2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★蚊帳文庫 神戸
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★HOLT COFFEE AND TREATS
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 08月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

“ 夜を乗り越える ”

a0111166_06522376.jpg


夜を乗り越える
又吉直樹
よしもと新書 小学館

a0111166_12031582.jpg


はしがき より
「なぜ本を読むのか?」と聞かれたら「おもしろいから」 と答えるのが、自分にとってはもっともしっくりきます。


お笑い芸人・芥川賞作家、又吉直樹
年齢的には長女と同い年なので、親子です。
そんな彼の読む本が、私の読書体験と重なります。ちょっと驚き、嬉しいです。

a0111166_12032270.jpg

初版限定のカバー、ちょっとカッコいいです037.gif


本文P.37より
武者小路実篤の「友情」をよ読んだ時は続きが気になりすぎて、帰宅途中、駐輪場の灯で最後まで読み続けました。

いい本は、不滅なんですね053.gif

読み易いくて、分かり易いエッセイでした。
本の紹介は勿論のこと、
彼の文章の綴り方や原点にまで触れています。

“ 火花 ” はどうして生まれたか?!
これからもお笑い芸人と作家を続けるのか?!等々、
又吉直樹の頭の中が知れ、唯の本好きでない事を思い知らされた一冊でした。

a0111166_07053834.jpg


文章を縮める。
難しい本や小さな活字が 「おお、読めるぞ。」と興奮した話。
いつ読んでも違う味がする!再読の面白さ。

当たり前ですが、文章を良く勉強されています。
書き手目線で的確に纏めてあり、
書き手になったり、読み手になったり
まるごと又吉直樹が、包み隠さず描かれてあります。

母親目線で、
「そこまでバラさんでも!!」
と、ハラハラしてしまいます。
そこが 愚直なまでに真摯に自分と向き合う
又吉直樹の魅力なのでしょうが・・・。


“ 東京百景” には、
百冊の本の紹介と百の物語が描かれていました。
あの本を読んだ時、
又吉直樹の小説を読みたいと思いました。
どの風景にも物語があり、人間又吉直樹の真実があります。
あの時代がある以上、
百冊の小説を書くことも不可能ではないはずです。

これからも、作家 又吉直樹に目がはなせません034.gif






📓📕📚





by bookcafe-saredo | 2017-03-15 05:43 | 本の紹介