2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 07月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

2017年 04月 30日 ( 2 )

“九十歳。何がめでたい ”

a0111166_23322562.jpg
九十歳。何がめでたい
佐藤愛子
小学館

a0111166_02170355.jpg
25歳で小説を書き始めた佐藤愛子さんは、
八十八歳で最後の小説「晩鐘」を書き上げた後、のんびりした生活を始められます。
何もしないでいるとだんだん何もしたくなくなり、気が滅入り
「老人性ウツ病」のような状態になってしまわれました。
そんな時、週刊誌のエッセイの連載を依頼されます。
タイトルはその時閃いた「ヤケクソ」が籠っているそうです。

おしまいの言葉より
「ヤケクソ」の力で連載はつづき、そのおかげで、脳細胞の錆はいくらか削れて なくなりかけていた力が戻って来たと思います。
人間は「のんびりしよう」なんて考えてはダメだということが、九十歳を過ぎてよくわかりました。

同感です。


a0111166_23323770.jpg
本文 P13より
「九十といえば卒寿というんですか。まあ!(感きわまった感嘆詞)おめでとうございます。白寿を目ざしてどうか頑張って下さいませ」
満面の笑みと共にそんな挨拶をされると
「はあ‥‥ありがとうございます‥‥」
これも浮世の義理、と思ってそう答えはするけれど内心は、
「卒寿?ナニがめでてえ!
と思ってる。

a0111166_23324362.jpg

佐藤さんの歳を感じさせない威勢の良い書きっぷりで、
一気に読んでしまいました。
同年代の母と暮らす身には、「痛快」で済ませられない悲哀が感じられ、なんともつらいものがあります。
a0111166_23325000.jpg
本文 P25より
聞こえなくなった耳はもう戻らない。それは「病気」ではなく、「老化」だからだ。
階段を降りている時、突然右膝から力が抜けてヘナヘナとくずれ落ちたことがある。それも不注意ゆえではなく「老化」ですとお
医者さんにいわれた。
「気をつけてくださいよ」 
といわれるが、何の予兆もなく勝手に力が抜けるのだか気のつけようがない。
a0111166_23325502.jpg
本分 P214
ああ、長生きするということは、全く面倒くさいことだ。耳だけじゃない。眼も悪い。始終。涙が滲み出て目尻目頭のジクジクが止まらない。膝からは時々力が抜けてよろめく。脳ミソも減ってきた。そのうち歯も抜けるだろう。なのに私はまだ生きている。
「まったく、しつこいねェ」
思わず呟くが、これは誰にいっているのか、自分にか?神さまにか?わからない。
ついに観念する時が来たのか、かくなる上は、さからわず怒らず嘆かず、なりゆきに任せるしかないようで。

  ものいわぬ婆ァとなりて 春暮るる







📖📕


by bookcafe-saredo | 2017-04-30 23:18 | 本の紹介

初めての移動販売!

a0111166_20432459.jpg


昨日、移動販売車に御来店くださった皆さま、
ありがとうございました。

先客さんの車が2台留まっていたので、気を揉みました。
想定外でしたが何とか駐車!開店できました。

定期的に寄って貰えることになりました。
決して安くはないですが、
来ていただけるのはありがたいです。

来週はゴールデンウィークの代休の為、お休み!

“されど•••でお買い物 ”
次回は5月14日(土) 12:30~13:00 です。


よろしかったら どうぞ !!






saredo

by bookcafe-saredo | 2017-04-30 05:43 | お知らせ