2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)
お休み

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜
12月のお休み

3(日)・4(月)・11(月)・17(日)・18(月)・25(月)年末年始休業 12/29(金)~1/4(木)

気になる出版社
★クラフトエヴィング商会★歴史民俗誌サーラ★夏葉社★ミシマ社
本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路★蚊帳文庫 神戸★Quiet Holiday 姫路★ギャラリー工房そら?★子供の本・ジオジオ?★janjan-market?★書肆 風羅堂 閉店 ★トキシラズ 相生★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路★本と。★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林★ウラン堂 苦楽園★エメラルドブックス★口笛文庫★CORENOZ★書庫バー ★書肆スイートヒア・アフター 閉店 ★segodon★1003★トンカ書店★バーンシェルフ 三田★ハニカムブックス★ポレポレ書舗★マルダイ書店★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling ★代官山蔦屋書店★phosphorescence ★森の図書室
番外編
★麦小屋 北軽井沢NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ

★アンコムチュア★El・Liston★おかげさま★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA★お米ギャラリー大手前 姫路★Otogi cafe 神戸★KAゑMON★カフェ&バー アンセム 神戸★Cafe GEEEKカフェ&ギャラリーSA・RA★Caffe nero 姫路★comecome 芦屋★カフェロッシ パルチザン★ガレリア アーツ&ティ たつの★北の椅子と 神戸★ギャラリー&カフェBASS★ギャラリーキッサ三知★Coffee LABO FLANK 神戸★コンコンブル★シダーブックブラザーズ★じょっぴんや★スカーレットの小鳥 閉店 ★慈雨 ★slow cafe toco-toco★空箱 ★dining cafe SECIL★チャッツワース★ダイニングカフェ霑 姫路★鶴池レンガ館★Toukokuu-cafe★n.b.cafe 姫路★ニムカフェ 神戸★パーランド 姫路★バークリー 姫路★ファーマーズキッチン・イヌイット★花そば料理・ゆう 姫路★はま茶★Frogman's Cafe 閉店 ★ビアンコネロ  神戸★眉月★BECAUSE 移転★HOLT COFFEE AND TREATS ★MY ROOM★マクロビオティク ことこと 閉店★まどいせん★ままや 姫路★有機茶房ごえん★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ ★ロージーカフェ ★ドイツワイン ローテローゼ 神戸★りんごの木 福崎★yukashi 姫路 閉店
パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 ★カリカリちゃん 姫路 ★キッチン工房パンダ ★児玉久美子菓子製作 高砂 
雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路★itsumo 宍粟★オルタンシア★ハクトヤ 篠山★フウカ 花+器  姫路★pen and messaji 神戸★moi★ろくやおん★帽子屋LOTUS 姫路
ギャラリー
★ギャラリー集★陶工房希器★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館★歓創居★ギャラリーとーく★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店
その他
★居空間rococo ★遊びの空間 楓★カフェ エクリ★ガハハゲストハウス★観音工房★コワーキングスペースmocco★刺し子・裂き織 白井克明★高御位神宮★谷間の家 さんきら★篆刻・彫々葉★東播Jazz倶楽部★されど・・・salut 閉店★読読★自宅ネイルサロンなおなお
動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo★ね~さんず
憧れのお店
★ショーゾーcafe★森彦
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

カズオ イシグロ

まさかのノーベル文学賞 カズオ イシグロさん!!
おめでとうございます🎉

びっくりです。村上春樹さんはさておき、
イシグロさん、知らなかったです。すみません!
a0111166_08050145.jpg
さっそく、ネット情報です
a0111166_08050409.jpg

発表日、とりあえず“日の名残り”注文しました。

a0111166_08050885.jpg
知人はすでに、こんなに読んでいました。


あまりにも有名すぎて、今や知らない人はないほどの ”時の人” ですが、ざっくり調べると
長崎生まれ。5歳の時、父親の仕事の関係でイギリスに渡り、ケント大学・イーストアングリア大学院卒業。27歳で作家になり、作品は40か国語で翻訳されている世界的に有名な作家です。28歳で帰化。
彼曰く「今は日本人の顔をした英国人」とのことです。

a0111166_21404214.jpg
さすがの Amazon さんも まだ届きませんが、
8日(日)にNHK Eテレで ”カズオ・イシグロ“文学白熱教室”の 再放送がありました。
 
a0111166_21020235.jpg
録画して、じっくり見ました。

a0111166_16235101.jpg
”文学白熱教室”は、2015年7月17日の再放送でした。

まずは講演を聞きに来ている人たちに、
「なぜ小説を読みたいと思うのか、なぜ書きたいと思うのか」
と、問いかけます。

a0111166_16243905.jpg
根底にあるのは「薄らいでいく記憶を保存したい」という思いだった。
小説は、情緒的な日本をとどめることができる。それが出発点だった。


自分の心や頭の中にある内なる世界を、人が訪れることができるような具体的な世界を外に作る方法だ。そうすれば私は安心できる。小説というものの中に安全に保存される。
 
a0111166_19022269.jpg
1989年には “日の名残り”で、イギリスでもっとも権威あるブッカー賞を受賞されています。

a0111166_19081810.jpg
小説を書く動機について彼はこう語っています。

23.4歳の頃、私は小説に興味がなかった。音楽に興味があった。ロックだ。ある日突然、フィクションを書いた。
大人になるにつれて記憶と共に日本が薄らいでいき、私はただ、この秘密裏に残しておいた個人的でかけがえのない日本を紙に書き記したかったのだ。それが小説家になろうと思った本当の動機だった。

小説に書く事が私の世界を安全に保存する方法だった。薄らいでいく記憶を保存したいという思いだったのだ。
記憶に残る日本を書くうちに、日本のことだけを書いているのが自分じゃない。
普遍的なことを書く作家として認識されたかった.

小説の持つ意味を探し求めていきます。

a0111166_15584620.jpg
多くの文明の力は、まずは創造から来ていて、私たちはどこかで異なる世界へ行ってみたいと思っています。
現実とは違っていていい。
こんなことができるのはフィクションだけ。
人はフィクションを必要としているのです。

a0111166_20031100.jpg

小説には重要な真実が含まれている 。
ある街のある場所で 人々は飢えに苦しんで死んだという
事実だけでは人間は不十分だと感じるのだ。
私たちはどう感じたのかを伝えて欲しいのだ。

どうしてかわからないがそれが人間の本能なのだ。

a0111166_16013897.jpg
なぜ わざわざ事実でない話を読みたいのか。

長年執筆活動して気づいたことがある。
心情を伝えること。
自分たちの体験に対して人間としての感情を分かち合うことは 非常に重要なことなのだと思う。
人間は社会で経済活動をするだけでは不十分なのだ。
心情を分かち合う必要がある。

私が小説を書くときはこう言おうとしているのだ。
私はこの様に感じたそれを書いて君に見せている。
君も同じ様に感じるのか。
私がここで表現しようとしていることを少しは理解してくれるのか。
思いが伝わるのか。私はこう感じたんだと。


私も他の作家の小説を読む時その様な理由で、作品に感謝しながら読んでいる。
自分がその心情を理解できる様に表現してくれてありがとう と。

私は小説のこの点を最も大切にしている。
この世界を生きていく人間として心を分かち合うことを。

ありがとう。


終始、温厚な英国紳士のような語り口で、最後はこう締め括られていました。

持ち前のミーハーで、ざっくりカズオ・イシグロのリサーチを始めたのですが、すっかり深みにはまってしまいました。
脳力不足でうまく纏められませんが、大筋はこんな感じでしょうか 😞💦

一日も早く、彼の作品を読みたいです💕

a0111166_19245687.jpg



* 

by bookcafe-saredo | 2017-10-11 06:53 | 本の紹介