2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
HPがないので勝手にPR
紹介していただきました
されど…ができるまで
MEMO
おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦

以前の記事
2018年 03月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧
スケジュール表示

“ 地蔵千年、花百年 ”

a0111166_13560388.jpg


地蔵千年、花百年
季刊文化 vol.69
柴田 翔
鳥影社



人生は ひとこまひとこまを
記録するために生きるのではない。


570枚ものこの長編を総じていえば、
東京郊外に住む、70を幾つも超えた男性の私小説のようなものと言えますが、
それにはあまりにも壮大で深いです。


地蔵千年、花百年
あの子 流れてはや万年
・・・・・・・・・
『日本のうた・補遺 』より


タイトルは古い“ 日本のうた” からでした。


a0111166_07282725.jpg


友人が送ってくれたメールで初めて知った
柴田翔の最新刊!凄く良かったですemoticon-0152-heart.gif
久しぶりに、終わってしまうのが惜しいと思いながら読みました。
貴重な情報、ありがとうございました。

主人公の男性は実年齢の柴田翔より
少し若い設定になっています。
職業も大学教授や作家さんではありませんが、間違いなく柴田翔そのものです。

思えば、先日読んだばかりの
“ 突然にシーリアス”とは対局の
柴田翔特有の暗い人間の深層心理をつきつめた一冊でした。
久しぶりに、しみじみ柴田翔の世界に浸らせていただきました。

29歳で芥川賞を受賞した、
“ されどわれらが日々ー” から50年余り。
されど・・・の中で語られていた
“ やがてわれわれが年老いた時 ”
が80歳を越え現実となってしまった今、
柴田翔は何を思い、何を語るのか・・・
興味深かったです。

長い時間を掛け、行きつ戻りつ
それでも一気に読み終えたのですが、
その後も、自分の中で咀嚼するのに
随分時間がかかりました。

a0111166_08265071.jpg


されど・・・世代のその後の人生を
なんの変哲もない東京郊外の住宅街の
昭和の日常にからめ描かれています。

グローバルな世界観あり、政治色あり、
商店街の人々との暖かい係わりがあります。

身近な人物の病いや妻の死が
主人公に老いの覚悟をさせ、
人生のたそがれ時を一人生きる様が
ありありと綴られていました。

久々に文学を読んだ満足感に浸っています。

文学って、本当に良いですねぇemoticon-0152-heart.gif
81歳にして570枚の長編!
作家にして、大学教授を治められた後の
柴田翔の人生のたそがれ時 ”
素敵すぎです。


“地蔵千年、花百年 ”
“ されどわれらが日々ー”と共に
さらなる発見を求め二度三度、
深く、読み続けたいと思いますemoticon-0136-giggle.gif






📓📕📚



by bookcafe-saredo | 2016-12-02 23:18 | 本の紹介