2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
9月のお休み
 3(日)・4(月)・11(月)・17(日)・18(月)・25(月)・26(火)

気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★蚊帳文庫 神戸
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 09月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

カテゴリ:MEMO( 15 )

“改竄”

この漢字、読めますか?

改竄
“かいざん” です。

読めませんでした。
言葉はよく使いますが、
大抵は “改ざん”と書きますよね。

しかも、
“う冠” かと思いきや “穴冠”でした。

a0111166_08004218.jpg


大辞泉のネットより
かい‐ざん【改×竄】

[名](スル)《「竄」は文字を変える意》文書などの字句を直すこと。特に、悪用するために、勝手に直すこと。「登記簿を改竄する」

スッキリ😃✌️

スマホで普通に出ました 。


読みが わかると、ここまでスマホが 書いてくれるんですね 😱☀️

すぐに忘れるのでこれからアップしますね。
これも脳トレです。

よろしかったらお付き合いください🙇






📕






by bookcafe-saredo | 2017-09-20 07:34 | MEMO

7/1は何の日?!

7月1日(土)は何の日だったか おわかりですか?

実は兵庫県の教員採用試験の日でした。
試験終わりのお客さまが偶然2組も来てくださいました。光栄です162.png

まずはお疲れさま!!
いい知らせがくるといいですね。
心からお祈りします。

大学4年生の彼と、現職臨時職員の彼女。
色んなアプローチの仕方がありますね。
“みんなちがって みんないい”

a0111166_07352005.jpg


   「 私と小鳥と鈴と 」
              金子みすゞ

   私が両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが
   飛べる小鳥は私のやうに、
   地面を速くは走れない。
   私がからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴は私のやうに
   たくさんな唄は知らないよ。
   鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。


今はそれを選べます。
いい時代です。
私の若かった頃は、選べませんでした。
それを人のせいや、時代のせいにしたくありません。
だから今、自分に出来ることを精いっぱいしようと思います。
“年寄りの冷や水”かな?! ^_^ ;


大変な就活中の彼らから パワーをいただきました。
感謝☆.。.:*・°






☆。
by bookcafe-saredo | 2017-07-02 06:41 | MEMO

杜撰?!

a0111166_16565473.jpg

満開の桜。

“杜撰”って読めますか?

“ずさん” です。
“杜撰な管理” とかよく使いますが、
あんがい 漢字では見ませんよね。

普段フツーに使っている言葉なのに、
びっくりポンでした。
漢字が読めなかったです。
そんな言葉って結構ありますよね。
気づいたら一つづつ、クリアにしていこうと思います。

そう言えば
「完璧」
という漢字も、ずいぶん長い間、「壁」と
思い込んでいました008.gif





040.gif





by bookcafe-saredo | 2016-04-06 07:18 | MEMO

サンタクロースの起源って?!

MaryChristmas!!

a0111166_06590261.jpg


イブの昨日、夕暮れ時に
ギャラリー集さんが来て下さいました。

JRの駅を挟んで北と南
近くに帰ってきていながら、
一度も伺えていません。

もう少し自転車を自由に乗れるようになったら、
行きますよぉ🚲💨
もうしばらくは、ごめんなさい040.gif040.gif

久しぶりの集さんは
建築家としてのプロのお話や、
アート作品や芸術家さん等、
興味深い話題でいっぱいでした。

そして帰り際に、
サンタクロースの起源について聞かれました。
知ってるつもりなのに、
咄嗟に答えたれない自分がつらかったです。

その昔、セントニコラウスが貧しい人々にプレゼントを送ったのが始まり、でしたよね?!
ではどうして ??!
調べてみました。

a0111166_06591181.jpg


キリスト教豆知識より
サンタクロースの起源
サンタクロースは、4世紀ごろ、小アジア(現在のトルコ)のミュラの司教であった、聖ニコラスだと言われています。
聖ニコラス(271~343年ごろ)は、現在のトルコのデムレ、かつてのギリシアの町ミュラの司教でした。彼は、日ごろから、困っている人や貧しい人を助け、自分の持ち物を惜しまず与えていた心のやさしい人でした。
あるとき、ニコラスの近所に3人の娘のいる家族が住んでいました。たいへん貧しくて、娘を売らなければならないほど、お金に困っていました。そのことを知ったニコラスは、その夜、その家の煙突から金貨を投げ入れました。ちょうどその金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入って、そのお金で娘は救われ、後に結婚することができたのです。聖ニコラスは、同じことを下の2人の娘のときも繰り返し、その家庭を救ったと言われています。
クリスマスに靴下を下げておくと、サンタクロースが煙突から入って贈り物を入れてくれるという習慣は、ここから生まれたようです。

ニコラスにまつわる伝説や奇跡は、この他にたくさん残ってます。船乗りを嵐から救ったり、殺された子どもを生き返らせたという話も伝えられています。彼は、つねに子どもたちや貧しい人、弱い立場にある人と共に生きていたので、「子どもの守護の聖人」とされています。

彼は亡くなった後、聖人とされ、ヨーロッパでは彼の命日の12月6日に、聖ニコラス祭がはじまりました。この日、オランダやベルギーなどでは、子どもたちへのプレゼントを贈るようになりました。
聖ニコラスの伝説は、18世紀に北米に移住したオランダ人に伝えられ、子どもたちへのプレゼントの習慣が、オランダと同じ12月6日に引き継がれていきました。やがて、生まれたばかりのキリストに三賢者が贈り物をもって、ベトレヘムを訪れたという出来事と結びつき、アメリカ全土で「クリスマスにサンタクロースがプレゼントを贈る」という習慣が広がったと言われています。

a0111166_06591927.jpg


聖ニコラスはオランダ語で、「ジンタークラース」と言い、それがなまって「サンタクロース」になったと言われています。
サンタクロースの着ている赤い服は、聖ニコラスが生きたころの、司教の儀式のときの服がもとになったと言われています。司教の赤い色は、自分の命をかけても、他の人を助けることを意味していて、血を流しても人々のために尽くすしるしでした。

しかし、今のサンタクロースの赤い衣装を考え出し有名にしたのは、1931年、アメリカのコカ・コーラ社が冬のキャンペーン広告のキャラクターとして、サンタクロースを起用したことから、サンタクロースの名前が急に、世界中に知られるようになりました
この広告のモデルは、1800年代後半に活躍した、アメリカの風刺漫画家トマス・ナスト(1842年~1902年)によって描かれたサンタクロースです。子どもたちのために、たくさんのおもちゃをかかえた、やさしそうなサンタクロース。白いふさふさしたひげをはやし、太った体形というアイデアは、彼によって生み出されました。

それまでの絵本や絵画の中に、サンタクロースは青い服を着たり、さまざまな色の衣装を着ていたそうです。今とはずいぶんイメージが違います。

日本では、いつごろサンタクロースが登場したのでしょうか。それは、1870年代です。日本でサンタクロースは、キャラクターとして、商業ペースに利用され、コマーシャル化され、歯磨き粉や醤油の広告などにも使われることになってしまいました。
商品の絵柄の広告には、恵比寿や大黒天、七福神のサンタクロースも表れ、親しまれたと伝えられています。

その後、だんだんと都会の中流家庭に広がって、おもちゃをもってやってくるサンタクロースとして描かれるようになりました。1951年ごろからは、デパートが一斉にサンタクロースを採用し、街はサンタクロースであふれるようになりました。
呼び方も、「サンタ」とか「サンタさん」などと親しみを込めて、呼ばれるようになり、サンタクロースは、すっかり日本の文化の中で、クリスマスにはなくてはならない存在となっていきました。


a0111166_14453167.jpg

ちょっと素敵なこんな
コカ・コーラサンタのアニメ
はいかがですか053.gif

☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆







📕✨
by bookcafe-saredo | 2015-12-25 14:15 | MEMO

東京バイクって知ってますか?!

a0111166_07491563.jpg




東京 谷中発信のシティバイクのお店です。

a0111166_07165743.jpg

TOKYOBIKE 26


シンプルでかっこいいです053.gif
a0111166_07111220.jpg



坂道の多い東京を快適に走れる
自転車を作っています!


a0111166_07440833.jpg

TOKYOBIKE SPORT 9s

a0111166_05582053.jpg


高円寺の店内には
こんな嬉しいスペースもあります。

a0111166_07111491.jpg


かっこいい自転車は
されど···の救世主になるのでしょうか 🚲💨


トーキョーバイク tokyobike
【創業年】2006年
【創業地】東京 谷中
【創業者】金井一郎 (カーナビのマーケティング担当)
【ブランド概略】
日本人が「東京」の街を楽しく走れる道具として自転車を開発。
レース用自転車は生産せず、使い勝手の良さを追求。





📖📕
by bookcafe-saredo | 2015-12-23 23:41 | MEMO

神戸書店マップ

先日、トンカさんで
こんなマップをいただきました。
a0111166_15383764.jpg


神戸書店マップ、
あるとちょっと便利そうなので、up しておきます。

a0111166_15334703.jpg


こうしてみると、まだまだ知らないお店があります。

もひとつおまけに、ART MAP も
載せておきます。

a0111166_11475890.jpg


さて、どこからチェックしましょうか?






📕✨
by bookcafe-saredo | 2015-12-13 15:30 | MEMO

”第3の場所”って?!

a0111166_07585386.jpg

ネットで
スターバックスコーヒーの
ちょっと素敵な言葉を見つけました037.gif
「スターバックスでは、マーケティング担当のハワード・シュルツが、『家でも、学校でも、職場でもない第3の場所』という、新しいコーヒーショップの概念を世界中に広めていきました。その概念も含めて、新しいことが起こっている、とワクワクしましたね」

されど・・・もそんな第3の場所になれたらいいですね037.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-12-06 06:25 | MEMO

遅効性のメディア

『ACROSS』の
幅充孝さんのインタビューで
本の世界の可能性を語られていて、
ちょっぴり勇気をいただきました053.gif

a0111166_08090239.jpg


六本木TSUTAYA
そして“ライフスタイルって何?”と話をしているうちに出てきた要素が、
「トラベル」「フード」「デザイン」「アート」という4つのジャンルです。

本全体のブランディングというと大げさかもしれませんが、本というものも面白くてなかなかチャーミングな奴ですよー、ということをいろんな層に伝えていかないとこれからはキツいと思いますし、どんどんニッチなものになってしまう。いろいろな本の楽しみ方があっていいし、もっと本の多様性が伝わってほしいですね。

ライブラリー的に、“探しているものがすぐ出てくる”ことと、回遊して知らない本に出くわす“回遊していて楽しい”ことの2つがあれば、もっと大手の書店も面白くなってくるはずです。

ネットで検索することの一方で、じわじわいい感じで効いてくる遅効性のメディアである本の面白さを伝えることは、これからもっと大切になってくると思います。“自分への投資感”みたいなものにも、これからもっとお金が落ちるようになるでしょうね。

僕の場合は、与えられた場所の状況や環境に応じて最も似つかわしい

a0111166_08090567.jpg


『ACROSS』とは?
1977年に設立したパルコのファッションとカルチャーのシンクタンク。
インタビューより
by bookcafe-saredo | 2015-11-03 11:11 | MEMO

されど・・・の朝ごはん

本日は気分を変えて、冷蔵庫の掃除のため、
されど・・・ごはんをつくってみました。

a0111166_10304582.jpg


・ほうれん草の白和え  (ほうれん草のかさ上げで、白和えに!)
・鮭の焼きもの      (常備魚。おにぎりにお茶漬け・パスタ・サラダにあると便利!)
・ひじき煮         (今日は大豆入りです)
・大根の煮もの      (ありがたい いただき物の大根。葉っぱは桜エビと炒め煮!)
・きんぴらごぼう     (ダイエット食材の糸こんをたくさん使いましたが、今日は板こん!)
・パスタ          (昨晩のミートソースの残りのパスタをアレンジ!)
・白菜のお浸し      (白菜は一気にゆでて冷蔵庫に。食べる分だけ胡麻和えに!) 
・高野豆腐ときぬさやの卵とじ  (1パック十数枚のきぬさやに、お正月の残り物高野2枚)
・いかなごのくぎ煮   (魚が苦手な私に、今年も有り難い いただき物です!)

かつてのされど・・・の常連さんには、見慣れた器におなじみのメニューです。
今や、器もどこにあるのか、探しながらのリハビリごはんです。
母と二人の食卓はメインの肉や魚もほんのちょっぴり。
母も作ってくれるので、手抜きしてます。

日曜日、孫たちが来て、
あれもこれもと おだてられ作った余韻で、今ちょっと料理にはまっています!
バレンタインには、姪っ子にブラウニーのレシピも聞かれましたっけ?!

私まだまだ、ロングバケーション中!!
必死で取った、調理師の資格も泣いています007.gif





040.gif
by bookcafe-saredo | 2015-02-24 10:25 | MEMO

谷川俊太郎 未来へ 他

未来へ

道端のこのスミレが今日咲くまでに

どれだけの時が必要だったことだろう

この形この香りは計り知れぬ過去から来た

遠く地平へと続くこの道ができるまでに

どれだけのけものが人々が通ったことだろう

足元の土に無数の生と死がうもれている

照りつけるこの太陽がいつか冷え切るまでに

目に見えないどんな力が働くのだろう

私たちもまたその力によって生まれてきた

人は限りないものを知ることはできない

だが人はそれを生きることができる

限りある日々の彼方をみつめて

未だ来ないものを人は待ちながら創っていく

誰もきみに未来を贈ることはできない

何故ならきみが未来だから



朝のリレー

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る

眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

『あさ/朝』(右から読んだ場合の)4ページより
by bookcafe-saredo | 2014-08-30 07:28 | MEMO