2007年オープン以来、一転二転。 今は自宅で小さなされど・・・を営業中!本とJazzと珈琲と。定休日 : 月曜・第1,第3日曜&ほぼ第4火曜。 本の貸し出、販売しています。
by bookcafe-saredo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
今月のされど・・・
お知らせ
アクセス
イベント
本の紹介
一日一冊
ギャラリーでは
行ってきました
こんなことがありました
勝手にPR
紹介していただきました
テレビで
されど…ができるまで
MEMO

おすすめ
営業時間
Am10:00~Pm6:00(冬時間Pm5:00)
お休み

毎週月曜 & 第1・3日曜、第4火曜
12月のお休み

3(日)・4(月)・11(月)・17(日)・18(月)・25(月)年末年始休業 12/29(金)~1/4(木)

気になる出版社
★クラフトエヴィング商会★歴史民俗誌サーラ★夏葉社★ミシマ社
本のあるお店
加古川・姫路付近
★おひさまゆうびん舎 姫路★蚊帳文庫 神戸★Quiet Holiday 姫路★ギャラリー工房そら?★子供の本・ジオジオ?★janjan-market?★書肆 風羅堂 閉店 ★トキシラズ 相生★BOOK ART Cafe あーてぃ 姫路★本と。★ゆう風舎 相生
神戸
★うみねこ堂書林★ウラン堂 苦楽園★エメラルドブックス★口笛文庫★CORENOZ★書庫バー ★書肆スイートヒア・アフター 閉店 ★segodon★1003★トンカ書店★バーンシェルフ 三田★ハニカムブックス★ポレポレ書舗★マルダイ書店★ワールドエンズガーデン
大阪
★スタンダード ブックストア
★梅田蔦屋★ブルックリンパーラー大阪
東京
★snow shoveling ★代官山蔦屋書店★phosphorescence ★森の図書室
番外編
★麦小屋 北軽井沢NY
★ハウジングワークス ブック&カフェ

レストラン&カフェ

★アンコムチュア★El・Liston★おかげさま★OKONOMIYAKI&CAFE COCOYA★お米ギャラリー大手前 姫路★Otogi cafe 神戸★KAゑMON★カフェ&バー アンセム 神戸★Cafe GEEEKカフェ&ギャラリーSA・RA★Caffe nero 姫路★comecome 芦屋★カフェロッシ パルチザン★ガレリア アーツ&ティ たつの★北の椅子と 神戸★ギャラリー&カフェBASS★ギャラリーキッサ三知★Coffee LABO FLANK 神戸★コンコンブル★シダーブックブラザーズ★じょっぴんや★スカーレットの小鳥 閉店 ★慈雨 ★slow cafe toco-toco★空箱 ★dining cafe SECIL★チャッツワース★ダイニングカフェ霑 姫路★鶴池レンガ館★Toukokuu-cafe★n.b.cafe 姫路★ニムカフェ 神戸★パーランド 姫路★バークリー 姫路★ファーマーズキッチン・イヌイット★花そば料理・ゆう 姫路★はま茶★Frogman's Cafe 閉店 ★ビアンコネロ  神戸★眉月★BECAUSE 移転★HOLT COFFEE AND TREATS ★MY ROOM★マクロビオティク ことこと 閉店★まどいせん★ままや 姫路★有機茶房ごえん★ル ソレイユ エ ラ リュンヌ ★ロージーカフェ ★ドイツワイン ローテローゼ 神戸★りんごの木 福崎★yukashi 姫路 閉店
パン&スイーツ
★イスズベーカリー 神戸 ★カリカリちゃん 姫路 ★キッチン工房パンダ ★児玉久美子菓子製作 高砂 
雑貨&帽子屋さん
★あさのは商店 姫路★itsumo 宍粟★オルタンシア★ハクトヤ 篠山★フウカ 花+器  姫路★pen and messaji 神戸★moi★ろくやおん★帽子屋LOTUS 姫路
ギャラリー
★ギャラリー集★陶工房希器★ギャラリー天心
姫路
★川のほとりの美術館★歓創居★ギャラリーとーく★古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)閉店
その他
★居空間rococo ★遊びの空間 楓★カフェ エクリ★ガハハゲストハウス★観音工房★コワーキングスペースmocco★刺し子・裂き織 白井克明★高御位神宮★谷間の家 さんきら★篆刻・彫々葉★東播Jazz倶楽部★されど・・・salut 閉店★読読★自宅ネイルサロンなおなお
動画
★されど・・・ワイン倶楽部&ギター・クラリネットミニライブ★手作り楽器ワークショップ&コンサート in saredo★ね~さんず
憧れのお店
★ショーゾーcafe★森彦
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書
日々の出来事
画像一覧

M氏本の紹介 その2

前月の黒井千治「高く手を振る日」に引き続き、
M氏2月の本の紹介は
村松友視の「俵屋の不思議」です!

M氏本の紹介 その2

村松友視『俵屋の不思議』(幻灯者文庫)             2011.2 
a0111166_19461148.jpg


昨年11月にTV「徹子の部屋」村松友視が出演した。近著『帝国ホテルの不思議』(日本経済新聞社2010.11)をテーマにトークが流れた。
帝国ホテルが日本一のホテルとして世界のセレブの支持を得つづけているのは
何故なのか ? 村松はホテルの総合サービスの、夫々の部分を支える直接お客さんに接している人たち(バーテンダーとかドアマンなど)の仕事ぶりを紹介した。その席で前に著した本著に触れて、徹子さんは彼の“見る眼”“その視点”を絶賛した。
村松は、吉行淳之介の弟分を自認し、吉行の死後書いた『淳之介流―やわらかい約束』(河出書房新社2010.2)を読んだ。半同棲している宮城まり子が時々
“荒れて”その時の吉行の言動を取り上げるなどして、吉行の生き様の“やわらかさ”を浮かび上がらせていく。氏を畏敬する心情がそれこそ“やわらかな”筆致で綴られている。そんな村松の語りを読みたくなった。
「俵屋」「柊屋」「炭屋」が京都の老舗旅館の代表格と言われている。30余年前に1泊したこがある。超高級旅館に泊まるには年齢身分共に相応しくなかったが、“京都のトップレベル”の匂いを嗅いでみたかったのである。その時のサービスの極致の印象は今でも強く残っている。「徹子の部屋」を観て、同格の「俵屋」について、村松の文章をすぐにも読んでみたくなり、AMZONで取寄せた。

前置きが長くなりすぎた。
松村は「俵屋」のサービスを演出している人たちにアプローチしている。オーケストラで言えば各楽器の奏者がの“役割=仕事への向き方”に、何よりも指揮者たる女将の佐藤 年(とし)さんに、深く迫って書いている。
その日の宿泊客と“最高の寛ぎ”を味わってもらおうとする人たちとの、言わば一期一会の時と場を、マニュアルを突き抜けたところ/形で営まれていることを、村松は温もりのある言葉で紡いでいく。
まるで、固唾(かたず)を飲んで舞台上の能を観賞したが如しである。演者が幕に入っても余韻が暫く身に留まっている、そんな幸せ感に満たされた。
ああ、何としても「俵屋」さんの舞台にでも見所にでも身をおいてみたいものである。。



村松友視さん
個人的には4年ぐらい前、
加古川プラザホテルで
1時間半ぐらいの講演を見せていただいた、記憶があります。
村松氏の作品といえば「時代屋の女房」しか読んだことがなかったので、
図書館であわてて、4~5冊取り寄せ、にわか勉強をしましたっけ!
確かその中に「鎌倉のおばさん」という本があって、
鎌倉という地名に引きつけられ、
氏の生い立ちのようなことが書かれてあったので、
一気に読んでしまった覚えがあります。

村松氏の印象は、グラス片手にカウンターが似合う
「お話上手なダンディなおじさま」
って感じで、とても素敵でした053.gif

「俵屋の屋の不思議」が、気になられた方は、
されど・・・において下さっていますので、
是非、ご一読を!!

by bookcafe-saredo | 2011-02-08 17:49 | 本の紹介