2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
9月のお休み
 3(日)・4(月)・11(月)・17(日)・18(月)・25(月)・26(火)

気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★蚊帳文庫 神戸
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 09月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:本の紹介( 240 )

もっこ堂さんの本

ご近所さんが帰られたお昼下がり、
もっこ堂のもっこさんがご来店!

a0111166_07553520.jpg

2冊の本を持ってきてくださいました。
前々から、もっこさんの本をされど···にも置きたいと お願いしていました。

a0111166_08062265.jpg
手品師の弟子
作 戸田 鳥
表紙 もっこ堂 永森木綿子
発行 翻車魚舎

a0111166_08062826.jpg

まずは、播磨町出身京都在住の戸田鳥さんの短編集で、
もっこ堂さんが表紙を描かれた文庫サイズの本です。

a0111166_07555256.jpg

表題の“手品師の弟子”の他、7冊の短編が載っています。
どれも読みやすいです。


2冊目は絵本です。

a0111166_08063530.jpg

あめあがりのもりで
ぶん・とだとり
え・ながもりゆうこ

a0111166_08064161.jpg

雨の日にお母さんから一人でおるすばんをするように言われた、
女の子のお話です。

a0111166_08064715.jpg

「雨があがっても、ひとりでお外に出てはいけませんよ」

a0111166_08065269.jpg

「エマはひとりで、 絵を書いたり本を読んだりして過ごしました。
雨はやんで 日がさしてきました。
ぬれれた木の葉がキラキラ光っています。

ちょっとだけお庭で遊ぶだけだもの


a0111166_08065859.jpg

「明るくなった空には大きな虹がかかっていました 七色の橋の片方は 家の近くまでのびているようです。

エマは門を開けて、虹へとかけて行きました。」

a0111166_06243662.jpg

さあ、大変!
エマはお母さんの言いつけを破って、虹を探して外に出ていってしまいます。
さて、どうなるのでしょうか??
ちょっぴり怖い、大人向けの絵本かも?です😃✌️






📕





by bookcafe-saredo | 2017-09-21 07:46 | 本の紹介

歓喜洞の池沢さんの本etc. 入荷しました。

a0111166_12032165.jpg


歓喜洞の池澤昭夫・洋子さんの
“野の花 三百六十五日”の単行本や
特集銀花があります。

a0111166_12032909.jpg


新書もあります。
よろしかったらどうぞ😃✌️







*






by bookcafe-saredo | 2017-09-15 20:51 | 本の紹介

芦田愛菜ちゃんイチオシの本

夏休みに入って間もない頃、
NHKテレビ“あさイチ”で芦田愛菜ちゃんが
おすすめ本を紹介されていました。
a0111166_17364540.jpg
               ホームページの画像です。


芦田愛菜さんが選ぶ “夏休みにぴったり” な本  

・「初めてのキャンプ」/林明子/福音館書店

・「風が強く吹いている」/三浦しをん/新潮社

・「よろこびの歌」「終わらない歌」/宮下奈都/実業之日本社

・「きよしこ」/重松清/新潮社

誰が薦めたのかわかりませんが、
「初めてのキャンプ」のような定番の子供らしい本や、
いまをときめく大人向けの三浦しをんさんや宮下奈都さんの作品や、
学生生活を描いたテッパンの重松清さんの「きよしこ」等の選書、
素晴らしいです。
孫世代の愛菜ちゃんに感服です。
パワーをいただきました。

私も 今や65歳!
それがどうした 65歳
されど 65歳
だってだっての 65歳
65歳、しっかり今を生きます。
a0111166_11232366.jpg
愛読書は
“されどわれらが日々” と
“だってだってのおばあさん”
です😃✌️

今の愛菜ちゃんの幸せは“思いっきり本を読むこと”なんだそうです。
私も一緒!ちょっと嬉しいです💕

ネットにこんなことが書いてありました。
誰でも与えられている時間は1日24時間です。この限られた時間の中で多才を発揮するには、
人一倍、興味・好奇心と行動力が旺盛でなくてはならないでしょう。
人知れず努力の出来る人なんでしょう。

この春、中学一年生になった愛菜ちゃん、毎日学校に通学することが難しい現代に学校は勿論、
女優業も立派にこなし、趣味の読書を年間200冊もこなしてしまうスーパー中学生です。
この夏休み、クイズ番組やトークショーで素の部分を露出することの多かった愛菜ちゃん。
中学生と思えない位、はっきり自分の言葉を持っていて立派でした。
中学受験をクリアした確かな学力と、好きで身に付けた読書力が、大人顔負けの存在感を醸し出していました。
彼女こそ人知れず努力のできる人なんでしょう!

ちなみに、幼児期の彼女の読書週間は
おかあさんが図書館で借りてきてくれた一度に30冊の絵本にあったようです。
幼少期には1日2冊、月に300冊の絵本を読んでいた愛菜ちゃん。将来の夢は“研究者で女優さん” なんだそうです。
どちらも困難な道のりですが、きっと
彼女なら実現出来そうな気がしますね😆👍





*

by bookcafe-saredo | 2017-08-30 22:12 | 本の紹介

今なお “柴田 翔”

最近、
多田富雄さんの“寡黙なる巨人”を読んで
しみじみ思いました。
同じ人間に生まれながら、
偉大な人ってどこまで、偉大なんでしょう?!

レオナルド・ダ・ヴィンチのように
恐ろしく多才な人物っていますよね。
そんな人に限って、一芸にも秀でてたりするんですよね。

出来ない人は何をしても出来ないのに、出来る人って何でも出来ちゃうんですよね。
長い間 私は
“天は二物を与えず”って嘘だと思っていました。
与えられてる人って、二物も三物も与えらてるやん!なんてね。

かのアインシュタインは言っています。
“天才とは努力する凡才のこと”

出来る人ほど勉強をし、更なる知識の向上を目指して努力をされています。
私なんかは、端から諦め、努力しようとしません。これでは永遠に何も出来る訳がありません💧

人知れず努力をする人は素敵です!
気づいたときが始め時。


All roads lead to Rome.

今となったら
“すべての道はリハビリに続く”
ですが・・・😃✌️

多田富雄さんのように不自由な体になられても、10年間も前向きに生きられました。
頭の出来も、家庭環境も何もかも違いますが、
こんな私にも“努力”する自由はあるはずです。
本日、晴れて“介護保険被保険者”になりました。

“出来る”のにしないのは申し訳ないです。

思えば、
私の大好きな柴田翔さんも
29才で芥川賞を受賞されながら60才の定年退職まで、東大教授として勤めあげられました。
その後も私学で71歳まで教授生活を続け、今もなお文学賞の選考委員を務めながら、作家の道を歩んでおられます。
a0111166_07302042.jpg
今年の初め、
82才にして出された“地蔵千年、花百年”は久々の大作でした。

柴田翔 最高✨✴️✨
私の永遠の憧れです💕
そんなことを言える今は幸せです。





📕



by bookcafe-saredo | 2017-08-29 05:47 | 本の紹介

“寡黙なる巨人”多田富雄さん

a0111166_06010152.jpg


寡黙なる巨人
多田富雄
集英社

a0111166_06010811.jpg


いつもさりげなく良い本をお持ち下さるMさん。感謝です。
今回はこんな本が含まれていました。

免疫学者、東京大学名誉教授で
文筆家。能学にも造詣が深く新作能の作者でも知られる多田富雄さんの、闘病記です。

a0111166_07321257.jpg


本文 P130より
2001年の五月、旅先で脳梗塞に見舞われ、右半身の完全な運動麻痺に加えて声を失い、嚥下の障害で水さえ飲めなくなった。声が出ないから、苦しくても訴えることもできない。喉が渇いても、喉を潤すこともできない。まさに地獄のような苦しみである。

始めは嘘だと思った。冗談じゃない。しゃべれないなんて。前の日まで元気に講演して歩いて、夜になるとビールを飲み干していたのだから、この異変は信じられなかった。でもそれが現実だった。

a0111166_07230564.jpg

NHKスペシャル脳梗塞からの再生 免疫学者・多田富雄の闘い」 2005年12月4日放送で、
脳梗塞に倒れられて間のない頃の
数々の映像が残っていました。

a0111166_07230620.jpg


P116
苦しみがすでに日常のものとなっているから、黙って向き合わざるを得ないのだ。

受苦ということは魂を成長させるが、気を許すと人格まで破壊される。私はそれを本能的に免れるためにがんばっているのである。
病気という抵抗を持っていつから
、その抵抗に打ち勝ったときの幸福感には格別のものがある。私の毎日はそんな喜びと苦しみが混ざりあって、充実したものになっている。

a0111166_07200203.jpg


あとがきより
私は自分の中の「巨人」にこう語りかける。今しばらくの辛抱だ。これまでの苦痛に比べたら、なにほどのことがあろう。戦え。怒れ。のた打ち回れ。「寡黙なる巨人」は声で答えることはできないが、心に深くうなずくものがあった。
2007年5月

a0111166_14191557.jpg


2810年4月
多田富雄さん逝去












by bookcafe-saredo | 2017-08-26 23:18 | 本の紹介

こんな本、入荷しています。


a0111166_14452994.jpg

雑誌 “つるとはな”の創刊号、パンに関する雑誌。
三浦しおんの新刊 “ぐるぐる博物館”や

大佛次郎と出久根敏郎の猫が出てくる本、
京都“誠光舎”等店作り特集の “IN/SECTS”。

a0111166_17285481.jpg

お能が出てくる本に“旧グッゲンハイム邸”の本、
文庫本もあります。

a0111166_10505205.jpg

地元、神崎の難波先生の“旅の空からⅡ”や
今年1月に亡くなられた足立先生の
“ふるさとの民話史話”
昭和51年初版の加筆改定、総合版も届いています。

a0111166_10505975.jpg


よろしかったらどうぞ📚







*


by bookcafe-saredo | 2017-08-22 03:37 | 本の紹介

“なぎさホテル”

今日も、されど···のお盆休みが明けるのを待って、本の返却にきてくださいました。
a0111166_05361401.jpg

ネットより

伊院静の“なぎさホテル”です。
とても気に入っていただき、2度も3度読み返されたそうです。



いつまでも変わらぬ少年の気持ちや若さ
を保つ事をカッコいい男と呼ぶ現代。
失われつつある男の器みたいなものについて語りました。

湘南の“なぎさホテル”
一度 訪れてみたかったです💕







*

by bookcafe-saredo | 2017-08-17 23:33 | 本の紹介

お盆休み終了!

皆さま、暑いお盆をいかがお過ごしでしたか?

a0111166_00533119.jpg

角野栄子さんの本、読みました。


私は初めての地元行事参加に、
なにもわからないまま、バタバタしているうちに
お盆休みが済んでしまいました。

最終日の今日は、ゆっくり体を休めながら、
残っていた宿題に手を付けました。

庭の草取りとブログの整理です。

庭の草取りは、
ここのところのあまりの暑さに、見て見ぬふりをしていましたが、もう限界!
草で草で、地面が見えなくなっていました。
昨晩の雨がちょうどよろしく、
今朝はちょっと涼しかったので、早朝に頑張ってみました😞💦
一気にやると何時

いつかのように腰痛になっては大変なので、
2~3日かけて、ぼちぼちやります165.png165.png

ブログの整理は、作りかけのブログをアップせずに溜めてしまっていました。
あくまで自分の記録のようなものなので、
どうでもいいのでしょうが、順序だってアップしとかないと気持ちが悪いものなんです。

もし、よろしかったらお目通し下さいませ🕴️






🎸
by bookcafe-saredo | 2017-08-15 23:51 | 本の紹介

こんな本いただきました。


a0111166_05512286.jpg


金糸雀(カナリア) 読めますか?!

“花子とアン” • “とと姉ちゃん” ありましたねぇ。


a0111166_15533079.jpg


芥川賞受賞者の山田詠美さん、小川洋子さん、
今やすっかり日本文学界の重鎮です。
確か今、
芥川賞の選考委員をされていましたっけ!

気になる本がありましたら、どうぞ177.png






saredo

by bookcafe-saredo | 2017-07-29 13:43 | 本の紹介

元町夜市の戦利品たち

a0111166_15405219.jpg

キレイなエリックカールの洋書絵本があって嬉しかったです。
車が好きな僕がいるし、
パディントンも探してる人がいたっけ・・・。

a0111166_15410082.jpg


先にお買い物を済ませていたので、
これでもココロ引いても手一杯。重い!
悔しいっ(^_^;)

a0111166_15595444.jpg


ハニカムさん、蚊帳文庫さん、エメラルドブックスさん、1003さんが
仲良く4店舗並んで出店されていました。

じっくり物色したかったのですが、帰りを急いでいたので残念!
それでも4店舗全部から、少しずつ買わせていただきました。


ぼんやりかわゆい絵の本も買ったような?!
気のせいでしょうか?






by bookcafe-saredo | 2017-07-27 15:40 | 本の紹介