「ほっ」と。キャンペーン

2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!   本とJazzと珈琲と。        定休日: 月曜 ・ 第1、第3 日曜&ほぼ第4火曜日。      本の貸し出し、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
HPがないので勝手にPR
紹介していただきました
されど…ができるまで
MEMO
おすすめ
気になる出版社
★クラフトエヴィング商会
★歴史民俗誌サーラ
★夏葉社
★ミシマ社

本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路
★Quiet Holiday 姫路
★ギャラリー工房そら?
★子供の本・ジオジオ?
★janjan-market?
★書肆 風羅堂 閉店 
★トキシラズ 相生
★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路
★本と。
★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林
★ウラン堂 苦楽園
★エメラルドブックス
★口笛文庫
★CORENOZ
★書庫バー 
★書肆スイートヒア・アフター 閉店 
★segodon
★1003
★トンカ書店
★バーンシェルフ 三田
★ハニカムブックス
★ポレポレ書舗
★マルダイ書店
★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋
★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling
★代官山蔦屋書店
★phosphorescence
★森の図書室
★麦小屋 北軽井沢
NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ
★アンコムチュア
★El・Liston
★おかげさま
★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA
★お米ギャラリー大手前 姫路
★Otogi cafe 神戸
★KAゑMON
★カフェ&バー アンセム 神戸
★Cafe GEEEK
カフェ&ギャラリーSA・RA
★Caffe nero 姫路
★comecome 芦屋
★カフェロッシ パルチザン
★ガレリア アーツ&ティ たつの
★北の椅子と 神戸
★ギャラリー&カフェBASS
★ギャラリーキッサ三知
★Coffee LABO FLANK 神戸
★コンコンブル
★じょっぴんや
★スカーレットの小鳥 閉店
★慈雨
★slow cafe toco-toco
★空箱 
★dining cafe SECIL
★チャッツワース
★ダイニングカフェ霑 姫路
★鶴池レンガ館
★Toukokuu-cafe
★n.b.cafe 姫路
★ニムカフェ 神戸
★パーランド 姫路
★バークリー 姫路
★ファーマーズキッチン・イヌイット
★フロッグスダイナー 神戸
★花そば料理・ゆう 姫路
★はま茶
★Frogman's Cafe 閉店
★ビアンコネロ  神戸
★眉月
★BECAUSE 移転
★MY ROOM
★マクロビオティク ことこと 閉店
★まどいせん
★ままや 姫路
★有機茶房ごえん
★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ 
★ロージーカフェ
★ドイツワイン ローテローゼ 神戸
★りんごの木 福崎
★yukashi 姫路 閉店

パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 
★カリカリちゃん 姫路 
★キッチン工房パンダ 
★ふくふく
★ベーカリーランプ 姫路 

雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路
★itsumo 宍粟
★オルタンシア
★ハクトヤ 篠山
★フウカ 花+器  姫路
★pen and messaji 神戸
★moi
★ろくやおん
★帽子屋LOTUS 姫路

ギャラリー
★ギャラリー集
★陶工房希器
★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館
★歓創居
★ギャラリーとーく
★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店

その他
★居空間rococo 
★遊びの空間 楓
★カフェ エクリ
★ガハハゲストハウス
★観音工房
★コワーキングスペースmocco
★高御位神宮
★谷間の家 さんきら
★篆刻・彫々葉
★東播Jazz倶楽部
★されど・・・salut 閉店
★読読
★自宅ネイルサロンなおなお


動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ
★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo
★ね~さんず

憧れのお店
★ショーゾーcafe
★森彦

以前の記事
2018年 02月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

" 魔女の宅急便"読了!


a0111166_05395463.jpg


久しぶりの長編です。

思えば、20年ばかり昔、
まだまだ子育て真っただ中の頃に、
山崎豊子さんの"沈まぬ太陽"を
毎晩一冊ずつ、6 晩で 読了したのを思い出しました。
自分の時間の取れないあの頃、
家中が寝静まった後、眠い目を擦りながらワクワク読んだのが、
昨日のことのようです。

どうしてそんなことができたのか、
今となっては信じられません。
若かったんですねぇemoticon-0136-giggle.gif

私に読書の感動を取り戻してくれた本ですemoticon-0152-heart.gif
そして、"沈まぬ太陽"は今も大切な愛読書です。

山崎豊子さんと言えば、"華麗なる一族"も
好きな一冊です。
こちらは、加古川のされど···を始めた頃、
キムタクと北大路欣也さんでテレビドラマ化されました。
毎週、テレビの時間に間に合うように、
必死で読んだ覚えがあります。
懐かしいです。

さて寄り道はこれぐらいにして・・・
今回の全6巻は、
角野栄子さんの "魔女の宅急便" です。
a0111166_11442263.jpg


映画の部分は後回しにし、
早く キキとトンボさんの恋のゆくえが知りたくて、
大急ぎで読みました。
ああ、よかったemoticon-0102-bigsmile.gif


安心してください。
Happy End ですよ!
a0111166_11442806.jpg

第1巻 
魔女の少女キキは現代っ子。
赤いラジオをほうきの先にぶら下げて
黒猫のジジといっしょに ひとり立ちの旅に出た。
やっと見つけたコリコの町でまきおこす
奇抜でゆかいなものがたり。

本は、映画よりちょっぴり深いかも・・・です。

「 あさってで、とうとう一年。里帰りできるのよ」
心待ちして 里帰りをしたキキでしたが、
ふと気がつくと、キキはコリコの町のことを考えているのでした。
つぎつぎ気になって、ここが自分の生まれた町だというのに、
なんだか遊びにきているようでおちつかないのです。
コリコの町はたったの一年暮らしただけなのに、
キキには自分の気持がふしぎに思えるほどでした。

a0111166_20000297.jpg

第2巻 キキと新しい魔法
「魔女の宅急便は見えないものも運ぶの。人の願いや やさしさを・・・・・もっと自分を見つけたい」キキは再び新たな旅立ちをむかえます。

「キキがそれを感じとる心を持っていることがたいせつなのよ。それには生き生きと、
充実した毎日を送ってないとね。そうやって魔女の計算っていうのが出来ていくのよ。

自分の心の中も、周りの風景も。見えないものもじっと見るの。そしたらかならず見つかるわ。」
「 あたしね、宅急便の仕事もすきなのよ、楽しいの。これからもやっていくつもりだけど・・・・もうちょっと魔女のあたしが心を込めて作ることもやってみようかなって・・・・・へんでしょ。あたしまじめになって・・・・・」
「 魔女の薬はね、いやいや作ったんじゃ、きかないのよ。」

キキは、宅急便の他に、"くしゃみのお薬おわけします" も はじめました。

a0111166_11481629.jpg

第3巻 キキともうひとりの魔女
16歳になったキキのところにある日突然とびこんできた12歳の女の子。
この子はいったいだれ?不安と疑い・・・・・反発しあいいながらも成長していくふたりの物語。

おかあさんがキキのおとうさんとのことを話します。
「好きになるのをやめようと思いました。
おわかれかもしれないと思って、もういちど、この町を見たの。オキノさんのいるところを見たかったのよ。そのとき、思ったの。
私はオキノさんがすきだ。それはほんとうのことだって。わたしが生きているのとおなじくらいたしかなことだって。
わたしがわたしでいるかぎり、この気持ちは変えられないって思ったの。
その日から、お母さんはおとなになれたと思いました。そしてその日からオキノさんといつもいっしょです。
そして今でもちゃんと魔女しています。」

a0111166_11444679.jpg

第4巻 キキの恋
ふたりだけの夏になるはずでした。
でもとんぼさんはひとりで山にこもるというのです。
なぜ?どうして?キキの心は揺れはじめます。
そしてキキと とんぼさん、それぞれの夏がすぎて行きます。
おおきな贈り物をのこして。

病気になったコキリさんはキキに言います。
「お母さんの思い出、はなしてあげるね。
出会えて、生まれて・・・・・思いかえすとたのしいことばかり。でもね、すぎた日の思い出も魔法だけど、これから作る思い出こそ魔法なのよ。キキ」
お母さんは元気になります。

a0111166_12075664.jpg

第5巻 魔法のとまり木

キキが二十歳になりました。

悲しいぐらいふつうの魔女「 こころあたためるスープ」を作る10歳のライちゃん出会います。
「 でもわたし、ひとりでやらなくっちゃ。魔女になるって自分で決めたんだもの
「こころあたためるスープ、これってライちゃんの魔法のだわ」
キキはライちゃんの初めての風になれませんでした。

魔法がなんとなく疲れて「 イヤケガサス」
"魔法のとまり木" 状態になりますが、
低くしか飛べないのも低くても飛んでいるんだから、
「 新しい魔法の形」とお母さんが話します。
卒業して実家に帰って来たトンボさんと
いつもの浜辺で感激の再開をします。
だけどトンボさんは虫のことばっかり話し、キキを怒らせてしまいます。
翌朝早く、トンボさんはキキを訪ね 謝ります。
それから2年後、トンボさんは となり町の学校の先生になりキキと結婚しますemoticon-0152-heart.gif

a0111166_10422416.jpg


第6巻  それぞれの旅立ち

トンボさんとキキが結婚して13年、
11歳の双子のこどものお父さんとお母さんになりました。
黒猫ジジも 大所帯のお父さんです。
懐かしい チャーミングな"もうひとりの魔女"
テケもいい感じで 出てきます。
a0111166_12533667.jpg

キキの魔女修行の時とダブります。
魔女に興味のない二二、
飛びたいのに飛べない男の子トト、
二人の "ひとり立ち"に目が離せません。

a0111166_12534272.jpg



自分で、あきないほど好きなものを見つけることが、だいじ

魔女のお礼は "もちつもたれつおすそ分け"




おしまい
(キキ35歳・とんぼさん36歳)





emoticon-0139-bow.gif
by bookcafe-saredo | 2016-02-10 07:35 | 本の紹介