2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO
おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★刺し子・裂き織 白井克明
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦
以前の記事
2018年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

“本屋になりたい”

沖縄土産本 その2
a0111166_08281422.jpg

本屋になりたい” この島の本を売る
宇田智子 高野文子[絵]
ちくまプリマー新書 235
クラフトエヴィング商會 装丁
a0111166_08282156.jpg

2015年6月に出版された
宇田さん、2冊目の本です。

a0111166_08283054.jpg

全然 知りませんでした008.gif
2011年11月の “ウララ” 開店から4年半、
怒濤の展開ですね。

東京在住のOLさんが沖縄本に魅せられ、
大型書店の那覇副支店長に転勤してから、
1年半で古書店主に!
古書組合に加入し、古参古書店主に交じり奮闘していると思ったら、
ちゃっちゃと本を2冊も出してしまう!!

もはや、凄いです003.gif

a0111166_08283826.jpg

1冊目は地元出版社のボーダーインクから出した“沖縄県産本” でした。

2冊目は奥付けを見てびっくり!
全国区の凄いメンバーが勢ぞろいです053.gif

できる人は、
何処にいてもできる。
どこからでも発信できる。

と 改めて確信し、強力なパワーを感じました。

新書版というのにな何だかおしゃれな装丁は、
クラフトエヴィング商會のプロデュースでした。

勿論、中身も濃ゆいですよ。

a0111166_14501562.jpg


序章 古本屋、始めました
一章 本を仕入れる
二章 本を売る
三章 古本屋のバックヤード
四章 店番中のひとりごと
五章 町の本を町で売る

a0111166_14502309.jpg


宇田さんの、ラブコールで実現した
高野文子さんのイラストです053.gif

a0111166_14503726.jpg



店を始めるのに必要なのは、勇気というより革新ではないでしょうか。
ここでなら面白いことができる。
ここでやるしかない。そう思える場所に出会ったことが、始まりでした。

a0111166_14504456.jpg


本を読みながらコーヒーが飲めるブックカフェがあちこちにできています。
ここで売られているのは、ものというより場所と時間かもしれません。
本の並ぶ静かな空間で、ゆったりと過ごす。
椅子とコーヒーがなくても、本屋はもともとそういう場所だったのだと気づかされます。

a0111166_14505499.jpg


ノーベル賞の最年少受賞者マララさんは、
受賞の前年、十六歳の誕生日にニューヨークの国連本部で演説しました。
スピーチの全文が新聞に載っていて、最後のくだりが目に飛びこんできました。
「一人の子ども、一人の教師、一冊の本、そして一本のペンが世界を変えられるのです」

一冊の本が、世界を変えられる? ドキッとしてあわてて最初から読んでみました。
「ペンと本」は、スピーチのキーワードになっていました。「教育の力」の象徴としての、ペンと本。それこそが「最も強力な武器」であるとマララさんは言います。みずから声をあげ、団結して貧困や暴力に立ち向かっていくために。
 マララさんはペンと本の力をしんじています。言葉が書かれ、人に読まれることで生まれる力です。あたりまえのように学校を出て、銃を突きつけられたこともなく、役に立つか立たないかわからない本を売っている私も、その瞬間を感じた瞬間はあると思いました。

中略

自分の世界、目のまえの人の世界。小さな小さな世界ですが、確かに一冊の本が変えました。
本を読むことで、借りることで、売ることで、風景や行動や関係が変わりました。
積み重ねるうちに、もう少し大きな世界も変わっていったかもしれません。

4年ちょっと前、
初めてされど・・・ in ツリーハウスという自分の古書店を持った時の感動を思い出しました。
いい本をありがとう。
心機一転、私もちょっぴり頑張ります003.gif







040.gif
by bookcafe-saredo | 2016-05-22 17:30 | 本の紹介