2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
HPがないので勝手にPR
紹介していただきました
されど…ができるまで
MEMO
おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦

以前の記事
2018年 03月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧
スケジュール表示

“独り居の日記 ”

a0111166_07254119.jpg


独り居の日記
メイ ・ サートン
武田尚子 訳
いすず書房

a0111166_07254749.jpg


昨年末 “つるとはな ”の表紙 で見つけた

“ 私から年齢を奪わないでください
働いてようやく手に入れたのですから”

この言葉に魅入られ、ずっと気になっていた
“ 独り居の日記”
ようやく読了。

実は、
読み終わって随分時間が経つのですが、
どうにも私の拙い筆力では紹介しきれず、
読みっぱなしになっていました。


a0111166_08152197.jpg


スックと立つ、50代初めのサートン、
一枚の写真に決意のほどが伺えます。

a0111166_08152873.jpg


はじめに より

なんの邪魔も入らず、いたわりあうことも、逆上することもない人生など、無味乾燥だろう。それでも私は、ここにひとりになり、“ 家と私との古くからの会話” をまた始める時ようやく、生を深々と味わうことができる。


a0111166_08153458.jpg
a0111166_08154146.jpg



三月三日
ここでの幸福の一つは、時間にせき立てることなしに自然に目覚め、横たわり、考えごとができることである。



昨日私はユージェニーから、老年についての美しいい手紙を受け取った(彼女は七十代である)。

ここでは、表面上は
変わりばえのしない単調な、しかし深いところでは閃光と昂りと絶望の交錯した生活が続いています。私たちは今、他の年齢の人たちにはつたえることのできないような新しい認識ですばらしく豊かになった、人生の段階に到達しました──多くの優しさと、多くの絶望を私たちは同時に感じ、人生の謎は深まるばかりです。そしてそれに溺れさせられ、押しつぶされたかと思うと、至高の光明の瞬間に恵まれて、“ 聖なるもの” の存在を思い知らされるのです。

庭の中ではわれわれはけっして死から、あの肥沃で、すこやかで創造的な死から、遠いところにいない。


三月十八日
前文略

使い古された快適な椅子が一つもないような家には魂がない。
私たちに求められているのは完璧ではなくて、人間的であることだという事実に、すべて煮つめられる。人間的な家に入ってゆくことは、なんという安らぎだろう!


訳者あとがきより

   たとえ私の創造の力が衰えても
   孤独は私を支えてくれるでしょう
   孤独に向かって生きてゆくことは
   「終わり」に向かって
   生きてゆくことなのですから

まもなく八十歳を迎えようとするメイ・サートンは、ますます深く、ますます輝きを増してゆくかにみえる。

メイ・サートン(1912~1955)ベルギーの小説家・詩人。






📖



by bookcafe-saredo | 2017-02-08 15:01 | 本の紹介