

動物たちが増えるにつけて、てぶくろにはしごが出来たり、ひさしや窓が出来てきます。

不思議です。


本文より
Now there were seven.the mitten was about to burst its seames.

これで七ひきになりました。てぶくろは いまにも はじけそうです。


はてさて、いったいどうなるのでしょうか?!






📓📕📚
by bookcafe-saredo | 2017-05-28 11:30 | 本の紹介

ブックバインディングと神戸

連休3日目は、月1の神戸です。

今回のブックバインディングでは造りかけの2冊が仕上がりました。

a0111166_04390899.jpg


イタリア製の紙を使った“ケトル綴じ”と、
和の古布で仕立てた“ハガキ綴じ”です。
全然違ってて、どちらもいいです162.png

a0111166_04391810.jpg

先生のお手本たちです。
次はどれを作りましょうか?!


帰り道はお決まりの元ぶらで、
本日は洋書絵本を探しにハニカムさんに行きました。

a0111166_04392257.jpg


定番の“どろんこハリー” や “てぶくろ” の
英語版がありました。

a0111166_04393262.jpg


欠けていた“Arne”の 別冊や
スキャリーおじさんの本も見つけました。

a0111166_04394253.jpg


よろしかったらどうぞ ^^



女子力いっぱいの“ハニカムブックス” 最高!!








📕✨


by bookcafe-saredo | 2017-05-23 22:54 | 本の紹介

こんな洋書はいかが?!

a0111166_06005272.jpg


年代物の洋書が入荷しました!
どうです?!
ちょっとカッコイイでしょ!

a0111166_06010465.jpg


実はティッシュケースです(笑)







📕✨
by bookcafe-saredo | 2017-05-22 22:57 | 本の紹介

本の入荷。

a0111166_16163738.jpg


長らく貸し出していた本と一緒に
こんな本を持ってきてくださいました。

a0111166_16164552.jpg

猫好きさんにはたまらない一冊もあります。

長く飼っておられた猫ちゃんが亡くなって、
本を見るのもつらいそうです。

納得です。


“ ねえ、マリモ” 帯より
たいせつなあなたを失った
深い悲しみ、せつない思い。
ありがとうの気持ちは、ずっといっしょ。


a0111166_16165307.jpg

本文より
ねえ、みかちゃん
そんなにかなしまないで
わたしはとっても
しあわせだったから






📓📕📚


by bookcafe-saredo | 2017-05-16 16:04 | 本の紹介

“なぎさホテル ”



a0111166_21361330.jpg


なぎさホテル
伊集院 静
小学館

a0111166_21362066.jpg


幻想的で本当にあった事なのか、不思議です。

a0111166_21362580.jpg


いかにも伊集院 静 らしい自伝的随想です。
ノスタルジックな写真や装丁が素敵です162.png


a0111166_21364124.jpg


東京で挫折し、故郷に帰るに帰れず、
なにげなく立ち寄った逗子の “なぎさホテル ”。

このホテルと、一人の支配人との出逢いが
伊集院 静 のその後の人生を変えてしまいます。


a0111166_21364815.jpg


ホテル代も払えない若者が7年も同じホテルに
逗留出来るって、ありえません。


a0111166_21365726.jpg


作家デビューのきっかけや、大人の男として歩み出す背景が描かれています。


本文より
ホテルは宿泊の部屋が本館で20部屋あっただろうか、とても小さなホテルで、部屋にバスルーム、トイレがない部屋が大半だった。そのかわり共同で使うバスルームは広くて洒落ていた。

私はここでホテルが客に何を提供するのかを学んだ。
それは、ゲストの人生のひとときをいかに快適に過ごしてもらうか、という哲学である。


私はこのホテルで大人の男へのさまざまなことを学んだ。人生は哀しみとともに歩むものだが、決して悲嘆するようなことばかりではないということである。
荒らしの海を見せられても必ずいつかホテルの部屋の窓にまぶしい陽射しが差しはじめることだ

このホテルは、今でも私の夢の中に生き続けているホテルだ。







📖📕

by bookcafe-saredo | 2017-05-11 06:38 | 本の紹介